このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ペットボトルを効率的に収納する方法3選。もうウンザリしない!

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月28日

箱買いをすると価格が安くなるので、ペットボトル飲料を大量に購入することもあるだろが、かさばるペットボトルの収納にお困りではないだろうか。効率よく一箇所に保管できる収納用品や、冷蔵庫内でもちょっとしたものですっきりさせることができる。こういった情報を詳しくまとめたので、ご家庭に合う方法を見つけてほしい。

1. 大量のペットボトル収納にはラックがおすすめ

大量のペットボトル飲料を常温保存することもあるだろう。収納する本数が多いので、出し入れしやすく見た目もすっきりさせたいところだ。一箇所にまとめて保管するなら、ラックタイプの収納用品がおすすめだ。そのメリットや特長を紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。

ラックタイプのものは、種類にもよるが、大量の本数を収納したり、ちょっとした隙間などのスペースを活用できるのが特徴だ。扉がないものは出し入れがしやすく、取り出すことの多い飲料の保管もしやすい。また、見た目もシンプルできれいになるのもメリットだ。

また、ペットボトル以外のボトルも収納できるものでは、日常的によく使う調味料やワインなどを収納するのもいいだろう。そのほか、キャスター付きや天板の上にものを置くことができるラックタイプなど、さまざまな種類があるので、ご家庭の状況に合わせて選ぶとよいだろう。

2. キャスター付きワゴンでペットボトルを管理するのも効率的

大量のペットボトルを購入することはあるものの、先に紹介したラックなどを使って一箇所に保管するのではなく、数本だけ取り出しやすい所に置き、残りはシンク下の棚に保管するといった場合もあるだろう。その際は、キャスター付きのキッチンワゴンを使ってみてはどうだろうか。その特長とメリットを紹介するので検討してほしい。

キャスター付きのキッチンワゴンは3段程度の棚であり、天板に電子レンジなどが置けるタイプもある。調味料や食器類などをまとめて収納でき、サイズによってはペットボトルも十分に保管することができる。ペットボトルの収納以外にもいろいろ使えるのが特長だと言えるだろう。また、デッドスペースの無駄を省くことができるスリムなタイプもあるので、ご家庭の状況に合わせたキャスター付きのワゴンを選べば機能的な収納環境を作るのに一役買ってくれることだろう。

3. 冷蔵庫内でのペットボトル管理も効率的に

常温保存の方法を紹介してきたが、ペットボトル飲料は冷蔵庫で保存することも多いだろう。そこでここからは、冷蔵庫内で効率よくペットボトルを保管する方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてほしい。

ペットボトルは冷蔵庫のドアポケットに入れるのが定番だが、収納本数が限られているので、ほかの所にも保管できる方法を紹介しよう。ポイントとしては、バスケットやブックエンドなどを使うことだ。バスケットは詰めて収納できるのでスペースの無駄がなくなる。また、ブックエンドは横向きに収納できるので、見やすく、そして取り出しやすくなる。このように、ちょっとしたものを使うだけで冷蔵庫内の収納は効率的にできるので、ぜひ試してみてほしい。

結論

安くなるからと、ついつい本数を多く買いがちなペットボトルだが、常温での保管はラックやワゴンを使用し、冷蔵庫内でもちょっとしたもので改善可能だということを理解していただけただろう。ぜひ、今回紹介した方法を使ってペットボトルの保管を効率的にするきっかけにしてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ