このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

IHフライパンの正しいお手入れ方法と長持ちさせるコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

IHフライパンのお手入れのやり方を間違えるとフライパンが長持ちしなくなる。調理のときに欠かせない道具であるフライパンは、できることなら同じものをきれいな状態で長く使いたいものだ。そこで、IHフライパンを長持ちさせることができるような正しいお手入れの方法について解説していく。

1. IHフライパンのお手入れに洗剤は不要?

IHフライパンには種類があり、それぞれの素材によってお手入れが異なる。

・鉄製フライパン
・アルミ製フライパン
・銅製フライパン
・ステンレス製フライパン
・チタン製フライパン

素材に関係なく、お手入れに洗剤を使用する必要がない場合が多い。では、鉄製、フッ素加工のフライパンの具体的なお手入れ方法をみていこう。

鉄製フライパンのお手入れ

鉄製フライパンの調理後のお手入れ方法は、はじめに油汚れをキッチンペーパーで拭く。そして洗剤をつけずにお湯につけ、スポンジで優しくこする。軽く水気を切ったら強火で加熱して、水分がなくなり熱が冷めたら完了だ。

鉄製フライパンの洗浄に洗剤を使わない理由

フライパンを洗う際に洗剤を使わない理由は、キッチンペーパーなどで拭き取ることで油汚れは大体落とすことができるからだ。また、使い続けることで油が馴染み、コーティングされることで錆びにくくなるというメリットもある。

フッ素加工のフライパンの場合

フッ素加工のフライパンの使用後のお手入れ方法は、まずは油汚れをキッチンペーパーで拭き取る。そしてフライパンの熱が冷めたらお湯に浸ける。そのあとは鉄フライパン同様、洗剤を使用せずスポンジで洗う。

仕上げにすすぎ、自然乾燥が済んだら完了だ。洗剤を使って洗う場合には、中性洗剤を使用する方法がある。加工が剥がれてしまうことを避けるためには、刺激の強い洗剤は使用せず、中性洗剤と柔らかいスポンジを使って洗うことをおすすめする。

2. IHフライパンをお手入れする頻度は?

IHフライパンのお手入れをする頻度は、使うたびにお手入れをするのが最適だ。素材ごとにお手入れの方法は異なるが、どの場合でも毎日のお手入れをすることで、IHフライパンを長持ちさせることができる。念入りに洗う頻度は毎日ではないものの、使い終わるごとにきちんと洗い、正しいお手入れを行うことが大事だ。

フッ素加工のフライパンやステンレスフライパンは、表面に傷がつきやすいので使い終わったらやわらかいスポンジで毎日お手入れしよう。汚れや焦げつきが酷くなると、やわらかいスポンジではなかなか落ちなくなる。頑固な汚れになってしまうことを防ぐためにも、お手入れの頻度としては毎日欠かさず行うことをおすすめする。

調理時の火力は強火をさけることで、焦げつきを防ぐことができるのでお手入れが楽になる。万が一焦げてしまった場合には、重曹を使う方法が効果的だ。その手順と用意する道具についてみていこう。

IHフラパンの掃除で使うもの

・重曹大さじ1
・水1L
・ゴム手袋
・スポンジ

まずは重曹をIHフライパンや鍋に入れ沸騰するまで加熱し、沸騰してからさらに10分ほど加熱する。火を止めてお湯がぬるくなってきたら、スポンジで焦げつきの部分こすり、よくすすいだら完了だ。

この方法はステンレスや鉄、土鍋などで使える方法だが、アルミやフッ素加工のフライパンでは重曹は使わないようにしよう。アルミと弱アルカリ性の重曹は相性が悪く、フッ素加工のIHフライパンの場合にはコーティングが剥がれてしまう可能性があるのだ。しかし、ものによってはこすらなければ重曹が使用可能な場合もあるので、あらかじめ説明書をチェックすることをおすすめする。

3. IHフライパンを簡単にお手入れする方法

IHフライパンを簡単にお手入れするには、日頃の使い方に気をつけるポイントがある。さらに長持ちさせるための使い方には、どのような方法があるのだろうか。

フッ素加工のIHフライパンを使うときの注意

IHフライパンの中でも、フッ素加工のフライパンは使い方次第ではお手入れが簡単になる。フッ素加工のフライパンで調理するときは、最大でも火力は中火までに抑えよう。そうすることで、焦げつきを防ぎお手入れが楽になるほか、コーティングの劣化を軽減し、IHフライパンをより長く使うことにも繋がる。そして、フライ返しやターナーはやわらかい素材のものを選ぶとよい。

もしも、鉄などの固いものを使うとフライパンの表面に傷がつき、コーティングが剥げてしまうことがあるので注意が必要だ。

ステンレスのIHフライパンのお手入れ方法と長持ちさせるコツ

フッ素加工のフライパンとは違い、ステンレスフライパンはコーティングされていない。しかし、フッ素加工などのフライパンと同様、強くこすって洗うと傷になり、焦げつきの原因になるので気を付けよう。

使い終わったら、一旦お湯につけ置きしてから洗うと、やわらかいスポンジで優しくこするだけでも汚れが落ちるので、簡単にお手入れができる。IHフライパンは傷がつくとその後の寿命に影響する。そのため、お手入れの際には固いもので力強くこすることは避けることをおすすめする。

結論

IHフライパンのお手入れ方法として効果的なやり方はさまざまある。フライパンをより長持ちさせるためには、正しい方法でお手入れすることが大事だ。ちなみに、スキレットなどの鉄製フライパンは、最初に使用する前に錆止めを落とす必要があるので、使う前のお手入れも忘れずに行おう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ