このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

髭剃りの処分どうしてる?刃と本体で捨て方が異なることもある

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月29日

男性にとって髭剃りは身だしなみを整えるための大事なものであるが、毎日使っていると定期的に買い替えが必要になる。古くなった髭剃りは不燃ゴミなのか、ほかの処分方法があるのかを調べ、正しく分別しなければならない。そこで、髭剃りの正しい処分方法について解説していく。

1. 髭剃りは不燃ゴミとして処分できる?

髭剃りを処分するのは買い替えのタイミングが一般的だろう。まずは高価な電動シェーバーの買い替えの目安となる例を紹介する。

●電気シェーバーが壊れた
●充分に剃ることができなくなった
●機能に問題が生じた
●充電の持ちが悪くなった

このような症状が出たら、買い替えを検討する必要がある。とくに、まだ使えてはいるが充電の持ちが悪くなったらそろそろ寿命である可能性が高い。電動シェーバーでもT字カミソリでも、処分方法は自治体によって異なるが、一般的に不燃ゴミとして処分することができるところが多い。

電動シェーバーは自治体によっては不燃ゴミとは別に、小型家電として回収している場合もある。その場合、電動シェーバー本体が何でできているかによって判断することになるので、自治体のサイトなどでよく確認しよう。

では、髭剃りの刃の不燃ゴミとしての正しい処分方法について解説しよう。

2. 髭剃りの刃の処分方法

髭剃りの刃は金属なので、不燃ゴミとして処分するのが一般的だ。処分する際には、自治体によって以下のようなルールがある。

●付属のケースやカバーを付ける
●新聞紙や厚紙で包み、刃が露出しないようにする
●指定された袋に入れる
●袋に「キケン」と書いてゴミの日に出す

また、髭剃りは刃と本体で捨て方が異なることがある。本体がプラスチック製で刃が取り外し可能な場合、本体は刃とは別にプラスチックゴミとして処分する。本体が金属製の場合には、刃と一緒に不燃ゴミとして処分することになる。なお、刃を捨てる際には自治体ごとのルールを守り、危険のないよう注意を払うことが大事だ。

T字カミソリで刃が交換できるタイプの場合、替刃は不燃ゴミとして処分する自治体がほとんどだ。しかし、両刃タイプなどすべて金属の替刃は金属類に分別される場合もあるので、しっかり確認してから処分しよう。

電動シェーバーを処分する場合には、電池は必ず抜いて、それぞれ正しい方法で処分するよう注意が必要だ。電池が内蔵されているタイプは、むやみに取り出そうとせずメーカーや自治体に問い合わせをしよう。

髭剃りの処分方法はゴミとして処分する以外にも、リサイクル業者に依頼するという方法もあるのでその方法についてみていこう。

3. リサイクル業者に依頼する方法とは?

髭剃りの処分方法として、電動シェーバーの場合にはリサイクル業者に依頼する方法がある。主な回収方法は以下の2つだ。

●宅配便を使い、自分で直接回収業者に電動シェーバーを送付して回収してもらう
●回収業者に自宅まで来てもらい回収してもらう

どちらの場合でも業者によって定められた手数料や宅配便の料金などがかかるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめする。リサイクル業者に依頼するメリットとしては、ゴミとして捨てるより環境にいいということだ。リサイクル業者を選ぶ際には、一般廃棄物収集運搬許可を持った業者を選ぶようにしよう。

また、回収料金が明確に提示されないなどの場合、後々料金に関するトラブルが起きる可能性があるので注意が必要だ。髭剃り一つでリサイクル業者に依頼することはあまりないかもしれないが、料金は依頼する前に必ず確認しておこう。

その他、自治体でリサイクルを行っている場合には、回収ボックスを利用して処分すると料金がかからないのでおすすめだ。環境を考えてリサイクル業者に依頼する人も多いが、依頼する前にメリット、デメリットをしっかり知っておく必要がある。

結論

髭剃りの処分方法は、種類や自治体によってさまざまなルールがある。ちなみに、まだ使える電動シェーバーはリサイクルショップに売ることができる場合もある。メーカー品で状態が綺麗なものであれば、リサイクルショップを利用する方法もあるので覚えておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ