このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングを上手に片付けるためにはコツがある!順番の大切さ

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月29日

家族が集まるリビングは散らかりやすく、雑然とものが溢れたリビングを見ると、どこから片付ければいいのだろうと頭を悩ませていないだろうか。片付けには手順があったのだ。そして、いったんきれいになったリビングを維持するためには家族のルールづくりが必要である。今回は、リビングを上手に片付けるための手順と収納のコツについて紹介しよう。

1. リビングの片付けの手順

まず、リビングがもので溢れてしまう理由として、本当に必要でないものまで置いてあるということが考えられる。片付けの手順の第一は、今置いてあるものが必要なのかどうかを見極めることから始まる。

使うものと使わないものを分ける

リビングを見渡してみよう。よく使っているものとそうでないものが混在していないだろうか。使うか使わないかという観点でリビングのものを見たことがない人が多いだろうが、一度リビングにあるものを全て出してみて、全体像を把握してみてほしい。これが第一の手順である。

よく見てみると、数ヶ月、もしかしたらそれ以上の期間使っていないものがないだろうか。使っていないということはリビングにはなくても良いものであるという判断ができる。そのようにして、使うものと使わないものを仕分けしてみよう。これは使わないと判断したものは、別の場所に持っていくなり、捨てるなりして片付けるといい。いつか使うと思ってとってあるものはほぼ使わない。勇気を持って捨ててしまうというのが第二の手順である。

残ったものだけをきれいに収納する

最後の手順として、普段使うと判断したものだけを残して収納していく。この時点でものがだいぶ減っているので収納も楽になるはずだ。残したものをどこにしまうかを考えればいいので、書類や細々したものはファイルケースなどを使って隠す収納にし、よく読む雑誌やお気に入りのDVDなどは見せる収納として飾っておくのもいいだろう。

2. リビングをすっきり片付けるための収納のポイント

リビングをすっきり見せるためには、バランスが大事である。せっかくものを減らしたのにまだなんとなく雑然としているなら、空間が足りないことが理由かもしれない。見せる収納にした時に、あまりものを詰めすぎるとごちゃごちゃした印象になってしまうのだ。

8割収納ですっきりと

収納する時には、収納スペースと入れるものとのバランスを考えることが大切である。奥から隙間なく詰め込んでしまうと取り出しづらいだけでなく、どこに何があるのかわからなくなってしまうことがある。そこでおすすめしたいのが8割収納術だ。収納するスペースは8割にとどめ、残りの2割は空けておき空間を残す。

こうすることで全体を見渡すことができるようになり、ものを探すのが楽になる。また、出し入れもしやすく、片付けが簡単になる収納術である。もし2割の空間を確保できなくなってきたら、しまうものを見直す時期なのかもしれない。一度全て取り出して、使うものと使わないものに分けてみよう。時折整理することでものが溢れるのを防ぐことができる。

一時的に収納する場所を作る

帰宅した時についその辺りにものを置いてそのままにしていないだろうか。あちこちにものを置くとリビングが散らかるので、一時的に収納する場所を決めておくと散らかりづらくなる。例えばテーブルの上や横に一時収納ボックスを置き、上着やダイレクトメールなどをしまっておこう。一箇所にまとめる収納術でものが散乱することがなく、リビングがすっきりとした印象になるだろう。

3. リビングをきれいに保つコツ

いくら片付けてもすぐにリビングが散らかってしまうというお悩みはないだろうか。リビングは家族が集まる場所なので、それぞれが自分たちの持ち物を持ち込んでしまう、これが、リビングが散らかる原因の一つである。

リビングは家の中の「公共の場所」である。家族みんなが使う場所だという意識を持って、個人のものはなるべく置かないようにすること、これがリビングをきれいに保つコツなのだ。好き勝手に自分のものを持ち込んでしまうとあっという間に散らかってしまうため、まず全体を見渡してみて、リビングでは使わない個人のものは自室に持ち帰ろう。リビングにあるべきものだけを残すというのは片付けの手順で説明した通り、収納する物自体を少なくするコツなのである。

しかし、個人のスペースが少ない場合や、個人のものではあるけれどリビングにあった方が便利というものもあるだろう。子供がリビングで勉強するなら、ランドセルや勉強道具はリビングにあった方が使いやすい。肌寒い時に使うブランケットやカーディガンなども寝室に置くよりもリビングにあった方が便利だろう。その場合には、片付けるべき定位置を決めることですっきり片付けられるようになる。何をどこに置くのか場所を決めて、使ったら必ずそこに戻す。それがリビングをきれいに保つもう一つのコツである。

結論

リビングの片付けのコツを知ってしまえば、きれいに保つのはそれほど難しくはない。まずは全体を一度全て整理する。いらないものは捨て、個人のものは自室に持ち帰る。その上で残った必要なものだけを8割収納術によって空間を残しながら収納する。これで散らからないリビングを維持できるだろう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ