このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯機のカビ予防は定期的な掃除?見えない場所に溜まったカビ対策法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 2日

洗濯機を掃除する機会が少ない場合、カビが発生する可能性があるため定期的に手入れをすることが大切だ。しかし、洗濯機の掃除を頻繁にしない人からすると、どのような方法で掃除をすればよいかわからないといえる。そこで今回は、洗濯機のカビの取り方や防止する方法、さらには洗濯機のカビとアレルギーの関係性について紹介していこう。

1. 洗濯機のカビの取り方

洗濯機は掃除をせず放置すると、カビが発生する可能性が高くなるため、定期的に掃除することが必要だ。では、どのような方法で洗濯機のカビを掃除すればよいのか。ここからは、カビの取り方を紹介していこう。

ハイターを使った取り方

ハイターは、洗濯機のカビの取り方を説明するうえで欠かせないアイテムだ。ハイターは商品名となるため、正式な名前は酸素系漂白剤というので覚えておこう。ハイターを使ったカビの取り方のポイントは、お湯で溶かすことである。ハイターはお湯に混ぜることで洗浄力が向上するため、よりカビ汚れを除去する効果に期待ができる。洗濯槽にお湯を入れ、そこにハイターを投入してつけ置きするだけと、方法も簡単だ。

塩素系クリーナを使った取り方

ハイターと同様に、洗濯機のカビを除去するために活用できるのが、塩素系クリーナーだ。塩素系クリーナーには、カビを分解する効果があるため、溜まった汚れを落としてくれる。使い方も簡単で、洗濯槽のなかにお湯を入れて、そこに塩素系クリーナーを投入し洗濯をするだけだ。

ほぼハイターと方法も変わらないため、誰でも簡単に実践できるだろう。塩素系クリーナを使う際に、1回の洗濯で汚れが落ちきっていない場合はすすぎと脱水も行う。また、しつこい汚れになっているときは、ハイターと同じくつけ置きをして汚れを落とそう。正しいカビの取り方を把握すれば、洗濯槽を綺麗にして清潔に保つことができる。

2. カビを防止して洗濯機を清潔に

洗濯槽は見えないところにカビが溜まっている場合が多く、汚れに気づいていない人も少なくない。定期的に掃除をしたとしても、また汚れはどうしても溜まってしまうが、可能な限り綺麗な状態を保ちたい場合は、どのように防止すればよいのか。いくつか防止策を紹介していこう。

洗剤の量を守る

洗濯槽のカビを予防するうえで、重要なことが洗剤の使用量である。洗剤を多く投入していると、洗濯槽のなかで溶け残ってしまい、カビの栄養分になる。そのため、洗剤はしっかりと規定の量を守り使用することが大切だ。普段の洗濯方法を、少し意識するだけでカビは防止することができるため、すぐにでも実践して綺麗な状態をできるだけ長く保とう。

お風呂の残り湯や服の汚れが原因

洗濯をする際に、お風呂の残り湯を使う人は少なくないだろう。しかし、使い方に注意しなければ、洗濯槽にカビを繁殖させる原因となるため注意が必要だ。お風呂のお湯を洗濯に使う場合は、できるだけ温かいうちに使う方がよい。

お風呂のお湯には皮脂などさまざまな汚れがあるため、時間の経過とともに菌が繁殖してしまう。その菌は、結果としてカビの栄養分となるため、早めに使った方がよいだろう。服についた食べ物のカスも、カビの栄養分になる可能性があるため注意が必要だ。

3. 洗濯機のカビとアレルギーの関係

洗濯機にカビが発生している場合、実はアレルギーを引き起こしてしまう可能性がある。そのアレルギーとは皮膚炎で、もともとアレルギーを持っている人であれば、さらに悪化させてしまう可能性があるため、きちんと定期的にハイターなどを使い掃除をすることが大切だ。

結論

洗濯機のカビ汚れは、知らない間に繁殖していることが多い。そのため、しっかりと正しい掃除方法を把握し、汚れを溜めないようにすることが大切だ。ハイターなどを使う掃除方法や防止対策を実践することで、アレルギーから守ることにも繋がる。掃除方法も簡単なため、ぜひ実践してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ