このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リュックの収納方法。置きっぱなしはNG?長持ちさせるアイデアやグッズ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月16日

帰宅後、リュックを床の上に置きっぱなしにしている人も多いのではないだろうか。 実はリュックの寿命は収納方法によって大きく変わってくる。今回はリュックを長持ちさせるための収納アイデアや注意点、おすすめの100均アイテムなどもご紹介するので、参考にしてほしい。

1. リュック収納の注意点と収納アイデア

まずはリュックの収納方法を考えるときに注意したいポイントと、リュックの収納アイデアをご紹介する。

リュックを収納するときの注意点

使用頻度の少ないリュックは押し入れやクローゼットに保管しているケースも多いと思うが、通気性の悪い状態だとカビが発生してしまうことがある。ビニール袋などに入れるのは避け、ほこりを防ぎたければ不織布素材の収納用バッグを使おう。隙間なくぎゅうぎゅうに詰め込むとやはり通気性が悪くなるので、ある程度ゆとりを持たせた状態で収納し、除湿剤や乾燥剤なども活用するといいだろう。

直射日光の当たる場所にリュックを収納すると、生地が傷んで色褪せてきてしまう。窓際は避け、どの時間帯でも日差しが当たらないように注意しよう。縦長で柔らかい素材のリュックを棚の上などに置く場合、自立できないのでぐにゃりと折れ曲がってしまう。型崩れを防ぐためには、中に不織布や紙などを詰めておくのがおすすめだ。

リュックの収納アイデア

リュック収納の基本を押さえたところで、実際の収納アイデアをご紹介しよう。型崩れを防ぐためには棚の上に立てて置くよりも吊り下げ収納のほうがおすすめだ。持ち手のあるリュックなら、壁に取り付けたフックにかけて収納する方法もある。毎日使用するリュックは玄関の壁などにかけておくのもいいだろう。

賃貸マンションなどで壁に穴をあけたくない場合には、ドアに取り付けられるフックを利用するアイデアもおすすめだ。また、S字フックを利用するとクローゼットに洋服と一緒にかけておくこともできる。持ち手がないリュックの場合は洋服用ハンガーに肩紐をかけて収納する方法がある。

2. 100均アイテムを活用したリュックの収納術

100均にもリュックの収納に便利なグッズがたくさん販売されているのでうまく活用しよう。

S字フック

クローゼットのポールやハンガーラックなどに、リュックをかけて収納するときに便利なアイテムだ。100均はS字フックのバリエーションが豊富で、横ぶれしにくいものや、ポールから外れにくいものなどもある。通常のS字フックはリュックが正面を向くので場所を取るが、90度ねじれた形のS字フックを利用すれば、リュックを横向きにして省スペースで収納することが可能だ。複数のリュックを収納する場合、色々な長さのフックを組み合わせて使用すると、高さを変えられるので空いたスペースを有効に使ってたくさん収納できる。

突っ張り棒

フックをかけられるような場所がなければ、クローゼットの奥や手前などは意外とムダになっている空間を利用して、100均の突っ張り棒を使って収納を増やそう。突っ張り棒とS字フックを使えば、そのデッドスペースを利用してリュックの収納ができる。

ファイルボックス

100均で売っている書類用のファイルボックスもリュック収納に使えるアイテムだ。リュックひとつを立てて入れられるサイズのファイルボックスを選び、棚の上などに収納しよう。クローゼットの上段など手の届きにくい場所に置いてもファイルボックスごと取り出しやすいので便利だ。

3. リュックの中身はどうする?

リュックを吊り下げて収納する場合、重い荷物が入ったままの状態でフックにかけるのは避けよう。持ち手部分がちぎれたり、リュックの形が崩れたりすることもあるからだ。一日使い終わったら中身を取り出し、リュックを休ませてあげると、劣化を防いで長く使用することができる。

収納場所の近くに、中身を入れるための箱やカゴなどを用意して置くのがおすすめだ。バッグをかえたいときにも中身を詰め替えなくて済むので、出かける前の準備も楽になる。とはいえ、リュックの中身をいちいち全部取り出すのは面倒だと感じる人もいるかもしれない。そんなときは、バッグインバッグを利用しよう。バッグインバッグとはバッグの中に入れて使う、仕分け用の小さなバッグのことだ。

リュックは中で仕切られていないタイプも多く、中身の整理整頓がしにくい。ものを取り出すときに、探すのに時間がかかってしまうケースもあるのではないだろうか。ポケットや仕切りがたくさんついているリュック用のバッグインバッグを使用すれば、リュックの中の収納の悩みも解決することができる。

帰宅したらリュックからバッグインバッグごと取り出し、リュックだけをかけて収納しよう。出かけるときはバッグごと中身を入れるだけなので簡単だ。

結論

リュックの収納方法について紹介した。通気性や日焼け、型崩れなどに注意して収納場所を考えよう。フックに吊り下げて収納したり、100均の便利グッズを活用したりするのもおすすめだ。適切な収納方法でお気に入りのリュックを長持ちさせよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ