このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

普段使わないスーツケースはどこに収納する?便利なアイデアを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 1日

旅行や出張など活躍の場が少ないスーツケース。押入れやクローゼットの奥にしまいっぱなしになっていないだろうか。かさばるスーツケースの中を、空っぽにしておくのはもったいない。眠っているスーツケースを利用した、様々な収納術を紹介しよう。

1. スーツケースの置き場は家の中?ベランダ?

旅行帰りや出張帰りのスーツケースはキャスター部がかなり汚れているので、部屋の中に入れるのを躊躇する方も多いのではないだろうか。理想を言えば、大きいシューズケースがあれば、その中に収納したいがそうもいかない。一般的にスーツケースの収納場所は押し入れやクローゼットだろう。部屋に入れる際はキャスター部を拭くか水洗いをして、部屋に入れよう。

また、部屋の中に収納スペースがなく、ベランダにスーツケースを置くケースもあるが、日当たりのよいベランダはあまりおすすめできない。スーツケースに直射日光が当たると劣化が早まってしまうからだ。雨や夜露に濡れる可能性もある。どうしてもベランダでスーツケースを保管する場合、遮光や湿気対策のカバーをかけておこう。

なお、マンションのベランダは、安全のため物を置いてはいけない決まりがある場合がある。避難スペースの確保やマンションのルールを確認して置き場所を決めよう。

2. スーツケースにはシーズンオフの服をしまっておこう

スーツケースを使わない時は収納スペースとして活用しよう。普段あまり着ない服やシーズンオフの服を収納しておくと、収納スペースの節約になる。衣装ケースとして夏には厚手のかさばるダウンコートやニットなどの服をいれ、冬には夏物の服と入れ替えれば管理しやすい。季節ものの小物をまとめて収納するのも便利だ。また、キャスターがついているので出し入れがしやすく利便性も高いのだ。

3. スーツケースの意外な活用法

スーツケースはほかにも意外な活用方法があるので、その一例を紹介しよう。

防災グッズの収納として活用

震災に備えて防災グッズを用意している家庭は多いだろう。非常食や飲料水、最低限の着替えなどをスーツケースに詰めておくとわかりやすいし、いざという時にはサッと持ち出せる。防災グッズの置き場所に悩んでいるなら、スーツケースを活用するのも手だろう。

予備や来客用の布団収納として活用

普段使わない来客用の布団の収納もスペースに悩むところだ。かさばりやすいので、圧縮袋で空気を抜いてからスーツケースにしまっておくと、すっきりと収納できる。

鍵付きなら重要な書類や簡易金庫代わりにも活用

鍵付きという点を利用して、印鑑など重要な物や書類の保管場所に活用してはどうだろう。重要なものに限らず、大切なものや人に見られたくないものなど、鍵付きスーツケースにこっそり保管できるため、活用度は高い。

また、簡易金庫代わりに活用する場合、鍵をなくさないよう気をつけて管理しよう。先にも挙がっていたが防災グッズ入れとして使い、避難所では携帯金庫としても重宝する。

4. おしゃれなスーツケースなら、思いきって部屋のインテリアに

デザイン性の高いおしゃれなスーツケースは、部屋のインテリアとして飾る手もある。アンティーク調のトランクは、配置するだけで部屋が一気にヴィンテージ調に仕上がる。

積み重ねてテーブル代わりに使うこともできるし、蓋を開けておいて雑誌や本を収納するのもおしゃれだ。ペットを飼っているなら、インテリアを兼ねてペット用のベッドに変身させてはどうだろう。

もう使わないスーツケースの蓋をあけておき、中にクッションや布団を敷きつめればできあがりだ。部屋のイメージに合わせて、スーツケースの飾り方を考えるのは楽しい。

結論

置き場所に悩むスーツケースの収納だが、使わない時の有効活用や、インテリアの一部として考えると収納の可能性が広がる。スーツケースに防災アイテムを収納するアイデアは、いざという時の備えとしてとても実用的なのでぜひ活用していただきたい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ