このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

車中泊にバッテリーは必須!おすすめの商品や長持ちさせるためのコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月26日

車中泊では、就寝時にエンジンを切るのがルールである。そのため、とくに寒い冬は防寒対策が欠かせないが、寝袋や断熱シートなどでは心もとないと感じる人も少なくないはずだ。そこで今回は、車内で温度を適温に保つ暖房器具を使うのに欠かせない、大容量ポータブルバッテリーを取り上げて解説していく。おすすめバッテリーや長持ちさせるためのコツとあわせて紹介しよう。

1. 車中泊を快適にする大容量ポータブルバッテリー

気軽に車の旅を楽しめる車中泊がこのところ人気を集めているが、とくに冬場は防寒対策が欠かせない。週末ともなれば、道の駅やSAなどの人気スポットには、車中泊目的で多くの利用者が集まる。そのため互いに騒音や排気ガスで迷惑をかけあうことのないよう、就寝時にはエンジンを切るのがルールとなっているのだ。

安易な気持ちで準備不足のまま出かけると、不快な思いを強いられるだけでなく、最悪の場合、命にかかわる事故に発展する可能性もあるので注意が必要だ。たとえば、エンジンを切るとたちまち車内の気温が下がってしまうため、やむをえずエンジンをつけっぱなしにして寝てしまったとしよう。そこに雪が降った場合、マフラー周辺に積雪することで排気ガスが逆流して車内に充満し、一酸化炭素中毒を起こしてしまうというケースが頻発している。

そのため、冬の車中泊では徹底した防寒対策が必要だ。寝袋や断熱シートを使うのも手だが、朝まで快適に過ごすためにはやはり暖房器具を使いたいところだ。そこで活躍するのが、大容量ポータブルバッテリーである。

最近の大容量ポータブルバッテリーは、リチウムイオンを搭載したことで軽量化を実現している。コンセントのプラグ受けが備えられており、家庭で電気を使うのと同じように使うことができるのだ。暖房器具を使用するのにも十分な容量があり、シガーソケット出力を備えているので走行時に充電することも可能だ。寒い季節に車中泊でお出かけの際は、ぜひ携帯されるのがよいだろう。

2. 車中泊時の暖房や電気毛布も安心して使える!人気ポータブルバッテリー3選

ANKERのPowerHouse

車中泊時に使用するポータブルバッテリーのなかでもおすすめなのが、ANKERのPowerHouse 434Whだ。434Whという大容量ながらおよそ4.2kgという軽さで、サイズもおよそ200mmx145mmx165mmとコンパクトである。USBポートを4つ、AC電源を1つ備えており、すべて同時に使用することができる。残りの容量が表示されるので、電気毛布などを安心して使うことが可能だ。

CheeroのEnergy Carry

CheeroのEnergy Carry 500Whも人気だ。重量がおよそ5.4kg、サイズがおよそ270mmx315mmx170mmと、ANKERのPowerHouse 434Whに比べるとやや重くて大きいが、500Whという大容量は魅力的だ。フル充電しておけば朝まで問題なく電気毛布を使うことができるだろう。LEDライトがついていてなにかと重宝しそうだ。

SmartTapのPowerArQ

SmartTapのPowerArQ 626Whもおすすめできる商品だ。重量がおよそ6.0kg、サイズがおよそ300mmx193mmx242mmとやや大ぶりだが、626Whという圧倒的な大容量を誇る。そのため、電気毛布だけでなく、より消費電力が大きい暖房器具を使用することも可能だ。駆動音が静かで、別売りのソーラーパネルを利用して充電できるというのも強みだろう。

3. 冬の車中泊にはバッテリーを保温しておくのがおすすめ

ポータブルバッテリーに搭載されているリチオムイオン電池には、気温が低いところで使用すると消費電力が大きくなる傾向がある。そこで、冬の車中泊でバッテリーを長持ちさせるためにおすすめなのが、移動時や使用時になるべく保温しておくことだ。具体的には保温バッグに収納しておくのがおすすめだ。

保温バッグのなかに湯たんぽやカイロを入れておくのも効果的だが、ポータブルバッテリーの動作温度には上限がある。そのため、温度が高くなりすぎないよう、湯たんぽなどをタオルに巻いたうえでの保温をおすすめする。

結論

車中泊ではエンジンを切って就寝するのがルールだ。とくに厳しい冬の夜を乗り切るには、大容量のポータブルバッテリーが欠かせないだろう。それぞれの旅のスタイルにあったものをチョイスし、快適な旅に役立ててほしい。

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ