このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ロフトをうまく活用!便利な収納術を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月 6日

屋根裏とも表現されるロフトのスペースをうまく活用することで、多くのものを収納することが可能となる。単なる部屋の一部ではなく、別空間のように扱うこともできるため、ロフトの使い方次第では大容量の収納スペースとして非常に重宝される場所となるだろう。そこで今回は、ロフトを使ったおすすめの収納術やDIYについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 服などを収納!ロフトを衣裳部屋に

最近ではロフト付きの家が増えているほか、賃貸物件でもロフトがある部屋を希望条件として必須にする人もいるなど、ロフト人気が高くなっている。ロフトを寝室として使う人も少なくないが、寝るだけの空間にとどまらせることなく、主な収納スペースとして活用することで、家全体をすっきりと綺麗に片付けることが可能だ。

そこでおすすめしたいのが、ロフトに衣服を収納しておくことである。季節的に使わないシーズンオフとなっているものをウォークインクローゼットや衣裳部屋のような感覚で、ロフトに収納してはいかがだろうか。とくに使わない服をどこにどのように収納するか悩んでいるなら、ぜひ衣装の保管場所として活用してほしい。

ロフトの広さにもよるため一概にはいえないが、ある程度の服をしまえるケースが大半であるため、シーズンオフのもの以外にも、着用しなくなった子供服など、お下がりを一時保管したい場合などにも便利である。

2. DIYでおしゃれなロフト収納を

方法次第では、ロフトを流行りのDIYでおしゃれな収納スペースとして一変させることも可能だ。それには、すでにロフトがある場合とそうでない場合の2パターンのやり方が存在し、それぞれに応じたDIYによるロフト収納の作り方がある。ここからは、パターンによる違いを見ていこう。

家にロフトがある場合

すでにロフトがある場合は大掛かりなDIYをせずとも、少しの工夫でより空間を活かすことが可能となる。ロフトを寝室にしている人も少なくないが、床にそのまま布団あるいはベッドを置くのではなく、あえて2階建てベットをDIYで作り、その1階部分を収納スペースとすれば上下の空間を少しでも多く有効に活用できる。

DIYが億劫な場合は、市販の2階建てベッドを購入してもよいだろう。ベッドの下にタンスを固定するだけでのDIYとなるため、さほど難しさもない。しかし、地震対策の観点からも、ズレないようにしっかりと固定させることは徹底しておこう。

家にロフトがない場合

それなりに作業は大変になるものの、家にロフトがない場合でもDIYでロフト収納を生み出すことは可能だ。とくに子供が成長するまでの身長が低い時期は、子供部屋上部の空間が必然的に多く空いていることだろう。その部屋上部の空間をDIYによってロフトとすることで、ありとあらゆるものを収納することが可能となる。

また、ロフトを秘密基地のような雰囲気にすれば、そこへ子供自らが散らかりがちなおもちゃなどを運んでくれることが期待できるため、結果的に常に部屋が片付いている状態となり、一石二鳥と感じる親も少なくない。子供部屋だけでなく、書斎や作業部屋がほしい場合など、圧迫感を我慢できるのであればロフト作りに挑戦してもよいといえるだろう。

3. ロフト用の収納階段も活用

ロフトにのぼるための階段も収納にうまく活用することができる。最近では収納棚となっている便利な階段が販売されており、さまざまなものをしまっておくことができると非常に人気だ。ロフト専用にデザインされており、引き出しタイプや見せる収納など、種類も数多くある。また、家の雰囲気に合わせて階段を選べるほどバリエーションも豊富なため、自分の好きなデザインを見つけることも可能だ。

ロフトによってはしまえるものが制限されるケースも起こりうるため、少しのスペースでも無駄にせず、のぼるための階段までも収納場所に活用すれば、格段に部屋はすっきりするに違いない。また、収納機能を備えている階段はハシゴのようなタイプと比べて安全性も高いので、とくに子供部屋にはおすすめの方法である。

結論

部屋にロフトがあるだけでおしゃれに見えるという理由から、最近ではDIYに勤しむ人も少なくない。ロフトを部屋代わりに使う方法もおすすめではあるが、家のなかをすっきりとした印象にすべく、うまく収納スペースとして活用することも魅力的である。屋根までの高さや広さにもよるが、棚を使う方法や収納機能付き階段を使うことで、収納力を向上させることもできるため、収納に悩んでいる人はぜひ、ロフト作りにも挑戦してみてはいかがだろうか。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ