このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スキレットのサビは簡単に落ちる?取り方から予防まで徹底解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月24日

スキレットは鉄製なので、本体にいつまでも食材を入れていたり、洗浄後に水分を残してしまうと簡単にサビてしまう。しかしサビたからといってすぐに買い換えるのは早計だ。まずはサビを取り除けるかを試して、問題なく取り除けたら合わせて手入れも行い、将来サビが発生しにくくなるように備えよう。今回はスキレットのサビの取り方と予防方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. スキレットのしつこいサビは重曹で落とす

スキレットのサビの取り方は、軽いものならたわしでこするだけだ。洗剤も不要で、洗浄は水だけで十分。サビを落とした部分は黒から灰がかった銀色になるので、サビをキレイに落とせたかの目安にすると良い。ただし料理に使った直後に急に水をかけてしまうとスキレットが割れる原因になるので、冷ましてからサビ取りを始めるようによう。

一方、たわしだけで落とせないような頑固なサビは、スキレットに水を入れて火にかけしばらく待つとサビが浮いてくるので、たわしで完全に取り除くと良いだろう。それでも残っているサビは、じゃがいも投入し、サビをこするようにして落とそう。じゃがいもの表面に塩を加える方法もある。

スキレットに水をいれて火にかける際、重曹を加えるという方法もある。浮かずに残ったサビも沸騰した段階で箸などを使ってこすれば簡単に落とすことができる。重曹の濃度が高ければ落としやすくなるので、量を増やしたり重曹のペーストをサビに塗るなどして場合によって使い分けよう。

スキレットの洗浄ではコーティングされている油も落とすことになるため、重曹や洗剤を使うのは好ましくないが、サビ取りでは結局コーティングが取れ、再度塗布することになるので気にする必要はない。

2. スキレットのサビを取ったら手入れをして予防

スキレットのサビを全て取り除いたら、新たにサビが発生するのを防ぐ手入れをしよう。手入れはシーズニングと呼ばれ、具体的にはスキレット全体に油をなじませる。スキレットはサビを取った後水で洗い流しているので、まずはコンロにかけて完全に乾かそう。スキレットが熱くなることも手入れには重要だ。

その後スキレット全体に油を塗っていく。塗り方は直接油を垂らして広げるか、布巾などに油を染みこませて拭くかのいずれかが良い。スキレットに手が触れる場合は、ミトンなどで覆い火傷しないよう注意する。油はオリーブオイルが望ましいが、なければ市販のサラダ油でも構わない。

油を塗り終えたら再度火にかけ、油が馴染んで表面のテカリがなくなるぐらいを目安にスキレットを焼いていく。油を塗っては焼くの手順を繰り返し、スキレットが茶色~黒に変わるぐらいまで続ければ完了だ。

3. IHコンロではスキレットを焼く作業ができない

スキレットのサビ取りにはもう1つ注意点がある。IHコンロでは乾燥や油をなじませるために必要な焼く作業ができない。IHコンロは温度調節が自動で行われるため、スキレットを焼くほどの高温にはならないからだ。料理にならばIHでも利用できるスキレットはあるが、サビ取りに使うなら説明書をよく確認し、問題のない場合のみ行おう。もし家のコンロがIHの場合は、携帯用のカセットコンロを用意しよう。

結論

スキレットのサビは、軽度であればたわしでこするだけでも落とすことができる。落とせない場合は中に水を入れて沸騰させたり、重曹を加えよう。サビが落ちたところは油のコーティングも落ちてしまっているから、シーズニングでならす必要がある。ただしIHのコンロではサビ取り・手入れともに使えない可能性があるため、ガスコンロやカセットコンロで代用するといい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ