このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

知ってた?洗面所に小さなゴミ箱を置くだけでキレイが自然に続く

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 6日

家族が毎日何度も使う洗面所は、こまめに掃除をしていてもなかなかキレイに保てないのが悩みどころ。しかし、洗面台周りに小さなゴミ箱を1つ設置するだけで自然と汚れにくくなり、掃除もぐんと楽になる。「すぐそこに」「片手でOK」なポイ捨てポイントがあるだけで、家族も洗面所のキレイキープに協力的になるのだ。さっそく実践の方法を解説していこう。

1. いつもキレイな洗面所に必要なのは小さなゴミ箱だった

「ゴミ箱なら、うちの洗面所にも置いてあるけど?」と首をかしげる人もいるだろう。ではそんなあなたが使っているゴミ箱は、どのようなタイプのものだろうか。おそらく、通常サイズのゴミ箱だろう。

しかし、キレイキープのためのゴミ箱は、ミニサイズで洗面台の上にちょこんと置ける卓上タイプのものなのだ。

洗面所を使っている最中に出るゴミは、髪の毛を筆頭に、使い捨てコンタクトの容器、化粧用コットン、ティッシュ、歯間ブラシなどコンパクトなサイズのものばかり。通常サイズのゴミ箱でなくてもミニサイズのもので十分なのだ。

また、通常サイズのゴミ箱を使用する場合は、わざわざ洗面台を離れたり姿勢を変えたりしなければならないが、ミニサイズのものは姿勢を変えずにワンアクションでポイッと捨てることができる。忙しい朝でも目の前に待ち構えている小さなゴミ箱に入れるだけなので使い勝手がよいのだ。

ついでにティッシュやペーパータオルをそばに置き、「使い放題」にしておくとさらによい。ちょっとした水はねや歯磨き粉の飛び散り汚れも、サッとティッシュなどで拭くことができるからだ。拭いたティッシュなどはそのままゴミ箱に捨てればよいので、家族みんなが洗面所のキレイを保つ習慣を身に付けやすい。

洗面台上の髪の毛や小さなゴミが片付き、水はねや鏡などに飛び散った歯磨き粉の汚れがその場で処理してあれば、洗面所のキレイは格段に長持ちする。毎日必須だった洗面所の掃除が、3日に1度でよくなるというわけだ。

2. おすすめは片手でサッと入れて、勝手に閉まるフタ付きタイプ

洗面台に置く小さなゴミ箱はフタ付きタイプが望ましい。姿勢を変えることなく自然にゴミ捨ての動作を行うために、あえて目に付く場所に設置するゴミ箱だからだ。フタがない場合、中のゴミがダイレクトに目に入ってしまい、清潔感に欠ける。

フタが付いているものでも、いちいちフタを手で外してゴミを捨て、またフタを戻すようなタイプはおすすめできない。歯磨きをしながら空いている片手でゴミを拾い、そのままゴミ箱に突っ込んで完了するような、フタが自動開閉するタイプがベストだ。

もし洗面台が狭くて、極小サイズのゴミ箱も置くスペースがないときは、正面の鏡や洗面台の真横にマグネットや吸盤が付いたフックを取り付け、そこにひっかけるタイプのゴミ箱を設置しよう。ひっかけタイプにはフタ付きのものが少ないので、見栄えはそれほどよくないが、少し高い位置に設置するだけでもゴミ箱の中を直視する頻度は減るはずだ。

どちらのタイプも毎日必ずゴミを捨てるという前提でサイズを選べば、狭い洗面所であっても邪魔で仕方がない、という事態にはならない。「寝る前の歯磨きが終わったら、洗面台のゴミ箱を大きなゴミ箱に移して空にする」なら、小さな子供のお手伝いにもぴったりだ。

3. 種類豊富な100均の卓上ゴミ箱をチェック

大手の通販サイトやホームセンターにも、ミニサイズのゴミ箱は豊富にそろっているが、おすすめは100均のミニゴミ箱だ。生活用品コーナーに見あたらなければ、文房具コーナー付近をチェックすると「卓上ゴミ箱」が並んでいることもある。

またキッチン用のミニゴミ箱にも便利なものが多い。数あるミニゴミ箱から「フタ付き」で「片手でゴミ捨てが完了できる」ことを念頭に、好みのデザイン・カラーのものをチョイスするとよいだろう。

また通常の「ゴミ箱」とは少しタイプが違うが、100均で売られているマチがあって自立するミニサイズのゴミ袋を代用するのもおすすめだ。1枚4円ほどで、毎日使い捨てても惜しくなく、サイズも幅18cm×高さ14cm程度と洗面台の上にぴったりのサイズ感だ。イラスト入りでデザインもよい。

100均アイテムなら気軽に試すことができるので、とりあえず洗面台に小さなゴミ箱を設置し、その使い勝手のよさを実感してから機能面やサイズ、インテリア性などを検討して「本命」を選ぶのもよいだろう。

結論

あっという間に汚れてしまう洗面台周りが、小さなゴミ箱の設置だけで改善されるとしたら、これほどありがたいことはない。小さなゴミや髪の毛などを「ちょっと置いておく」場所自体をゴミ箱設置ポイントにするこのアイデア。やってみると本当に効果的だ。面倒くさがりな家族でも自然にゴミを捨てられる仕組みをつくることこそ、洗面所を清潔に保ち、掃除の手間を省く最大のポイントなのだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ