このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ドライブ中に渋滞した時の暇つぶしの方法4選

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月29日

ドライブに出かけた際には、さまざまな事情により渋滞に巻き込まれてしまうこともあるだろう。もし、渋滞に遭ったとしても暇つぶしできる遊びを知っていれば、イライラを軽減できるうえ時間もより有効活用できるのではないだろうか。今回はドライブ中、渋滞に巻き込まれた場合に暇つぶしができて楽しめるゲームについて紹介しよう。

1. イントロゲームで渋滞の暇つぶし

渋滞に遭遇した際、その時間の暇をつぶすのに有効な遊びとして挙げられるのがイントロゲームだ。イントロゲームは選曲を変えるだけで大人から子供まで楽しむことができるため、さまざまなドライブシーンで活用することができるだろう。

イントロゲームのルールは簡単だ。曲を選ぶ出題者を一人決め、それ以外の人を全員回答者とし、出題者が選んだ曲が流れたら誰が一番早くその曲のタイトルを当てられるかを競う。イントロゲームで流す曲の時間は自由だが、クイズとして遊ぶには短い方がより盛り上がるだろう。

最近は音楽プレーヤーと車を簡単に接続させることができるため、暇つぶしにもイントロゲームは手軽に取り入れやすい。さらにスマホを使えば、YouTubeなどの曲を再生することも可能なので、ドライブで渋滞に巻き込まれてしまった際には、ぜひ活用してみてはいかがだろうか。

2. なぞなぞも渋滞の暇つぶしにおすすめ

続いて紹介する渋滞中におすすめの遊びは、なぞなぞだ。子どもの頃は多くの人が遊びとして取り入れていたであろうなぞなぞだが、大人になってからやってみても案外楽しめる。とくにドライブ中の暇つぶしには最適で、家族での遠出にはおすすめできるゲームの一つだ。

遊び方としては、出題者の一人が問題を読み上げ、その他の回答者が答えるだけというシンプルなものになる。なぞなぞは特別な知識を必要とするものではないため、回答者はもちろんのこと、出題者も知恵を振り絞ることで全員が楽しめる点が最大のメリットといえよう。

また、Googleでなぞなぞと検索をすれば、年齢別に適したレベルのなぞなぞが掲載されているサイトや、問題を出す人もなぞなぞの答えを見るには何らかの操作が必要なサイトなど、車内にいる全員がさまざまな形態で遊べる点もなぞなぞのよい部分といえるだろう。子供にとっては発想力を鍛える効果も期待できる有効なゲームだ。

3. 渋滞の暇つぶしにはアプリを活用

今ではさまざまなアプリがリリースされているため、ドライブなどで渋滞に巻き込まれたとしてもアプリの活用で簡単に暇つぶしができる。無料でダウンロードできるアプリも多く、上記で紹介したなぞなぞを楽しめるアプリや、多くの曲を選ぶことが可能な音楽再生アプリなど、さまざまな遊び方を提供してくれるのだ。

また、ドライブでの暇つぶしをテーマにして作られているアプリもある。話題を考えてくれるものや、無料でラジオを聞くことができるアプリなどがそうだ。さらには、無料でダウンロードできる絵本アプリもリリースされているので、小さい子供と一緒に旅行などの移動中に渋滞に巻き込まれてしまっても、絵本を読み聞かせることで子供も渋滞の時間を退屈することなく楽しめるだろう。

4. 心理テストも渋滞の暇つぶしに効果的

渋滞に巻き込まれてしまった場合の暇つぶしには、心理テストもおすすめだ。「考えること」というのは、時間の経過を早く感じさせる効果が期待できるため、渋滞の時間もあっという間だろう。とくに友達同士でのドライブなら、心理テストはきっと盛りあがるに違いない。なぜなら、心理テストは普段とは違った友達の意外な一面を見ることができるため、答えによっては驚いたり、笑ったりできるからだ。

心理テストはインターネットで検索をしてもよいが、大半の人が持つスマホのアプリを活用することもできる。さらに、心理テストにはさまざまなジャンルが設定されているため、テーマを都度変えることで、渋滞に遭っていることを忘れるくらい楽しむことができるだろう。

結論

車での移動中に渋滞に巻き込まれてしまうことは少なくない。とくにゴールデンウィークや年末年始、お盆などの高速道路は、確実といっても過言ではないほど混み合う。その際に、暇つぶしできる遊びを知っていれば、ストレスなく車内の全員で楽しみながら時間を有意義に過ごすことができるだろう。今回の記事を参考に、楽しいドライブになれば幸いだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ