このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

IHコンロを簡単にお手入れするコツとは?重曹やラップを使って掃除!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月16日

IHコンロをきれいに使い続けるために効果的な方法はさまざまある。さらに、天板や魚焼きグリルなど、場所ごとにお手入れをする方法は異なる。そんなIHコンロの正しいお手入れ方法や効率的に掃除をするためのコツなどについて解説していこう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. IHコンロの天板のお手入れ方法

IHコンロの天板は平らなので、ガスコンロに比べ拭き掃除が楽というメリットがある。掃除をする際の道具は、自宅にあるものを使用することが可能だ。では、実際お手入れに必要な道具についてみていこう。

・クレンザー
・ラップ
・キッチンペーパー

IHコンロの掃除の仕方

ラップ+クレンザー

天板のお手入れ方法の手順としては、はじめに、IHをしっかりと冷ます。そして焦げつきや汚れが気になる部分に円を描くようにクレンザーをつけたら、丸めたラップでこする。最後にキッチンペーパーで拭き取るだけの、至って簡単な作業だ。

重曹

ちなみに、自宅に重曹がある場合クレンザーの代わりに使用することができるのでおすすめだ。重曹はペースト状にして、汚れがひどい部分に塗ると、クレンザーと同様の効果が得られる。あまり汚れがひどくない場合には、重曹小さじ1杯、水100CCをスプレーボトルに入れ、よく振ってから天板に吹きかけて拭き取るだけでもきれいになる。

毎日使うキッチンは、使い終わったらその都度お手入れをすることで、きれいな状態を保つことができる。クレンザーや重曹ペーストを使わなくても、重曹スプレーだけで簡単にお手入れできる便利なところがおすすめだ。

しかし、頑固な焦げつきや油汚れがある場合には、よく落ちる洗剤があると効率よくお手入れすることができる。

2. IHコンロのお手入れに使用する洗剤とは

IHコンロの普及により、最近ではIHコンロ専用の洗剤などが販売されている。中には強力な洗剤もあり、お手入れする際に非常に役に立つこともある。

油汚れが気になる場合におすすめなのが、クリームクレンザーだ。クリームクレンザーを汚れのひどい部分につけ、ラップでこすると、頑固な油汚れを落とすことができるそのため、日常的に使用する洗剤は中性洗剤、油汚れが気になる場合にはクリームクレンザーを使用するなど、使い分けをすることでIHコンロをきれいに保つよう心がけよう。

次に、IHコンロのお手入れの際には、適していない洗剤や道具もあるので、紹介する。

IHコンロのお手入れに向いていないもの

・酢や洗剤など、酸性またはアルカリ性の高いもの
・粉末タイプのクレンザー
・金属たわし
・スポンジのナイロン面

これらをお手入れに使用すると、天板の表面に傷がついたり、加工が剥がれたりする原因になることがあるので注意が必要だ。掃除の際には力を加えず、優しくこすることを心がけよう。

このように、頑固な汚れもきれいに落とすお手入れ方法は、さまざまである。

3. IHコンロを簡単にお手入れするコツ

IHコンロを簡単にお手入れするには、日頃からこまめに掃除をすることが肝心だ。IHコンロは掃除がしやすいというメリットがあるからといって、日々のお手入れを怠ると当然汚れがひどくなってしまいがちだ。そのため、キッチンを使ったら、その都度拭き掃除をすることで頑固な汚れを作らないことが、簡単にお手入れをするコツである。

IHコンロを使い終わったら、しっかり冷ましてから布巾やキッチンペーパーで拭き、油汚れなどは中性洗剤を染み込ませた布巾で拭くと、頑固な汚れになることを防いでくれる。また、汚れ防止マットを使う方法もあるが、火災の原因になってしまう危険性があるので、使用の際には注意書きをよく読んでから使うようにしよう。

日常的な汚れの原因として、フライパンや鍋の底に汚れがついていて、そのまま使用することでコンロが汚れるということがある。そのため、IHコンロの汚れが気になったら、鍋やフライパンの底が汚れていないかチェックしてみよう。
IHコンロを簡単にお手入れするには、汚れはその都度拭き取り、使用後は毎日拭き掃除を行うことがポイントとなる。掃除がしやすいというIHコンロのメリットを活かして、汚れが落ちにくくなる前に日頃からこまめにお手入れするよう心がけよう。

結論

IHコンロを簡単にお手入れする方法やおすすめのお掃除方法などはさまざまである。しかし、お手入れを簡単にするには、汚れが落ちにくくなることを防ぐことが大切だ。毎日使うキッチンは、日頃からこまめにお手入れをすることで、清潔を保つことが大事なのではないだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ