このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

重曹の使い方を4つ紹介!掃除・料理・スキンケアなど

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月12日

お風呂やキッチンなど、毎日使う水周りはどうしても汚れがつきやすい。水周りの掃除に活躍するのが重曹だが、実は掃除だけじゃなく、肌の毛穴対策や料理にも効果的なアイテムだ。今回はストックしておくと便利な重曹の活用方法を4つ紹介しよう。

1. 重曹・クエン酸を使った掃除方法

重曹の性質を知ろう

汚れにバツグンの効果を発揮する重曹。100円ショップでも購入できるので、身近な掃除アイテムとしても知られている。しかし全ての汚れに効果がある訳ではない。汚れと重曹の性質を見極めることが賢い活用方法への第一歩になる。

重曹が得意な汚れとは?

汚れと洗剤は、それぞれアルカリ性と酸性に分けることができる。重曹は水に溶かしたとき弱アルカリ性になるが、反対の酸性の汚れを「中和」させることで効果を発揮する。代表的な酸性の汚れは、キッチンの油汚れ、お風呂の皮脂・湯垢汚れだ。

反対に同じアルカリ性の水垢、尿汚れ、水道水のカルシウム汚れなどは苦手なので、レモン汁で知られるクエン酸で対処するとよい。

重曹ボトルスプレーの作り方

基本的な重曹を使った掃除方法をおさらいしてみよう。

1.スプレーボトルに水(または42度前後のお湯)100mlと重曹小さじ1を入れてよく混ぜる。このとき重曹の量を増やせば汚れが落ちやすいと思いがち。しかし、重曹の溶ける量は決まっているので、効果は大差ない。それどころか、溶け残った重曹は汚れの原因になるので使用量には注意したい。

2.重曹が水に溶けたら直接汚れに吹きかけ、水でぬらした布でこすり落とす。

3.仕上げに水拭きをする。

重曹の成分が白く残るので、最後の水拭きも忘れずに行おう。

2. 換気扇はセスキ炭酸ソーダが効果的

べとつきが気になる換気扇の油汚れにも重曹が一役かってくれる。長年の油汚れがこびりついた換気扇には重曹をペースト状にした掃除方法がおすすめだ。

1.重曹と水が2:1になるように混ぜ、換気扇の汚れ部分に塗る。
2.ビニール袋やラップをして汚れをパックする。
3.30分後に水で洗い流せばキレイに汚れが落ちてくれる。

まだべたつきや汚れが落ちない場合は、重曹よりアルカリ性が強いセスキ炭酸ソーダの出番だ。水に溶けやすい性質なので、漬け置きやスプレーボトルでの使用がベスト。換気扇の漬け置きは50~60度のお湯に10Lに対し、セスキ炭酸ソーダ大さじ3を混ぜ合わせる。

グリルやガスコンロ周りはスプレーボトルで対応する。水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1を加えて吹きかける。こすらず、30分ほど放置すると、汚れが驚くほど簡単に落ちてくれる。

3. 重曹は肌・毛穴ケアにも有効

重曹はスキンケアや健康にも嬉しい効果が期待できる。皮脂汚れと相性がよく、スクラブより粒子が細かいので毛穴奥の汚れをすっきり落としてくれる。重曹でできるフェイスパックを紹介しよう。

1.重曹と水を顔に塗ってもたれ落ちない程度のペースト状に混ぜる。
2.毛穴部分に塗り数分放置する。
3.水(またはぬるま湯)で洗い流す。

ピーリングと同じ効果があるので、10分以上放置せず、肌に負担が掛かからない週一のペースでの使用が理想だ。

4. 料理に重曹を使う方法

肉・魚料理での嬉しい効果

重曹の正式名称は炭酸水素ナトリウム。実は料理などで使われるベーキングパウダー(ふくらまし粉)の主成分だ。食用の重曹を使えば、魚の「ぬめり」や「臭み」を消すことができ、汚れも落とせるので一石二鳥。手順も簡単なので今日からぜひ試してほしい。

ぬめりは魚全体に重曹をまぶした後、水で洗い流す。臭みは水1リットルと重曹大さじ1を溶かし、切り身を優しく洗うと臭みが和らいで食べやすくなる。またタンパク質を分解する働きもあるので肉料理に使うのもおすすめだ。重曹は苦味があるので、使用する際は水で洗い流す、拭き取るなどして上手に料理に活用しよう。

健康・ダイエット面での効果

重曹を水で溶かした重曹水はダイエットに効果的だ。体内で炭酸ガスを発生させ、満腹感や便秘解消、身体のpHバランスを整え疲労回復効果も期待できる。重曹水は水200mlに薬用または食用の重曹小さじ1/2を溶かして完成。レモン汁、またはクエン酸小さじ1/2を入れると炭酸が発生しより飲みやすくなる。重曹は塩分を含むので摂り過ぎには注意したい。1日5gまでを目安にするのがおすすめだ。

結論

掃除からスキンケア、料理まで幅広く使える重曹。上手な活用方法をひとつでも多く覚えておいて損はないだろう。正しく使えば身の回りの環境や、自分自身もガラッと変えてくれる頼れるアイテムになる。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ