このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ダウンジャケットの洗い方知ってる?自宅で洗濯してコスパ良く保存しよう

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月15日

冬に活躍したダウンジャケットはクリーニングに出さなければ洗うことができないと思っている人が多いのではないか。しかし、ダウンジャケットは種類によっては自宅で洗う方法がある。シーズンが終わりクローゼットにしまう前に綺麗に洗いたいという人のために、ダウンジャケットの洗い方について解説していく。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 自宅の洗濯機でダウンジャケットは洗える?

ダウンジャケットは自宅の洗濯機の洗濯槽を使って手洗いすることができる。その際には必ず洗濯表記を確認する必要がある。洗濯をしてもいい場合でも、帽子の部分にファーがついているタイプのものは必ずファーを外してから洗濯しよう。では、洗濯槽でダウンジャケットを洗う手順についてみていこう。

洗濯槽でダウンジャケットを手洗いする際の正しい手順

洗濯機に入れる前に、まずはダウンジャケットの汚れがひどい部分を洗う。スポンジにおしゃれ着用洗剤を水で薄めたものを含ませ、優しく叩くとよい。そして、洗濯槽を桶の代わりにして押し洗う。その際には、ファスナーをしっかりしめた状態で、水30Lに対しておしゃれ着用洗剤を40ml入れる。水の温度は30℃以下が最適だ。

手洗いするとき、洗濯槽の中を手で40回ほど上下にかき混ぜると、全体がきれいになる。もみ洗いするとダウンを傷つけることがあるので、優しくかき混ぜるよう心がけよう。

2. コインランドリーでダウンジャケットを乾燥させる

自宅の洗濯機を使ってダウンジャケットを洗濯したら、しっかり泡がなくなるまで2〜3回水を替えながらすすぐ必要がある。それが済んだら乾かすのだが、ダウンジャケットは乾燥が非常に大切だ。しっかり乾燥させなければ、ふわふわ感が失われてしまうこともある。そのため、洗濯が済んだら乾燥機を使って乾燥させるのがおすすめだ。

ドラム式の洗濯機は、乾燥機能が優れているが、最近では縦型洗濯機にも乾燥機能が搭載されたものも増えつつある。自宅の洗濯機に乾燥機能が搭載されていない場合には、コインランドリーの乾燥機を使って乾燥させる方法もある。

コインランドリーの乾燥機は安さが魅力

ダウンジャケットはクリーニングに出すと2000〜3000円ほど費用がかかる。しかし、自宅で洗濯してコインランドリーの乾燥機で乾かすと、手間はかかるが300〜500円ほどの費用で済む。コインランドリーのドラム式乾燥機は、ガス式のものが多く、パワフルな場合が多い。そのため、使う際には低温に設定すると、ふわふわとした仕上がりになるのでおすすめだ。ダウンジャケットを洗濯する際には、洗い方はもちろんだが、しっかり乾燥させることが大切なので覚えておこう。

3. ドラム式洗濯機でダウンジャケットを洗う注意点

ダウンジャケットは縦型洗濯機より、ドラム式洗濯機で洗う方が向いている。ダウンは水に浮きやすいため、縦型洗濯機の場合バスタオルにくるむなどの工夫が必要なのだが、ドラム式洗濯機で洗う際にはそうした手間が省けるのだ。しかし、ドラム式洗濯機でダウンジャケットを洗う際には注意すべき点もある。
  • ドライコースまたはウールコースで洗う
  • おしゃれ着用洗剤を使用する
  • しっかり乾燥させる
洗濯機によってはドライコースやウールコース以外にも、手洗いコースなどといった優しく洗うコースが設定できること場合もある。ダウンジャケットは非常にデリケートなので、ドラム式洗濯機で洗う場合にはあらかじめコースを確認することが大事だ。通常のコースで洗うと、形が崩れたり、ふわふわ感がなくなったりするなど、品質に悪影響を及ぼすことがあるので注意が必要だ。

4. ダウンジャケットに柔軟剤は使用していいの?

ダウンジャケットを自宅で洗濯するとき、ほかの服と同じように柔軟剤を使用していいものか悩む人がいるようだ。ダウンジャケットを洗う際に使用するダウン専用の洗剤には、油分が含まれていて、仕上げに柔軟剤を入れる必要はない。

しかし、中性洗剤を使用してダウンジャケットを洗う場合には、ダウンに含まれている油分を中性洗剤が落としすぎてしまうため、柔軟剤を入れることもあるのだ。使用する洗剤によって柔軟剤を入れるかどうかは異なるので、あらかじめチェックしておくことが大事だ。

ダウンジャケットの畳み方

ダウンジャケットを洗い、乾燥したら、クローゼットにしまうのだが、その際に適したたたみ方がある。まず、ファスナーをしめ、袖をクロスするように内側に折る。そして、襟のほうから巻いていく。巻いた状態でクローゼットに保管すると、場所を取らないのでスペースを有効活用できる。ダウンジャケットを洗う際には、乾燥させてクローゼットにしまうまでの作業をしっかり完了させることで、形が崩れたりすることを防ぐことをおすすめする。

結論

ダウンジャケットを自宅で洗う際には、ほかの服と同じように洗濯機にかけることができない。しかし、自宅の洗濯機で洗う方法もあるので、手間はかかるが費用を安く抑えるにはおすすめだ。ダウンジャケットをより長く大事に着るためにも、洗い方やしまい方には最善の注意を払うよう心がけよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ