このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

油性ペン汚れの落とし方。肌や服についた際の消す方法を紹介!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月14日

油性ペンによる汚れは肌や服に付着するとなかなか消すことが難しいため、困る人も多いだろう。しかし、油性ペンの汚れは意外と簡単に消すことが可能だ。そこで今回は、服や肌についた油性ペンの汚れを消す方法や、シャワーヘッドを使った裏ワザを紹介する。

1. 服についた油性ペンを消す方法

服に油性ペンのインクをつけてしまった経験がある人は多く、きれいに消すことができないとがっかりしてしまう。また、子どもがお絵かきをして遊んでいるときに油性ペンのインクが服につく可能性もある。結論からいうと服についた油性ペンの汚れは消すことが可能だ。ここでは服のインク汚れを消す方法を紹介しよう。

除光液を使う

服などの布製品についた油性ペンのインク汚れを消すにはネイルを落とすときに用いる除光液が有効だ。除光液にはエタノールが含まれ、油性ペンの油成分を分解して溶かすはたらきがある。

消す方法・手順は次の通りだ。

1.油性ペンで汚れている部分の裏側にあて布をする。
2.汚れている部分に除光液を少しずつ垂らす。
3.別の布を使いトントンと叩き出し、あて布に汚れを移す。
4.汚れが移ったらあて布を取り替え、取れるまで手順を繰り返す

完璧に油性ペンのインクを取り除けるかは、汚れてからの時間の経過も影響するため一概にはいえないが、なるべくインクが付着してから早めに対処することで汚れは消しやすくなる。

塗布放置洗浄を行う

洗剤メーカーが推奨する服についた油性ペンを消す方法は塗布放置洗浄だ。名前の通り、洗剤をつけて放置する洗浄方法だ。塗布放置洗浄の手順を紹介しよう。

1.油性ペンがついた部分に裏からあて布をする
2.インク汚れがある部分に洗剤を塗る
3.そのままひと晩放置して翌朝に洗濯する

上記が塗布放置洗浄の方法だ。非常に簡単で、特殊な作業がないため誰でもできる。時間がない方でも洗剤をつけて放置するよう心がけることで汚れが落とせる可能性も高くなる。しかし、除光液と同様に、汚れがついてからの経過時間やインクのついた量が汚れの落ち具合に関係するので、綺麗に消えるかは試さなければわからない。

早めに対処することで消せる確率も高くなるため、油性ペンで汚した場合はすぐに実行しよう。

2. 身近なもので肌についた油性ペンも消す

なにかの作業中に、肌に油性ペンのインクがつくことよくある。石鹸で落とすことができるのはインクがついてすぐの場合だ。時間が経過すると油性ペンのインクは肌のシワに入り込むため落としにくくなる。

そこで活用できる道具がハンドクリームだ。ハンドクリームは油分が多く含まれるためインク汚れを浮かびあがらせる効果がある。

石鹸で洗っても落ちない場合は、一度ハンドクリームを塗ってしばらく放置し、再び石鹸で洗ってみよう。

3. 油性ペンを消すシャワーヘッドとは

話題となっているものが、油性ペンのインクを落とせるマイクロナノバブルシャワーヘッドだ。なぜマイクロナノバブルシャワーヘッドで油性ペンのインクを消すことができるのかは微細な泡が関係する。人間の目で確認できないほどの細かい泡がシャワーヘッドから放出され、汚れを吸着することで油性ペンのインクが消せる仕組みだ。

ナノサイズの泡がシャワーヘッドから出るため、油性ペンのインク汚れを落とすだけでなく肌を保湿する効果も期待できる。これからの時代は、油性ペンの汚れを泡で落とようになるのかもしれない。今後のさらなる進化にも注目だ。

結論

油性ペンは服や肌についても消すことができる。しかし、付着したインクの量や時間の経過次第では落とせる度合も変わるため、早めの対処が肝心だ。シャワーヘッドでインク汚れを落とす方法も、これからのさらなる進化が楽しみである。誤って油性ペンのインクを付着させた場合は、除光液やハンドクリームなどを使って手早く汚れからおさらばしよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ