このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

収納ケースはどんなタイプがおすすめ?衣類の収納編

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月19日

衣類の整理整頓には欠かせないのが収納ケースである。いろいろなタイプが販売されているため、どれを選べばよいか迷ってしまうこともあるだろう。そこで、収納ケースの種類別のおすすめの使い方を紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 衣類収納にはこれ!おすすめの収納ケース

収納ケースといってもいろいろな素材、サイズがあるが、清潔感を重視するなら白で統一するのが美しくておすすめだ。クローゼットや押入れをあけたときに、同じシリーズの白い収納ケースがきっちりとおさまっているのは気持ちがいい。

最近は新しい機能の付いた収納ケースが開発されており、ホームセンターなどで見かけたことがある人も多いのではないだろうか。これまでは、白や透明のフタ付き収納ケースと箱型で引出しタイプの収納ケースが主流だった。今では、積み重ねたままで、フタがひらくタイプに人気があつまっており、色もカラフルなものが展開されており、好みでカスタマイズできる。

以前からある、フタ付きの重ねるタイプは、しっかりとほこりを防げるが、上に積んだものをどかさないとフタがあけられないため、頻繁に出し入れしたい場合はあまりおすすめできない。出し入れが面倒になると、衣類を入れっぱなしにしてしまうことになるので、よく考えて購入しよう。

押入れやクローゼットに収納するのではなく、部屋に置くなら、タンスのように衣類を収納できて、タンスほど重量がないチェスト型の収納ケースがおすすめだ。横幅や段数もバリエーションが多いため、部屋に合わせて気軽に購入できる。

念のため、収納ケースを購入する前の、大事なポイントを3つあげておくので、参考にしてみてほしい。

衣類の仕分けと整理

まず、どのくらいの衣類を収納したいのかを把握しよう。もう着ないと感じたら、思いきって捨てることも大切だ。

どこに衣装ケースを置くのかを決める

押入れやクローゼット、扉がしまるスペースなのか、見せる収納にするのかによっても、選び方が違ってくる。

置きたい場所の採寸

高さ、横幅、奥行きの3か所を正しくはかろう。扉の蝶番や左右の出っ張り部分は、思わぬスペースのロスになるため、確認しておく必要がある。

張り切って購入したものの、少しの誤差で入らない!なんてことにならないように事前にしっかり確かめておこう。

2. 衣類の片づけが楽しくなる!おしゃれ収納ケース

見た目がきれいなチェスト型は使いやすく、おしゃれなデザインのものがたくさんある。カラフルなプラスチック素材や、木の材質に見える重厚感のあるチェストなど部屋に合わせて選ぼう。シンプルで清潔感のあふれるインテリアを目指すなら、やはり白、もしくは木目調がいいだろう。

今使っているタイプが透明な収納ケースでも、あきらめることはない。クリアな収納ケースは、中味が見えてしまうのが難点だが、中に入れる衣類を美しく収納したり、正面にラベルを印刷したストライプや木材柄などの好みの紙を入れて、統一したりすることでおしゃれに変身させることができる。

ほかにも、白のプラスチックチェストが味気ないと感じるのなら、好みのウォ-ルステッカーを貼って、カスタマイズしてはどうだろうか。アイデア次第で、自分だけのおしゃれな収納ケースがつくれそうだ。

3. 100均は衣類収納アイテムの宝庫

ホームセンターには、かっちりした収納ケースがそろっているが、100均の収納アイテムもすてたものではない。たとえば、カラフルなスタックボックスを使ったり、ワイヤーネットで棚を作ったりと、手軽な収納が楽しめる。100均には仕切り収納に使えるアイテムが特に多いので、収納ケースの中にカゴを入れて仕分けるなど、細かい整理をする際にとても役立つ。

・ブックスタンドでたたんだ衣類を立てて収納する。
・仕切りケースでネクタイや靴下などの小物を整理する。
・ハンガーを統一させてきれいに見せる。

100均のアイテムでこれらの工夫を取り入れて、すっきりとした収納をめざしたい。

結論

収納ケースにはいろいろな種類があるが大事なのは、サイズと統一感なので、事前に購入計画を立てよう。すっきりとパズルのように収納ケースが埋まると、見た目も美しい。収納ケースの中は、衣類がごちゃごちゃにならないよう、100均の整理アイテムや仕切りアイテムを駆使するのがおすすめだ。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ