このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トイレの床はもっときれいになる!掃除やシートで雰囲気を明るく

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

トイレ掃除をするとき、床まできれいにしているだろうか。床に汚れが残っていると、においの原因になることがあるため、材質ごとに適切な方法で掃除してみよう。シンプルなトイレの床に飽きているなら、シートを使えば簡単に模様替えすることも可能だ。きれいで明るいトイレの床を目指してみてはどうだろうか。

1. トイレのにおいの原因は床かも?自然素材でしっかり掃除しよう

トイレの床には、ほこりや尿などの汚れがたまっている。便座だけでなく床もきれいにすることで、トイレのむっとしたにおいを軽減できる可能性がある。

トイレの床の掃除方法

ここではタイル以外の素材でできた床の掃除方法を解説する。タイル製の床には掃除の注意点があるため、次の項で触れる。まずは掃除機で大きなほこりを吸いとる。これだけでは床に細かなほこりや尿の汚れが残っているので、拭き掃除もセットで行う。

床が表面加工されている場合は、重曹水かセスキ水をトイレの床に吹きかけ、布で水拭きする。重曹やセスキが持つアルカリ性の成分は、ほこりや尿といった酸性の汚れを中和することができる。最後にクエン酸水をスプレーし、別の布で水拭きしよう。クエン酸は尿の持つアンモニア臭を中和する作用があるため、消臭剤の代わりに使うことができる。

床が表面加工されていない木材でできている場合、傷みの原因となるため重曹やセスキを使って掃除することができない。代わりにトイレ用クリーニングシートで拭き掃除をし、仕上げにクエン酸水をスプレーしておこう。

トイレにマットを敷いている場合

トイレの床にマットを敷いている人も多いだろう。マットにも汚れが蓄積されているので、クエン酸水をスプレーして消臭しよう。洗濯できるマットの場合は、こまめに洗濯しておきたい。

2. タイルでできたトイレの床は要注意!目地を傷付けない掃除方法

トイレの床にタイルが使われている場合は、掃除用の洗剤を慎重に選びたい。洗剤の種類によっては、タイル同士を接着させている目地と呼ばれる部分を傷付けてしまうおそれがあるので、適切な掃除方法を確認しよう。

タイル掃除に使えない洗剤

クレンザーや酸性洗剤はタイル掃除におすすめできない。クレンザーには研磨剤が含まれており、タイルの表面を傷付けてしまう。尿などの汚れと相性のいい酸性洗剤も、タイルの目地掃除には向いていない。目地に使われることの多いセメントは、主に石灰から作られており、アルカリ性の性質を持っている。

アルカリ性の素材は酸性洗剤によって劣化するおそれがあるので、掃除にどうしても使いたいときは水で薄めて短時間で拭きとるようにしよう。トイレ掃除によく使われるクエン酸も酸性なので、目地に触れないよう慎重に使おう。

タイルの掃除方法

タイル表面のほこりはトイレ用クリーニングシートで拭き取ろう。ほこりが残ってしまう場合は、水で湿らせた布に重曹の粉を振りかけ、タイルを拭いてもよい。重曹を使ったあとはしっかり水拭きして、溶け残った粉がタイルに残らないようにしておこう。

目地を掃除するときはカビ取り用の塩素系漂白剤を使用する。掃除中ににおいが発生するので、十分に換気した状態でとりかかろう。まず、肌を漂白剤から保護するためにゴム手袋を着用する。タイルの目地に塩素系漂白剤をスプレーし、キッチンペーパーをかぶせて10分程度放置しよう。キッチンペーパーをはがし、歯ブラシやスポンジで目地を磨く。しっかりと水拭きして漂白剤を落とせば、目地がピカピカになるだろう。

3. 手軽にトイレの模様替え!床用シートを使ってみよう

トイレの床が殺風景だと感じたことはないだろうか。床が明るくなると、トイレ全体の雰囲気がガラッと変わる。床を張り替えなくてもできる模様替え方法を紹介する。

模様替えに便利なシートとは

床の上から貼るだけで使える床用シートにはさまざまな柄があり、自分の好みに合わせて自由にアレンジすることができる。やわらかいクッションフロアシートや、抗菌シート、防カビ効果のあるシートなどもある。水や汚れに強く、シートをサッと拭くだけできれいになるので掃除しやすい。

トイレの床にシートを貼る方法

好みの柄のシートを買ってきたら、床の大きさに合わせて切り分けよう。サイズを図るときはメジャーを使い、便座から壁までの距離をていねいに測っておくと、仕上がりがきれいになる。メジャーがないときは、トイレの床に新聞紙を敷き詰めてマスキングテープで貼り合わせると、型紙を作ることができる。排水管や便座付近には、短冊状に切った新聞紙を使うと型紙を作りやすい。

できあがった型紙を外すときは便座の後ろあたりで切断するとよい。次に、測ったサイズや型紙に合わせてシートを切る。トイレの床に置いてみて、サイズがあっているか確認しながら微調整しよう。

トイレの床をきれいに掃除したら、いよいよシートを貼っていく。シートの裏面がシール状になっている場合は剥離紙をはがすだけで貼ることができる。シール部分がない場合は床に両面テープを張り、剥離紙をはがしてからシートをかぶせる。両面テープは。貼ってはがせるタイプのものを使うと、張り替えが簡単になる。

結論

トイレの床には、ほこりや尿の飛沫がたまっているため、トイレ用クリーニングシートや重曹などを活用してきれいにしよう。床にタイルが使われている場合は、目地を傷付けないために、クレンザーや酸性洗剤は用いないようにしたい。床の雰囲気を変えたいときは、床用シートが便利だ。初めて貼るときは時間がかかるかもしれないが、好みのデザインに生まれ変わったトイレを見ていると、達成感がわいてくることだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ