このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯機の蛇口の水漏れトラブルを解決!修理や交換方法をご紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月26日

「締めたはずの洗濯機の蛇口から水がたれてくる」「蛇口をあけると別の部分からも水が漏れる」などの水道トラブルの経験はないだろうか?少しの水漏れなら、自分で修理や交換ができれば安心だ。まずは簡単な応急処置でもよいので、知っておこう。

1. 洗濯機の蛇口から水漏れする原因

洗濯機の蛇口は常に水圧がかっているため、水漏れが起きやすい場所だ。洗濯回数が多い家庭なら、その分振動や負荷も大きいだろう。水漏れで慌てないために、まずは蛇口の水漏れしやすい部分を細かくチェックしよう。

以下に水漏れしやすい主な箇所と原因を挙げる。

洗濯機蛇口のニップルからの水漏れ

ニップルは、給水ホースを4つのねじで固定するねじタイプと、給水ホースをワンタッチで取り付けられる蛇口一体型のものとがある。主にねじのゆるみやゴムパッキンの劣化が原因になることが多い。

洗濯機蛇口のナットからの水漏れ

ナットは、ハンドルの根元と蛇口先端の金属管の根元についている部品だ。ナットがゆるんでいたり、ゴムパッキンが劣化していたりすると、水漏れの原因になる。

洗濯機蛇口と給水ホースのつなぎ目からの水漏れ

蛇口との接続ナットの緩みや、止め具パッキンの劣化が主な原因。または、給水ホースの劣化や破損していることもある。

洗濯機蛇口と壁の接地面からの水漏れ

蛇口の根元が経年劣化でゆがむ・根元のパッキンの劣化・壁が腐食するなどが原因。壁に浸食しやすいため、要注意だ。

ねじやナットのゆるみなら工具を使って締め直せばいいし、ゴムパッキンの劣化であれば部品を交換して直すことができる。ホームセンターに行けば、たいていの部品はそろっているし、ネットでの購入も可能だ。

2. 洗濯機の蛇口の高さは重要

水漏れを直すついでに、洗濯機の蛇口の高さに不便さがあれば、高さを変えることも検討しよう。古い住居などでは、蛇口の位置が小さい洗濯機に合わせて設計されていることがある。そうするととくにドラム式洗濯機は高さがあるので蛇口の高さが合わないことがあり、ドラム式以外の洗濯機でも、蛇口にふたが引っかかることがある。

また、特殊なケースだと、蛇口の位置が横側に取り付けられており、向きが合わないこともある。そうなると、洗濯機の給水ホースを無理な角度で取りつけることになり、破損の原因になりかねない。洗濯機の蛇口の劣化や高さが不便な場合は、蛇口の交換をおすすめする。

3. 洗濯機の蛇口を交換する方法

洗濯機の蛇口には、水漏れしやすいものとそうでないものがあることは知っているだろうか?新しく蛇口を交換する場合、水漏れしにくいタイプを探して交換しよう。

水漏れしやすい蛇口

昔からの蛇口といえば、万能ホーム水栓と4つネジニップルの組み合わせが主流だが、ニップルのつなぎ目のネジがゆるむと水漏れしやすい。

水漏れしにくい蛇口

オートストップジョイントと呼ばれるものがついた蛇口。給水ホースが外れると、自動で水が出なくなるストッパー付きなので、地震時でも安心できる。

新しい蛇口を購入するついでに、以下の物も準備しておこう。

蛇口交換に必要な道具

・シールテープ
・ウォーターポンププライヤー(水栓取り外しレンチ)
・タオルや雑巾
・バケツ

蛇口交換の手順

1.水抜栓を閉める
2.プライヤーではさみ、既存の水栓を外す(左にまわす)
3.新しい蛇口にシールテープを巻く
4.新しい蛇口を右に回しながら取り付ける

取りつけ時に蛇口の角度が曲がっていると水漏れしやすい。まっすぐになるよう取りつけよう。新しいタイプの蛇口はバルブが開閉式になるので、いままでよりも楽に使えるはずだ。

結論

洗濯機の蛇口は水漏れしやすい箇所なため、応急処置を知っておくと役に立つ。ねじのゆるみやパッキンの簡単な部品交換なら、自分でも修理はできる。まずは被害が広がらないうちに対処して、無理な部分は業者に修理を依頼しよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ