このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ホットプレート収納は使用頻度で決める?箱や袋を使った簡単収納術

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年12月 9日

家族が集う週末やホームパーティーで活躍するホットプレートだが、その収納方法に悩んだことがある方も多いだろう。ホットプレートは意外と重量があり、サイズも大きいため、適した収納方法を見つけるのはなかなか難しい。どうすれば生活感のでない、かつ出し入れしやすい収納を実現できるだろうか。今回は、ホットプレートの収納アイデアについて、説明する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ホットプレートの収納場所は使用頻度で決める

ホットプレートが食卓に上がると、ウキウキとした気持ちになる人も多いのではないだろうか。ホットプレートは焼肉や鍋料理、ホットケーキやお好み焼き、餃子パーティーと、家族が集う食卓をイメージさせるアイテムのひとつだ。そんなホットプレートだが、頻繁に食卓に登場する家庭は、そこまで多くないはずだ。

その原因のひとつとして考えられるのが、ホットプレートの収納場所で、手軽に出し入れできない場所に収納されていると、つい手が伸びにくくなってしまう。キッチンアイテムの中でも存在感があるホットプレートを、いかにコンパクトに出し入れしやすく収納するかというのは、悩ましい問題だ。


ホットプレートは、毎日食卓に登場させるものではないため、戸棚の奥や食器戸棚の上など、取り出しにくい場所に収納している家庭も多いのではないだろうか。ホットプレートは大きく、重量もあるため、出し入れしにくい場所に置いてしまうと使うのが億劫になってしまうが、本来であればそのような事態は避けたいところだ。

もっと手軽に、気軽にホットプレートを出し入れすることができれば、食卓への登場回数を増やすこともできるだろう。そんな悩みを解決する、ホットプレートのコンパクトな収納方法を紹介する。

ホットプレートをコンパクトに収納するアイデアとして、以下のようなものがある。
  • 購入時に入っていた外箱を使った収納
  • 袋を利用した収納
具体的には、どのように収納をするのかを見てみよう。

2. 購入時に入っていた外箱で効率よくコンパクトに収納

ホットプレートを購入時の外箱に入れたまま収納するスペースがある場合は、そのまま収納するというのも、ひとつの方法として検討してほしい。購入時に商品が入っていたホットプレートの外箱を活用するというのは、スタンダードながらも実に理にかなった方法だ。ホットプレート専用に作られている箱なので、ジャストサイズでコンセントなどの付属品までしっかりと収納できるように作られている。

注意書きを確認したい時などにも、外箱が残っていると便利だ。その上、箱に入っているため、積み重ねやすいというのも、メリットといえるだろう。縦に置きたい場合にも、箱に入っていると安定するため、安心だ。

次に問題となるのは「箱に入れたホットプレートをどこに収納するのか」だ。これは、どの収納方法にも通じる点だが、ホットプレートの使用頻度によって置き場所を考えて欲しい。よく使う場合は、取り出しやすい冷蔵庫の上などに置くのもいいだろう。その場合は、直接冷蔵庫の上に置くのではなく、冷蔵庫上収納ラックとして販売されている物を活用すると、安全に収納することができる。

手の届きにくい戸棚にしまってしまうと、取り出すためにひと手間必要となるため、使用する際に億劫になってしまうのではないだろうか。生活感をなくすために扉のなかにしまうか、それとも手軽さをとるか、ホットプレートの使用頻度と自分が重要視するポイントをよく検討しよう。

3. 画期的!ホットプレートを袋でオシャレに収納

ホットプレートをオシャレに収納したいと考えるなら、ホットプレートを布の袋で収納するのもおすすめだ。ただ、ホットプレートを袋で収納したいと思っても、なかなかジャストサイズのものが見つけられないケースもあるだろう。だが、ホットプレートにぴったりの袋をわざわざ用意しなくても、問題はない。収納する袋は大きめの巾着袋など、どんなものでも大丈夫だ。あくまで、ホットプレートを傷や埃から守り、安全に保管することが目的と考えよう。

「ぴったりサイズのものが欲しい」「なかなか気に入ったデザインのものがない」そんな時は、少し手間だが自分で作る方法もいいだろう。袋に入れることでコンパクトにまとめることができるというのは、大きなメリットとなる。袋に収納するのが面倒、という場合は風呂敷などの大きな布で包んでしまうのもひとつの方法だ。

自分好みの柄を選ぶことができる点も、嬉しいポイントである。むき出しの状態や、ホットプレートの箱に入っているよりも見た目がおしゃれな雰囲気にできるため、冷蔵庫の上に無造作に置かれていても気にならないというメリットもある。

結論

ホットプレートが気軽に取り出せる場所に収納できていれば、食卓への登場回数もきっと増えるはずだ。使い勝手のよさを追求したい場合は、購入時に入っていた外箱でそのまま収納する方法や、袋を使ってすぐに取り出しやすい場所に収納する方法をおすすめしたい。自分たちのライフスタイルに合った収納方法を選べば、家族が集う食卓には欠かせないホットプレートを、もっと活用することができるのではないだろうか。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ