このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

毛布の収納どうしてる?来シーズンも心地よく使うための収納法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月15日

毛布は寒い季節の就寝時には、温かくて重宝するものだが、ほとんどの人が暖かい季節になると長期間収納しているハズだ。そんな毛布は収納前にきれいにしたとしても、次のシーズンに使うときには、嫌なにおいがしたりすることがある。それを防ぐためには、どのような方法があるのだろうか。今回は、毛布の正しい収納方法について解説する。

1. クローゼットに毛布を収納する際の注意点

毛布を収納する際には、さまざまな点を注意したほうがよい。中でも特に注意が必要なのは、湿気対策で、毛布を長期間収納すると、湿気がこもることでカビが繁殖してしまうことがある。それを防ぐための方法について紹介する。

湿気を除去する

人は寝ているあいだに、コップ一杯分の汗をかくといわれている。そのため、寒い季節とはいえ毛布には汗がしみ込み、湿気がこもり、それをそのままクローゼットなどに収納すると、カビの原因になる。

そのため、毛布は収納する前にきちんと洗濯して乾燥させる必要があるのだ。天気などの都合で乾燥させることが難しい場合には、クリーニングに出すことをおすすめする。自宅で洗濯をした場合、しっかり乾燥してからブラッシングするなどして、ほこりを取り、毛並みを整えてから収納しよう。

物を詰め込みすぎない

押し入れやクローゼットの中は風が通らないため、カビが繁殖しやすい環境だ。そのため、しっかり乾燥させてから収納しても、湿気がこもり、カビが繁殖してしまうこともある。それを防ぐ方法としては、押し入れやクローゼットの中をきれいに整理整頓し、物を詰め込まないことが大事だ。さらに、除湿剤を入れて、こまめに扉を開けて風を通すと、よりカビの繁殖を防ぐことができる。さらに、最近では毛布を収納する際に便利なケースがあることで注目を集めている。

2. 毛布を収納する際に便利なケースとは

毛布をクローゼットや押入れに収納する際に便利な収納ケースはさまざまあるので、おすすめのものを紹介する。

押入れにしまうタイプの収納ケース

押入れにしまうタイプの収納ケースは、種類が豊富にあるが、通気性がよい素材のものが多い。さらに、毛布を2〜3枚収納できるものから、立てて置けるものなどといったアイテムもある。また、重ねて置けるタイプのものもあるので、クローゼットや押入れのタイプにあったものを選ぼう。

ベッドの下にしまうタイプのケース

ベッドの下のスペースを活用し、毛布を収納するのに便利なケースがある。高さがなくしっかりした作りのケースであれば、ベッドの下に収納し、簡単に取り出すことができる。最近では白や黒のモノトーンカラーのものもあり、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことが可能だ。

通気性がよく、見た目もいいものが豊富にあるので、空いたスペースを有効に活用して収納することをおすすめする。最近ではインテリアショップなどで、おしゃれなデザインの収納ケースや、おしゃれで便利な箱などを購入することができるということで話題となっている。そんなおしゃれな収納グッズを紹介する。

3. 毛布をおしゃれに収納するグッズ

収納スペースが狭いため、毛布を収納することが難しいという家庭も珍しくはない。そんな家庭におすすめのおしゃれな収納ケースや箱を紹介する。

折りたたみ可能な収納ケース

折りたたみ式のランドリーボックスはよく見かけるが、最近では毛布の収納ケースとして使えるものがあり、話題となっている。折りたたみラウンドバスケットは、おしゃれなデザインのものが多く、ランドリーボックスや毛布の収納ケース、ゴミ箱や小物入れなど、さまざまな使い方ができる。無印良品やニトリのものが人気で、他には通販サイトなどでも似たような商品が売っている。

毛布を使わないシーズンには収納ケースとして活用し、それ以外のときはほかの使い方ができるというところも魅力的なアイテムだ。

クッションタイプの収納ケース

毛布の収納グッズの中には、収納した毛布をそのままクッションにできるタイプのものがある。このタイプの収納ケースは、種類が豊富にあるため、好みに合ったものを選ぶことが可能だ。そのため、インテリアを楽しむことができるというところも人気の秘訣だ。ケースに収納したあとしまう必要がなく、使うときにすぐに取り出すことができる。一人暮らしで収納スペースが確保できない場合などに、クッションタイプの収納ケースは非常におすすめのアイテムだ。

結論

毛布の正しい収納方法やおすすめ収納グッズを知ることで、これまでより上手に収納することができるのではないだろうか。収納スペースが狭いなどの悩みを持つ人にとって、おすすめの収納グッズは豊富にある。そのため、インテリアショップなどに行った際にはチェックしてみることをおすすめする。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ