このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

Tシャツのワンランク上の収納方法3選。無駄に疲れることしてない?

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年4月 1日

なにかと枚数が増えがちで、洗ってたたむのが面倒なTシャツの収納にお悩みではないだろうか?実はたたむ手間を削減したり、100均にあるもので専用の収納を簡単に作ったりできる。Tシャツをたくさん持っている方はとくに、ぜひ最後まで確認し実践してほしい。

1. Tシャツをたたまないでクローゼットにかけて管理しよう

大量のTシャツをたたむのが面倒だったり、衣装ケースの中から目当てのTシャツを探すのに苦労したりしているなら、いっそのことハンガーでクローゼットにかけて管理するのはいかがだろうか?Tシャツを洗濯して外に干すときにはハンガーを使うだろうが、乾いたものをハンガーから外さずに、そのままクローゼットなどに収納してしまえばたたむ手間が省ける。ただし、これだけ見ると魅力的に見えるかもしれないが、もちろんデメリットもあるので、もう少し詳しくメリット、デメリットを見ていこう。

ハンガー管理のメリット

たたむ手間がなくなる点に加えて、しわにならないのもメリットとしてあげられるだろう。加えて収納方法にもよるが、ハンガーにかけて全体が見えるようにしておけば、どこにお目当てのものがあるのかが、分かりやすくなる。

ハンガー管理のデメリット

クローゼットに余裕がないならば、ハンガーラックなどの新たな収納家具を購入したり、DIYをして収納スペースを作り出したりする必要がある。もっとも壁収納などを作って見せる収納づくりを楽しめそうならば、趣味と実益を兼ねられるともいえる。また、ハンガーにかけ続けておくと、Tシャツの首周りが伸びてしまう可能性もあるので、気になるならば滑り止めが付いたハンガーを新たに買う必要があるだろう。

2. 棚の収納ボックスに畳んだTシャツを縦に並べる

ハンガーにかけたまま収納する方法は、日々のたたむ手間を削減する一方で、基本的に収納スペースが増えてしまう方法だ。そこで、収納スペースを節約しつつ、どこにどのTシャツがあるのかも分かりやすくする方法を紹介していこう。

具体的には、引き出しや棚の収納ボックスを細かく仕切る方法である。

まず用意するのは、棚の収納ボックスや引き出しに入れることができる、小さめのボックスだ。複数個入れることが前提になるので、おおよその寸法は測っておくことをおすすめする。

そして、それらのボックス内にたたんだTシャツを縦に並べていけば、出し入れしたときにほかのものが崩れてしまうのを防いでくれる。きれいな収納状態を保ちつつ、お目当てのものを探しやすくなるのだ。ただし、この方法にもデメリットはある。

収納ボックスに仕切りを作るメリット

TPOやよく着るものに合わせて、エリア毎に分けられるのがメリットだ。小さな子どもでも自分で管理しやすくなることだろう。

収納ボックスに仕切りを作るデメリット

手持ちの棚の収納ボックスや引き出しにちょうど合うものを見つけるのが少々手間であり、当然費用もかかる。ちなみに、大きな収納ボックス自体を購入する予定がある場合は、最初から仕切りが付いているものがあるので検討するとよいだろう。

3. ラックなどの文房具用品をTシャツ専用収納へ

費用を極力抑えつつTシャツの収納環境を改善したいなら、100均などで販売されているファイルボックスや書類用のラックを専用の収納道具として活用する方法はいかがだろうか?これらはローチェストやクローゼットなどの空いているスペースに必要な分だけ置くことができるので、設置場所や収納容量への自由が細かくきく便利な方法でもある。さっそく使用できるアイテム別に具体的な方法を紹介していこう。

書類や小物入れ用のラック

A4サイズの紙が入るトレーとラックがセットになった商品が100均で販売されている。Tシャツのサイズや厚み、ラックとトレーの高さなどの具合にもよるが、1トレーあたり2、3枚は収納することができるだろう。引き出し式のものを選べば出し入れもしやすいのでおすすめだ。

クリアファイルとファイルボックス

クリアファイルや個別フォルダといった書類をおらずに入れることができる収納用品にTシャツを入れ、それらをまとめて入れることができるファイルボックスを併用すればきれいに管理することが可能だ。なお、サイズ感がちょうどよいなら、はじめから仕切りが付いているファイルボックス単体でも管理可能だろう。ちなみに、固くて厚みのあるクリアファイルは、出張などで替えのワイシャツが必要なときに活用すると、バッグに入れておいてもシワにならなくて便利だ。

結論

なにかと枚数が増えがちなTシャツは、たたんだり取り出しやすいように収納したりするのが大変だが、工夫次第で収納を楽にしたり、きれいにまとめたりできると理解できただろうか?一度、収納システムを作っておけば、日々のちょっとしたストレスが軽減され、生活の質もきっと向上するだろう。ぜひ今回紹介した方法を試してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ