このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯機の蛇口の高さは変えられる?洗濯機の水栓トラブルを解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月20日

引っ越しや買い替えで洗濯機を設置しようとしたら、困ったことに蛇口の位置が合わない!そんなとき、別の洗濯機に買い替えるしかないのだろうかと悩んでしまうかもしれないが、実は水栓の位置を変える方法があるのだ。今回は、洗濯機の水栓について解説しよう。

1. 洗濯機の蛇口の高さは必ずチェックしてから置くべし

引っ越しや洗濯機の購入時、水栓の位置まできちんと確認できているだろうか。洗濯機の機能や価格、防水パンのスペースには注意がいくが、水栓の高さは意外と見落としがちな点だろう。これまで使用してきた洗濯機を引っ越し先の住居に取りつけようとしたら、蛇口の位置に洗濯機のふたや本体があたって設置できないというトラブルはよくあるものだ。

古い住居などでは、サイズの小さめな洗濯機に蛇口の位置を合わせて設計されていることがある。とくにドラム式洗濯機は高さがあるので、蛇口の高さが合わないケースは多い。また、蛇口の位置ではなく向きが合わないこともあり、その場合は洗濯機の給水ホースが繋げないという状況におちいってしまう。

水回りの工事は大掛かりで費用が高くなるし、賃貸住宅であればそもそも工事自体が難しいだろう。また、洗濯機もそう簡単に買い替えられる家電ではない。まずは購入や設置前に、水栓の高さや向きを確認しておくことが大切だ。

2. 洗濯機の水栓の位置を変える方法

前述したように、壁を壊して給水管の位置を変える大掛かりな工事は、費用も高くなり賃貸住宅ではほぼ不可能だ。しかし実は、水栓の位置変更は少しの範囲であれば工事をしなくても可能である。蛇口の取り付け位置を変えられるアダプターが販売されていて、ネットショップやホームセンターで購入が可能なのだ。

しかし、防水パンの位置がネックで洗濯機本体の位置が変えられないと、難しいというケースも存在する。そういう場合は、アダプターだけは自分で用意し、取りつけは業者に依頼するということも視野に入れよう。水漏れなど、不完全な設置によるトラブルを避けるためにも慎重な判断が望ましい。アダプターの購入代金に加えて、業者へ支払う工賃も発生してしまうが、洗濯機自体を買い直す手間や後々のトラブルの可能性を考えると、決して高い出費ではないと思えるだろう。

3. 洗濯機の水漏れ原因と対策

洗濯機の取りつけとともに、水漏れ対策も重要だ。水漏れの主な箇所と原因には、次の項目が多い。

蛇口の4本ネジの部分(ニップル部分)の水漏れ

→ネジの緩みやゴムパッキンの劣化

蛇口のナット部分の水漏れ

→接続の緩みや内部のゴムパッキンの劣化

給水ホースの接続部分の水漏れ

→ホースの亀裂や接続の緩み、ゴムパッキンの劣化

排水ホースからの水漏れ

→主にホースの亀裂や老朽化

水漏れ部分がわかれば、部品の交換で直るケースも多い。洗濯機の水漏れ防止策としては、以下も知っておこう。

・使用時以外は蛇口を締めて、余分な水圧がかからないようにしておく
・安全機能のついた自動止水栓に変える
・定期的にメンテナンスをする

洗濯機の蛇口は常に開けっ放しという家庭もあるが、地震などふとしたはずみで給水ホースが外れてしまう可能性も否定できない。使わないときには蛇口をしめておく癖をつけておこう。

集合住宅では階下への水漏れがとくに心配だ。最近は給水を自動停止する機能がついている、便利な自動止水栓も出回っているので、上手に取り入れていきたい。

結論

洗濯機の取り付けの際には、水栓の位置や向きも確認しておく必要がある。また、水漏れなど水回りの家電ならではのトラブルも、日常的に起こりうる。原因を知り、普段から積極的にメンテナンスを怠らず、対策を考えておきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ