このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

A4サイズの幅は何cm?意外と知らない用紙のサイズ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 1日

A4サイズのノートや書類は一般的によく使われているが、具体的に何cmかと聞かれると意外とわからない人が多い。ビジネスで使うバッグを買うときなどに、正確なサイズを知らないと困ることがある。そこで、A4サイズの正確な大きさについて解説していく。

1. A4サイズって縦横何cm?

一般的に最もよく使われる紙は、A4サイズだ。ノートやコピー用紙など、A4サイズのものは全ての大きさが横21cm×縦29.7cmになっている。では、ほかのサイズの大きさもみていこう。

A4サイズ以外のサイズについて

A4サイズは大きさは横21cm×縦29.7cmだが、A3サイズはそれを2つ繋げた大きさなので、横29.7cm×縦42cmだ。A4サイズを半分にしたものがA5サイズで、縦14.8cm×横21cmだ。

ほかにも、B4サイズは横25.7cm × 縦36.4cmで、それを2つ繋げた大きさがB3、半分にした大きさがB5となる。新聞の折込チラシ、賞状などはB4サイズが大半だ。新聞の折り込みチラシは、片面にぴったり収まることから、B4サイズの場合がほとんど。それを踏まえると、紙のサイズは用途に適したサイズになっていることが多いことがわかる。

2. A4サイズ用の封筒の大きさについて

A4サイズの書類がぴったり収まる封筒は、角A4封筒だ。しかし、封筒のサイズはさまざまあり、どれが適しているのかわからないという人も多いので、A4サイズに適した封筒のサイズと違いについて詳しく解説する。

角A4封筒と角2封筒の違いとは?

角A4封筒は、横22.8cm×縦31.2cmの封筒で、A4 サイズの書類がぴったり収まるサイズになっている。角A4封筒には紙製のフォルダーやA4サイズのクリアファイルもぴったりと収まる。そのため、厚みのないA4サイズの紙などを1枚入れたい場合には、角A4封筒が適している。

一方角2封筒とは、横24cm×縦33.2cmの封筒で、角A4封筒に比べ若干サイズが大きい。そのため、冊子や束の書類など、厚みのあるA4サイズの紙を入れるのに適している。このように、同じA4サイズの紙を入れる封筒にも種類があるということを覚えておこう。

3. A4サイズの書類ケースの幅は何cm?

A4サイズの書類ケースの大きさは、一般的に横32.5cm×縦24.6cmの大きさが多い。しかし、種類によってどの程度の厚みの書類が入るかは異なるので、選ぶ際には注意が必要だ。書類ケースは、100均にも豊富な種類が揃っている。

コスパを抑えるなら100均の書類ケースがおすすめ!

100均の書類ケースは、コスパが良いことからさまざまな用途で活用されている。4サイズの書類の収納はもちろん、キッチン雑貨などの収納にも役立つことで話題となっている。キッチンで使う細々したものを収納する際に、重ねることができる書類ケースはスペースを有効に活用することができるのでおすすめだ。

透明で中身が一目でわかるので、調理器具や調味料などの収納にも非常に便利だ。書類を収納するためのケースとして知られている書類ケースだが、100均で手に入るということもあり、さまざまな用途で役に立っているようだ。

4. A4サイズにぴったりのビジネスバッグはNG?

社会人になり、初めてビジネスバッグを選ぶとき、どのくらいの大きさが適しているのか悩んでしまうものだ。よく使うからといってA4サイズの書類に合わせてバッグの大きさを選ぶのはNGだ。確かにA4サイズの書類は最もよく使われるかもしれないが、仕事で普段持ち歩くものはそれだけではない。
  • ノートパソコン
  • ファイルケース
  • 書類
  • 封筒
仕事で持ち歩くものの中には、ノートパソコンやファイルケースなど、A4サイズの書類より大きいものもある。そのため、それに適した高さ、幅、マチの3つの寸法を計って選ぶことが大事だ。

仕事で持ち歩くものの中で、最も大きいものに合わせたサイズのバッグを選ぶと困ることはない。一般的にB4サイズに対応したバッグのサイズであれば、ほとんどのビジネス資料や封筒が収まるので、ビジネスバッグを選ぶ際には寸法に注意して購入するよう心がけよう。

結論

A4サイズの大きさは横21cm×縦29.7cmなので、封筒や書類ケースはそれに合わせたサイズのものが多い。しかし、どの程度の量の書類を入れるかによって選ぶものは異なるので、具体的なサイズは知っておくことが大事だ。A4サイズの大きさを知るとビジネスシーンで役に立つことがあるので、覚えておくことをおすすめする。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ