このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

掃除を簡単に終わらせる方法は?「重曹」のおすすめ使い方を伝授!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月20日

重曹は掃除に使うもの、ということを知っている人は多いだろう。しかしその効用をきちんと把握しながら使っている人は少ないかもしれない。重曹の成分や効能を理解すればより一層、効果的な使い方ができるだろう。掃除と掃除以外での簡単&おすすめの重曹活用方法を紹介する。

1. どんな汚れに有効?掃除のための重曹の効果的な使用方法

重曹は掃除用品として、もはや定番のアイテムだ。しかし重曹がどのような汚れに適しているかを正確に把握しているだろうか。より効果的に重曹を活用するために、成分や効果を見直してみよう。

重曹の成分とは

重曹の正式名称は「重炭酸曹達」であり、炭酸水素ナトリウムという弱アルカリ性の成分だ。掃除用のほか、食用で使う場合はアク取り、膨らし粉など様々な用途に使うことが可能である。

重曹が効果的な汚れ

アルカリ性と酸性はお互いが中和しあうことから、アルカリ性の洗剤は酸性の汚れに強く、酸性の洗剤はアルカリ性の汚れに強い。アルカリ性である重曹が効果を発揮する酸性の汚れとは、油、皮脂、カビなどとなるので、キッチンやダイニング、風呂場の一部などが活躍の場であると言えるだろう。逆にアルカリ性である水垢や、人の分泌物による黄ばみなどの汚れには効果的ではない。

重曹の注意点

小さな子供がいる家庭では、掃除用だとしても食用の重曹の使用をおすすめする。万が一子どもが重曹そのものや、重曹での拭き掃除後の床やテーブルなどに触れたり、舐めたりしても安心だ。

重曹と同じアルカリ性だが、塩素系漂白剤のように「強」アルカリ性の場合、その特性から素手で使用すると肌荒れを起こすことがある。重曹は「弱」アルカリ性なため安全性が高いが、高濃度の重曹に長時間触れる時は、ゴム手袋を使用した方がよい。

2. 簡単&おすすめ 掃除用の重曹グッズの作り方

毎日の掃除には、作り置きの重曹スプレーがおすすめだ。キッチンやテーブルを、サッとスプレーして簡単に汚れが拭き取れる。時間がある週末には粉末のまま研磨剤やペーストにして使い、溜まった頑固な汚れをスッキリさせよう。簡単&おすすめの重曹グッズをいくつかご紹介する。

手作り重曹グッズ

重曹スプレー

市販のスプレーボトルに水500mlと大さじ2杯程度の重曹を入れて混ぜるだけだ。水の量に対し5~6%の目安で考えておけばよい。食用の重曹が500gで300~400円ほど、市販の重曹スプレーが1個(400ml)で400円ほどと考えると、手作り重曹スプレーのコスパのよさは一目瞭然である。

重曹研磨剤

頑固な汚れには粉末のまま研磨剤として使用することもできる。

重曹ペースト

スプレーや粉では落としにくい凹凸部分の汚れには、水に対し2~3割の重曹を混ぜて、重曹ペーストとして使用しても簡単で便利である。

重曹の消費期限

重曹の消費期限は3~5年程で設定されていることが多いが、自分で重曹スプレーを作る場合は1週間程度で使い切るのがおすすめである。

3. 掃除のあとはお風呂で温まろう。重曹入浴剤で体もキレイに

少し意外かもしれないが、重曹は入浴剤としてもおすすめである。重曹を入浴剤として使用したときに期待できる、代表的な効果を4つ挙げてみよう。

重曹入浴剤で期待できる効果

肌がツルツルに

重曹は弱アルカリ性なため、入浴剤として使用すると人間の皮脂と中和し、毛穴に詰まった汚れなどを落としやすくしてくれる。重曹を使ったピーリング効果のおかげで、お風呂に入るだけで肌がツルツルになり、美肌が期待できるのだ。

体臭予防

重曹を入浴剤として使うと、体臭にも効果があると考えられている。体臭の主な原因は、皮膚に溜まった皮脂などの汚れの酸化によるものだ。弱アルカリ性の重曹のお風呂に入れば、この汚れを中和してくれるため、体臭を抑えてくれるのだ。さらに、重曹の殺菌効果により、皮脂内の細菌の繁殖が抑制されるため、体臭予防の効果も高い。

温熱効果、血行促進

重曹は市販されている入浴剤の主成分でもある。重曹のお風呂に入ると身体が芯から温まり、冷え性の予防や改善、血行促進の効果も期待できる。

バスタブ、排水溝の掃除

重曹入浴剤は、お風呂の水を流す際に排水溝の汚れまで流してくるという清掃効果もある。きっちり湯垢を落としたい場合は一晩お湯を張ったままにしておいて翌日に流すと、より高い効果が望める。

重曹入浴剤の作り方

重曹を入浴剤として使う場合は、お湯200リットルに対し大さじ1~3杯ほどが目安で、週に1度くらいがおすすめだ。お風呂用には食用か薬用を使用しよう。

結論

掃除用品の1つとしてしか知らなかった重曹も、その効能や活用方法を知ることにより、日常生活に欠かせない、より身近なアイテムとなったのではないだろうか。日用品のコスト削減のためにも重曹はおすすめだ。まずは手作り重曹スプレーを日々の食卓や台所の掃除に使い、週末には余った分で入浴剤やお風呂掃除などに使ってみることから始めてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ