このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

お中元の意味とは?お歳暮との違いや英語表現について解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月26日

お中元は、夏の暑い盛りに、いつもお世話になっている方へ贈り物をする古くからの習慣だ。私たち日本人にとってあまりに身近であることから、その意味や由来について知らない方も多いようだ。そこで今回は、お中元の意味や由来について、お歳暮との違いとともに解説する。さらにお中元の英語表現も紹介するので、ぜひチェックしてほしい。

1. お中元の意味や由来とは?

お中元は、目上の方やいつもお世話になっている方に対して、感謝を込めて品物を贈る日本ならではの風習だ。しかし、その意味や由来についてはあまりよく知られていない。

お中元は、中国の道教に由来する行事だ。中国では、旧暦の1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」とし、これらを総称して「三元」と呼ぶ。三元は、それぞれを司る3つの神の誕生日として重要視されてきた。なかでも中元は、「人間贖罪(しょくざい)の日」ともされ、現在でも死者の罪が赦されることを願い、祖先を供養する日となっている。

中国の中元にはお供え物をする習慣があった。これが日本に伝わる際に、すでにあったお盆の行事と混ざり、いつしか目上の方やお世話になっている方に、感謝を込めた贈り物をするようになった。これが発展し、現在のお中元の形となった。

旧暦の7月15日に由来するお中元だが、贈る時期は一般的に、関東地方では7月上旬から7月15日頃まで、関西地方では7月上旬から8月15日頃までとされている。

2. お中元とお歳暮の違いは?

お中元とよく似た年中行事にお歳暮がある。現在では両者の目的はほとんど同じとされるが、お中元が中国由来の行事であるのに対して、お歳暮はもともと日本にあった行事だといわれている。

お歳暮のルーツとされるのは、暮れから年越しにかけて先祖の霊を祀る「御霊祭」だ。御霊祭では、塩鮭や数の子などを先祖にお供えし、それらを娘の嫁ぎ先や本家へ贈る習慣があった。それがいつのまにか、目上の方やお世話になった方に感謝を伝える風習へと変化した。

贈る時期は、お中元が7月初旬から7月15日頃まで(西日本は7月15日から8月15日頃まで)が適切とされる。お歳暮は若干の地域差があるが、12月初旬から20日頃までが一般的とされている。

また、お中元は半年間の感謝の気持ちを表すが、お歳暮は一年を締めくくるご挨拶としての意味も含まれる。

贈り物の種類は、お中元は、暑い季節なので清涼感が味わえるビールや冷菓、フルーツが好まれる。またスタミナがつく肉類なども贈られることが多い。お歳暮は、年末年始など家族や親戚が集う時期に贈られるので、調理しやすいハムのような加工品や鍋の材料、またみんなで楽しめる日本酒やワインなどが好まれるようだ。

3. お中元を英語でいうと?

お中元は日本固有の行事であり、海外には同様の習慣がない。そのため、外国人にお中元について英語で説明しようとすると、言葉に窮してしまう方も多いだろう。お中元を表す言葉は英語にはないが、たとえば、以下のように説明できる。

In Japan, there is a cultural tradition of giving mid-year gifts to others, such as superiors or customers, as a token of thanks for their daily help.

(日本には、上司や顧客など日頃からお世話になっている方への感謝のしるしとして、一年の半ばに贈り物をする習慣がある。)

さらに、次のように付け加えてもよいだろう。

In western Japan the acceptable timing is mid-July to August 15, while in eastern Japan it is July 1 to 15.

(西日本では7月中旬から8月15日まで、東日本では7月1日から15日までが贈る時期に適している。)

英語でお中元について説明をする機会があれば、ぜひ参考にしてほしい。

結論

お中元の本来の意味についてはあまり知られていないが、中国の道教に由来する行事だといわれている。他方、同じような目的で贈られるお歳暮は、もともと日本にあったとされる御霊祭がルーツだ。お中元の英語表現とあわせて、ぜひ覚えておくとよいだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ