このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

知れば欲しくなるステンレス製の電気ケトル!保温性などメリットを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年5月31日

ポットが主流であった時代から、今では電気ケトルが便利なキッチン家電として人気を集めている。電気ケトルにはさまざまな種類が販売されているが、そのなかでもおすすめなのがステンレス製の電気ケトルだ。電気ケトルはそれぞれの素材によって特徴があるが、なぜステンレス製のものがおすすめなのか、その理由や特徴などについて紹介しよう。

1. ステンレス製の電気ケトルがおすすめな理由

昨今、ステンレス製の電気ケトルは数多く販売されており、幅広い層から指示されている。電気ケトルにはさまざまな素材のものがあるが、なぜステンレス製が人気なのだろうか。ここでは、おすすめの理由とともに人気の秘密を探っていこう。

強度

ステンレス製の電気ケトルは耐久性に優れているため、壊れにくく傷つきにくい。万が一電気ケトルを落としてしまった場合でも、強度があるおかげで故障しにくいため、長く愛用することができておすすめだ。電気ケトルは頻繁に買い替えをするキッチン家電でもないため、耐久性があることは大きなメリットといえるだろう。

熱伝導性が高い

ステンレス製の電気ケトルは熱伝導性が高いため、沸騰するまでの時間が短いこともおすすめの理由の一つだ。熱伝導性が高いということは、調理などに使うお湯がいち早く沸くということである。それは、料理にかかる時間を短縮できたり、早くお湯が沸くことで電気代の節約に繋がったりもする。これにより、他の素材を使った電気ケトルよりも注目されることが多いのだろう。

スタイリッシュでおしゃれと人気

もちろん好みはあるが、ステンレス製の電気ケトルが選ばれる理由として、洗練されたおしゃれなデザインであることが挙げられる。シックでシンプルなキッチン家電にこだわりたい人にはとくに人気のようで、ほかの素材を使った電気ケトルに比べてスタイリッシュな雰囲気があると評価が高い。

2. ステンレス製の電気ケトルは熱い?

ステンレス製の電気ケトルは、見た目のおしゃれさや耐久性の高さなどから人気を集めているが、メリットの一つでもある熱伝導性の高さは危険を伴う可能性もあるということを認識しておいてほしい。ステンレス製の電気ケトルはやかんと同じく表面が熱いため、万が一肌がボディに触れてしまったら火傷をしてしまう可能性が極めて高い。

とくに子供がいる場合は誤って触ってしまうと一大事となるため、設置場所などに細心の注意が必要となる。おしゃれさにこだわるのもよいが、熱伝導性の高さがかえって危険になることも忘れてはならない。

また、熱いだけでなくステンレス製の電気ケトルは重さもあることから、非力な人や年配者が使用するときは取り扱いに十分注意したい。最近では表面が熱い状態になるのを防ぐため、二重構造になっている電気ケトルも販売されているが、念のためステンレス製には熱くなるデメリットがあることを頭に入れておこう。

3. ステンレス製の電気ケトルの保温性とは

電気ケトルを選ぶうえで保温性の高さは極めて重要なポイントだ。その点においてもステンレス製の電気ケトルは、一度沸騰させたらしばらく温度を保つことができるなど、保温性に優れているといえる。

また、全体がステンレスで作られている電気ケトルだけでなく、最近では保温性を意識し、内側だけステンレスを使い表面はプラスチックとなっている二重構造の商品も販売されている。上記に記載した熱さによる火傷を防ぐこともできるため、表面がステンレス製であるデメリットを排除したい人にはおすすめだ。

さらに、最近の電気ケトルには保温機能を兼ね備えている商品も販売されている。しかし、価格が高くなる点は否めない。そのため、内側にステンレスを採用しているものなどを購入し、できるだけ再沸騰をしなくても使える電気ケトルを選ぶ人も多い。保温性が高い電気ケトルを選べば結果的に沸騰させる回数を減らせるため、節約にも繋がるだろう。

結論

電気ケトルはさまざまな商品が販売されているが、おしゃれさにこだわる人はステンレス製を購入することが多いようだ。シンプルかつスタイリッシュな雰囲気はキッチンを彩ってくれるが、表面が熱くなってしまうという危険性も理解しておくことが大切だ。しかし、熱伝導性の高さからスムーズにお湯を沸かすことができる点は魅力的である。最近では火傷を防止するため二重構造になっている商品も販売されているので、購入前にはいろいろと調査してみてはいかがだろうか。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ