このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

毛布を捨てるときにかかる料金は?毛布の正しい捨て方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月26日

冬の必需品ともいえる毛布だが、収納するときにかさばるもののひとつでもある。不要になった毛布を何枚も家に置いておくのは難しいだろう。毛布は自治体ごとの適切な捨て方を守らなければ、不法投棄になってしまうこともある。料金がかかる場合もあるので、捨てる前に確認しておきたい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 毛布のゴミ分類は燃えるゴミ?

毛布のゴミ分類は自治体により異なっており、分別を間違えるとゴミを増やしたり清掃工場の処理能力を下げたりしてしまうおそれがある。まずは、毛布が何ゴミとして扱われるのか確認しよう。

燃えるゴミ

毛布を燃えるゴミとして収集していることも多い。ただし電気毛布の場合は、プラグを外してから捨てることが求められる場合もあるので、自治体のホームページなどで確認しておこう。大きさによっては粗大ゴミに分類されることもある。

資源ゴミ

毛布を資源ゴミとして扱っている自治体もある。穴が開いていたり、シミが付着していたりと状態の悪いものは、燃えるゴミや粗大ゴミに分類されることもある。できる事なら、毛布をクリーニングに出してきれいにしてから、古着や古布の収集日に合わせて捨てるのが望ましいかもしれない。

ちなみに、雨が降っているときには収集しない場合があるので、収集日の天気を確認してから捨てるとよい。また、素材によっては燃えるゴミとして扱われることもある。ある自治体では、毛足の長いボア素材の毛布は燃えるゴミに分別するよう指示している。

粗大ゴミ

毛布を粗大ゴミに分類している自治体もある。自治体により基準は異なるが、30cmから50cm以上の大きなものは粗大ゴミとしてみなされることが多い。

2. 粗大ゴミ扱いの毛布の捨て方

毛布を粗大ゴミとして捨てる場合はいくつかの手順を踏む必要がある。自治体により細かな違いはあるが、一般的な流れを紹介する。

事前予約をする

自治体が指定する施設に連絡し、毛布の収集を申し込もう。電話かインターネット、もしくはFAXで連絡し、収集希望日と品目、個数、大きさ、氏名を伝える。収集日と収集場所、粗大ゴミを捨てるときにかかる手数料をよく確認しておこう。

料金を支払う

申し込み時に確認した金額を収集日までに支払う。自治体内の商店やコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどで取り扱っている専用の粗大ゴミ収集シールを購入して料金を納めるケースが多い。シールの名前は自治体ごとに異なる。

必要事項を記入する

収集シールに記入欄がある場合は必要事項を記入する。予約した収集日と受付番号、または氏名を記入することが多い。記入後は毛布の目立つ箇所にシールを貼っておこう。

収集日に出す

予約した粗大ゴミ収集日の朝、自宅前に毛布を出す。マンションなどの集合住宅に住んでいる場合は1階の玄関前に置いておこう。自治体によっては指定の収集所に出すように指示されることもある。毛布を持ちやすいように小さく折りたたんでひもでしばっておくとよい。申し込み時に捨てる方法を指示された場合には、その方法にしたがおう。

3. 各自治体における毛布の捨て方と料金例

毛布の捨て方や粗大ゴミとして捨てるときにかかる料金は各自治体で違いが見られる。

港区における毛布の捨て方

港区では毛布は粗大ゴミに分類され、手数料の目安は400円だ。「粗大ごみ受付センター」に電話かインターネットで収集を申し込み、収集日と手数料を確認する。申し込みが完了したら港区内の商店などで手数料分の「有料粗大ごみ処理券」を購入しよう。処理券には200円のA券と300円のB券があるので、金額に合わせた種類と枚数を購入しよう。

処理券に受付番号か氏名を記入したら毛布に貼り付けて、収集日の午前8時までに指定された収集所に出そう。

江戸川区における毛布の捨て方

江戸川区では毛布は粗大ゴミとして扱われる。収集してもらう場合の手数料目安は400円だが、自分で江戸川区指定の施設に搬入した場合、手数料が無料になる。収集してもらうときも持ち込むときも事前の申し込みが必要なので、電話かインターネットで江戸川区の粗大ごみ受付センターに連絡を入れよう。

収集日と料金が指定されるので、指示にしたがって処分準備を進めよう。江戸川区のように持ち込み前に予約がいるかどうかは、各自治体により異なるため、事前に確認しておこう。

習志野市における毛布の捨て方

習志野市では燃えるゴミとして毛布を収集している。ただし、体積が45リットル以上のものは粗大ゴミ扱いとなり、捨てるときに手数料がかかる。毛布の場合は3枚まで540円で収集してもらえる。

電話かインターネットで習志野市の粗大ごみ受付センターに申し込みをして、収集日と手数料を確認しよう。

料金などは、変更になることもあるため、各自治体のホームページで最新情報をチェックしてから毛布を捨てるようにしたい。

結論

毛布は燃えるゴミ、粗大ゴミ、資源ゴミのいずれかに分類されることが多く、自治体ごとに捨て方が異なっている。粗大ゴミの場合でも江戸川区のように自分で持ち込めば手数料を節約できる場合もあるので、事前に確認しておくといいだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ