このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ニットがほつれた場合の対処方法。ニットは見た目が大切!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月17日

ニットは温かいうえにおしゃれなアイテムで寒い時期には非常にありがたい。しかし、難点はほつれることだ。そこで今回は、ニットがほつれた場合の直し方をはじめ、購入店への返品の可否、クリーニング屋での対応の可否を紹介する。

1. ニットがほつれた場合の直し方

ニットはおしゃれで暖かい万能アイテムだが、少し引っ掛けただけでほつれることもある。ニットにほつれは付きものといえるが、見栄えがよくないためできるだけ早く対処したい。ニットがほつれた場合の直し方を紹介しよう。

糸を引っ張る

ニットがほつれた場合、はみ出た糸を引っ張ってはいけない。一番簡単な直し方は、ほつれた糸の周りを引っ張る方法だ。

まずほつれがある糸に対して斜め方向に引っ張る。両手で左右それぞれをバランスよく、ほつれた糸の周辺をほぐすように優しく引っ張ろう。ほぐしたあと糸がまだはみ出ていたら、ほつれ部分の隣の糸をかぎ針などでそっと引く。

はみ出た糸が目立たなくなるまで隣、その隣と引いていく。すると周辺の糸を含め、全体的に柔らかくなる感触を得られるはずだ。

最後にゆっくりと親指の腹を使ってほつれ部分周辺をさまざまな方向に揉み込むことでほつれは消える。やり方さえ覚えてしまえば誰にでもできる直し方のひとつだ。

2. ニットのほつれは返品できる?

ニットはおしゃれに欠かせない冬のアイテムなだけに購入する人も多いが、買ったばかりのニットにほつれがあった場合、元々ほつれがあったのか、あるいは購入後に自分でどこかにひっかけてしまったのかは誰もわからない。

お店側は返品に応じてくれるのだろうか。チェックポイントは下記の2点だ。

・購入時のレシートはあるか

・タグは付いているか

この2点が揃っていれば大抵のお店はニットに限らず返品に応じてくれる可能性が高い。しかし、レシートがあってタグも切っていない状態でも返品不可となるお店、商品もある。まずは商品をレジに持っていく前に入念にチェックしたうえで購入し、購入後はすみやかにほつれなどがないか確認しよう。

ほつれがあった場合はなるべく早く返品について問い合わせをする必要がある。お店側も返品に応じる期限を設けているからだ。返品可能期間を経過すると、いくらタグを切ってなかろうが返品に応じてもらえなくなる可能性が高い。

ニットを購入した際は、レジ前と帰宅後すぐに状態を確認することが後悔しない買い物の秘訣だ。

3. クリーニング屋でニットのほつれは対応可能?

ニットにほつれがある場合、使っている糸や編み方次第では自分自身で直すのが難しいこともある。しかし、編み物がよほど得意でないかぎり、ニットを自分で修繕しようとチャレンジする人はあまりいない。

では、クリーニング屋でニットのほつれは直してくれるのだろうか。ほつれの度合・状態で対応も異なるが、意外にもクリーニング屋で対応してもらえるケースが多い。自分自身でニットのほつれを直すことに自信が持てない人は、まず近隣のクリーニング屋に問い合わせてみよう。

結論

ニットのほつれを自分で直せないからと放置したままにするのはもったいない。何かに引っ掛けてほつれた箇所が広がる可能性も高く、穴になれば直すことはより難しくなる。ニットは意外と簡単に直せる。小さなほつれであれば自分自身で解決できる簡単な直し方をマスターしよう。自信がない人はクリーニング屋に問い合わせてみるとよいだろう。後悔しないように購入時にはほつれがないかをしっかりと確認してトラブルを未然に防ぐことが大事である。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ