このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

一挙に解決!部屋をスマートにするリモコン収納

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

エアコン、電気、テレビなど、気が付くとテーブルの上に転がっているリモコン。どうにかきれいに管理できないか、頭を悩ませている人も多いのではないだろうか。リモコンは、使いたい時に見当たらないと非常に不便なものだが、その大きな原因は定位置が決まっていない点にある。今回はそんなリモコンの画期的な整理術を解説する。

1. おしゃれさよりも動線を考えたリモコン収納を

おしゃれさを追求してカゴに入れたり、ラックを購入するのはひとまず待って欲しい。まずは日々の生活における動線を考えよう。リモコンは、帰宅後に電気やテレビをつけたりエアコンを入れるのに利用する。

使用頻度が高いアイテムだからこそ、おしゃれで出し入れしにくい場所に置くよりも、出し入れしやすさを重視した設置場所を決めるべきだ。

たとえばリモコンが散らかっている場所を思い浮かべて欲しい。多くの人がキッチンカウンターや食卓を思い浮かべるのではないだろうか。リモコンは日々の暮らしのなかで頻繁に手にし、家族全員が使うものだ。そのため、おしゃれさよりも出しやすくしまいやすいことを追求することがリモコン収納のポイントだ。

2. ソファのひじ掛けにポケット収納を

帰宅後、ソファに腰掛けながらテレビのリモコン操作をする人は多いのではないだろうか。そのままついソファの上に置いたり、コーヒーテーブルに置いたままにしてしまうのがこのパターンだ。

そんな時、市販のリモコンポケットをソファのひじ掛けに設置することで、スッと簡単にリモコンを片付けることができる。ひじ掛けに設置することで、正面から見たときに違和感もなく、スマートな印象になるのも嬉しいポイントと言えるだろう。

3. 手作りのリモコンボードですっきりと

マグネットのシールをリモコンの裏に貼り、ホワイトボードに貼り付けて管理する手作りのリモコンボードもおすすめの収納方法だ。手作りというと、カントリー調やちょっとこだわったテイストをイメージするかもしれないが、ここはあえてシンプルにしよう。

そうすることで、見ただけでリモコンの定位置を把握でき、リモコンが迷子になりにくいというメリットもある。ホワイトボードとマグネットで好きなところに設置できるため、部屋の雰囲気を壊さずにすむのも魅力と言えるだろう。

4. 壁掛けでシンプルスマートを極める

カントリー風やおしゃれ風にするなどのリモコン収納は必要なく、とにかくシンプルにスマートにリモコンを収納したい人もいるだろう。そんな人におすすめしたいのが、壁掛け収納だ。

リモコンのサイズに合わせたホルダーを設置し、そこにそれぞれのリモコンを入れていけば、使われているリモコンがすぐに分かって片付けしやすい。

壁に設置することで圧迫感もなく、スマートに収納できるのも魅力的だ。壁掛けはリモコン収納のなかでもシンプルさ、分かりやすさを追求した方法といえるだろう。

結論

「リモコンを使いたい時に見あたらない」というのは、誰にとってもストレスだろう。ここで紹介したリモコン収納方法は、ソファのひじ掛けや壁など、どれも手軽に出し入れでき、さらに部屋をすっきりとした印象にできるのがポイントだ。収納場所が決まっていると片付ける習慣が身につき、日々リモコンを探すといったストレスからも解放されるのでぜひ試してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ