このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ハンガー収納に悩まされないためのおすすめの方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月22日

木製のしっかりしたハンガーから針金ハンガー、洗濯用ハンガーまで、ハンガーはその形状ごとにそれぞれの使いやすいさがある。しかし、形の違うハンガー同士や針金ハンガー同士は絡まりやすく、その収納に煩わされることも多い。ここでは、ハンガー収納に悩まされないための方法について解説する。

1. クローゼット内でのハンガー同士の絡まりに悩まされないコツ

クローゼット内でハンガー同士が絡まって煩わしい思いをしたことはいないだろうか。ここでは、クローゼット内のハンガー同士の絡まりに悩まされないためのコツについて解説する。

針金ハンガーの形状をそろえる

針金ハンガーは、場所をとらずにたくさんの衣類を収納する際には大変役に立つ。しかし一方、針金ハンガーはハンガー同士が絡まりやすいというデメリットもある。針金ハンガーに重い衣類をかけて歪んでしまった場合や、針金ハンガーの形状が違う場合はなおさら絡まりやすくなる。

そこで、クローゼットの中の針金ハンガーが絡まって煩わしいと感じている場合は、針金ハンガーの形状を全て同じものにし、形の違うハンガーや歪んでいるハンガーを処分してみるとよいだろう。形状を同じにするだけで、ハンガー同士が絡まる確率はぐっと減ることになる。

針金ハンガーの形状を変えた場合、他のハンガーと混ぜない

針金ハンガーをベルト掛けや小物類の収納用に形状を変えた場合も上記と同様で絡まりやすくなる。形状を変えた針金ハンバーは他のハンガーと混ぜないように注意しよう。

クリーニング店のハンガーはクリーニング店に引き取ってもらう

クローゼット内をスッキリさせたい場合は、クリーニング店から衣類を引き取った際についているハンガーは、できるだけクリーニング店での引取サービスを利用して回収してもらうことをおすすめする。さまざまな形状のハンガーが混在していると、収納する際の管理が難しくなるからだ。

自宅のクローゼット内のハンガーは、増やしたい時同じ形状のハンガーを増やせるよう市販のハンガーを利用しよう。価格を抑えたい場合は100円ショップで安く購入できるのでおすすめだ。

2. 使用していないハンガーはファイルボックスか紙袋に収納する

使用していないが、捨てたくないハンガーがたくさんあって、クローゼットの中がごちゃごちゃしている場合や洗濯の時だけ使用するハンガーで洗濯機周りがすっきりしないという悩みはないだろうか。ここでは、使用していない時のハンガー収納について解説する。

ファイルボックスに収納する

使用していないハンガーをクローゼットのポールに掛けたままだと見た目もすっきりせず衣類を取り出すときにも邪魔になる。できれば使用していないハンガーはまとめて収納しておきたい。そこで、おすすめの方法は、ファイルボックスに収納する方法である。

A4サイズ以上で幅が広めのファイルボックスであればハンガーを並べてすっきり収納できる。その上、収まりがよいので絡まりにくく取り出す時も簡単だ。洗濯用のハンガーであれば、ファイボックスを洗面台の下に置くと便利に活用できるだろう。

紙袋に収納する

不要なハンガーがたくさんある場合、ファイルボックス収納だとかえって邪魔になることもある。そのような時は、ヒモで縛って紙袋に収納しておくとよいだろう。ヒモで縛ることで紙袋内のハンガー同士が絡まることもなく、ある程度の本数の調整も可能だ。紙袋は持ち手がついているので移動させる際も簡単だ。ハンガーの本数や収納場所の状況に合わせてファイルボックスと紙袋を使い分けてもよいだろう。

3. ハンガー収納に意外と便利なランドリーラック

洗濯機の上など、洗濯機の周辺は洗濯関係の家事をする際、非常に使い勝手のよい場所である。ここでは、洗濯機周辺にランドリーラックを設置した場合のメリットについて解説する。

ランドリーラックがあれば洗濯用ピンチハンガーの収納に便利

洗濯物を干す際に使用するピンチハンガーは絡まりやすく、収納場所になやまされてはいないだろうか。例えば、洗濯かごや、収納棚に置く収納方法だと、ピンチ同士が絡まったり、かごに引っかかったりなど面倒なことが多い。

そこで、おすすめの収納方法はランドリーラックに吊るして収納する方法だ。吊るすことで、ピンチ同士が絡ましにくくなる上、余計な箇所に引っかかりにくくもなる。もちろん、ピンチハンガーのみならず、その他の洗濯用ハンガーをかける場所にも活用でき、ハンガー類を収納する煩わしさから解放される可能性が高くなるだろう。

結論

ハンガーの収納に関して解説したがいかがだっただろうか。ハンガーは気づくと増えているうえ、クローゼットの中や洗濯機周辺を何かとごちゃごちゃさせる原因となることが多い。ハンガーの収納に悩んでいる場合は、一度今回紹介した方法を検討してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ