このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

やかんの正しいお手入れ方法。南部鉄器・銅・ホーローはどう洗う?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月 1日

普段の生活でどのご家庭でもよく使われているやかんには、さまざまな種類があり、それぞれに正しいお手入れの方法がある。意外にもその正しいお手入れ方法はあまり知られていない。そこで、やかんのお手入れ方法を種類別で紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 南部鉄器、銅などのやかんのお手入れ方法

やかんにはさまざまな種類があるので、それぞれのお手入れ方法を知っておくことが大事だ。そこで、まずは銅製のやかん、南部鉄器のやかんのお手入れの手順をみていこう。

銅のやかんには中性洗剤を使う

銅のやかんは熱伝導がよいという特徴があり、お湯が沸くのが早いことで知られている。さらに、湧いたお湯が冷めにくいというメリットもある。銅のやかんを使用する際には、火加減は最大で中火までとして、使用後はやわらかいスポンジと中性洗剤で洗う。

酸性、アルカリ性などの有機物が触れると変色しやすくなるので注意が必要だ。しまう際には、キッチンペーパーなどで水気をしっかり拭き取ることがサビ対策につながるので大切だ。

南部鉄器のやかんは乾燥させるのがポイント

南部鉄器のやかんを使用するときには、最初にならし作業をしよう。はじめに割れや破損がないかチェックしてから、やかんを軽くすすぎ、水を8分目まで入れて中火であたためる。沸騰したらお湯を捨てて、3回程度繰り返したら、ならし作業が完了だ。

南部鉄器は、使用後お湯を残さずにポットなどに移してすぐに乾燥させる。サビを防ぐためにも、表面をキッチンペーパーなどで拭いたら、軽い空焚きで内側もしっかり乾燥させてから、保管するようにしよう。

2. 最近人気、ホーローのやかんのお手入れ方法

鉄の上からガラス繊維をコーティングしたやかんのことを、ホーローやかんという。ホーローやかんの魅力は次のとおりである。

ホーローやかんの魅力

・熱に強く耐久性に優れている
・色や形の種類が豊富
・においが移りにくい
・デザインがおしゃれ

また、ホーローやかんには、お手入れ次第で非常に長持ちするというメリットもある。

ホーローやかんの正しいお手入れ方法

ホーローやかんを使い始める際には、まず食器用洗剤を使い、スポンジで力を加えずに優しく洗う。使い終わったら同じように洗って、しっかりと乾燥させる。乾燥させずに水気が残るとホーローやかんのサビの原因に繋がるので注意しよう。

もし、汚れが気になったら、重曹を使ってお手入れをする方法がおすすめである。布を水で濡らして重曹をふりかけたら、汚れの目立つ部分にぬり、少しの間放置する。その後、再び重曹をつけた布で拭き取る。そうすることで、普段の洗い方で落ちなかった汚れも簡単に落とすことができるのだ。

汚れたやかんを洗う際には、部分によって重曹やクエン酸を使い分ける方法がある。しかし、重曹やクエン酸は素材によっては適していないこともあるので注意が必要だ。

3. やかんのお手入れには重曹が最適

やかんを使用していると、注ぎ口に水垢や茶渋などが蓄積することがある。それをお手入れする際には、クエン酸を使う方法がある。

やかん注ぎ口の掃除方法

1.水約1リットルに対し、クエン酸小さじ約1杯を入れたやかんを10分程度あたためる。
2.そのまま一晩放置
3.翌朝、中の水を捨ててスポンジなどで優しくこする
4.すすいだあと乾燥させる

注ぎ口が狭い場合には、専用のブラシを使うなどの工夫をすることで、汚れをきれいに落とそう。
では、次にやかんの外側をきれいにする方法について解説する。

料理中、やかんに油などが飛び散ってしまうことで、やかんの表面が汚れることがある。そんなときに役立つのが重曹だ。

重曹を水に溶かさず、粉のまま汚れた部分にふりかけ、乾いたタオルやスポンジで軽くこする。その際に重曹の研磨効果で傷にならないよう、やわらかいスポンジを使用することをおすすめする。

汚れがひどい場合、重曹水で一晩つけ置きすると汚れが浮き出て簡単に落とすことができる。ただし、アルミ製のやかんの場合は、黒ずみの原因になるので重曹の使用は避けよう。そのためにも、あらかじめ製品の素材はチェックしておくことが大事だ。それぞれの部分の正しいお手入れ方法で、やかんを清潔に保とう。

結論

使用頻度の高いやかんのお手入れは、日頃からこまめに行うことで、きれいな状態で長持ちさせることができる。そのため、見えない内側の汚れなども定期的にチェックすることをおすすめする。素材によって異なるやかんのお手入れ方法を知ることで、より長持ちさせるように心がけよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ