このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【部屋が寒いのは窓のせい!?】手軽でしかも安い窓の寒さ対策はコレ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

室内の暖かさを保つには、窓の寒さ対策が欠かせないことをご存知だろうか?せっかく暖房器具にこだわったり、設定温度を上げたりしても、窓への対策が不十分だと損をしている可能性が出てくる。効率よく部屋を暖め、快適に冬を過ごすためにも、ぜひ今回紹介する情報を今後に活かしてほしい。

1. 寒さの原因の多くは窓!結露が発生しているのがその証拠

冬になると部屋の温度が下がるのはどうしようもないことである。自然なコントロールができないため暖房器具や服装での寒さ対策を考えがちだが、室温をなるべく高く保つべく、部屋に対してできることがある。それは、窓への寒さ対策だ。冷気は窓を介して伝わってきており、エアコンやヒーターなどで暖めた空気が逃げていくのは、おおよそ半分が窓からだとされている。

驚かれたかもしれないが、その明確な証拠として、結露があげられる。結露は、暖められた空気に含まれている水分が、窓付近の冷気によって空気中に溶け込めなくなって付着するものだ。つまり、結露が多く発生していればいるほど、それだけ冷気が伝わってきていることとなり、せっかく暖めた空気も無駄になっていることになる。このような状況を引き起こす状態のままでは暖房器具の効果が薄くなり、電気代も無駄にかかるだろう。また、結露自体も悪影響を引き起こしかねないのである。

結露が多く発生していると窓枠やレースカーテンなどに付着するため、カビが発生する原因となる。また、部分的にダニが発生しやすくもなってしまうのだ。寒さの原因だけでなく健康リスクにもなり得るので、窓の寒さ対策はぜひともやっていただきたいところだ。

2. 窓にプチプチを貼るのは安価ながら効果的

ここでは、具体的な窓の寒さ対策として、何をやっていくとよいかを紹介していく。窓の寒さ対策の基本としては、動かない空気の層を作ることが重要となる。これは、人間の冬の服装でも体感できることである。たとえばダウンジャケットやフリース、裏起毛の製品などは空気を多分に含むからこそ温かい。

これを窓にも応用すればよいのだが、北海道のように2重窓にするのは費用も時間もかかるのがネックだ。簡易の窓枠やポリカーボネートダンボールなどを活用して、DIYで作ることも可能ではある。しかし、採寸や調節が決して楽ではないので、制作に取り掛かってからしばらくの間は寒いままの状態が続くことになるだろう。

ここでおすすめしたいのが、包装や梱包に使われるプチプチを使う方法だ。ご存知のとおり、プチプチは空気の層があらかじめできており、貼るだけで寒さ対策ができるので、非常に手間が少なくてすむ。しかもプチプチは、ホームセンターや100円ショップなどで安価に手に入れることができるため、リビングなどにあるサイズの大きなものに使っても経済的だ。

3. 窓枠に隙間テープを貼って、より冷気を防ごう

窓の寒さ対策として次に理解してほしいのが、隙間を塞ぐことの重要性だ。自宅の窓に隙間があるとは多くの人が考えていないかもしれないが、そもそも引き違いの窓というものは、きちんと締め切っている状態でもわずかに隙間がある構造になっているのだ。

それをゴムパッキンなどで塞いでいるのだが、それでも完全に空気の出入りを遮断しているわけではない。ゴムの劣化やガタツキなどが発生すると、当然隙間風も強く吹き込んでしまうことになる。したがって、冷たい空気が室内に直接入ってこないよう隙間対策をすれば、より室内の空気を暖かく保つことが期待できるのだ。

そこで、手軽で効果が期待できる方法として隙間テープを貼ることをおすすめする。プチプチ同様、ホームセンターや100円ショップなどで、手軽かつ安価に購入することができる。また、両面テープが付いているので、サッシにも簡単に貼ることができるだろう。ただし、テープが干渉して窓が閉まらなくなってしまわないように、チェックしながら作業しよう。隙間テープはポリウレタンなどの柔軟な素材が使われているが、それでも圧迫されすぎると問題が出ることもあるので、くれぐれも確認しながらの作業を心がけてほしい。

結論

暖かい室内を目指すには、窓の寒さ対策が重要である。プチプチや隙間テープなどが効果的と紹介したが、いかがだっただろうか?電気代や健康リスクの低減にも期待できるので、ぜひ自分自身と家族のためにも対策に取り組んでほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ