このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチンカウンターの奥は見られたくない!インテリアで行う目隠し術

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年6月14日

キッチンカウンターは壁がない分、ダイニングなどから丸見えだ。来客時に散らかっていたりゴミの処理をサボっていたりすると、不快な気分にさせかねない。普段からきれいにするのがベストだが、目隠しを設置して見られなくするのも手だ。インテリアを中心に、キッチンカウンターを目隠しできる方法を紹介する。

1. インテリアを利用してキッチンカウンターを隠す

目隠し専用アイテムを用意するのもよいが、インテリアを活用してキッチンカウンターを隠すのも手だ。

棚を置くだけでキッチンカウンターは見えなくなる

例えば食器棚のような収納アイテムだ。ガラス扉などインテリア向けの見せる収納なら、キッチンカウンターの目隠しになる。

カーテンで空間のスッキリさをキープ

家具の圧迫感をなくしたいなら、カーテンを引くのもおすすめである。カーテンレールがない場合は、突っ張り棒を代わりにしよう。もちろん突っ張らせる場所があることが前提だが、カーテンのフックを突っ張り棒にかけるだけで目隠しは完成する。キッチンのデザインとも合わせれば、統一感あるインテリアになり、必要なときにカーテンを開けられるのも魅力だ。

植物で癒やされる目隠しを

見た目重視ならグリーンを置こう。植物の清潔なイメージや、癒し効果が得られる。流しが近くにあるので、世話もしやすい。

2. キッチンカウンターの目隠しはDIYで作れる

キッチンカウンターの目隠しはDIYで自作することができ、簡単なものならパーテーションがある。キッチンカウンターの奥が見えにくい曇りガラスや網などの素材を、足となる木材や100均アイテムに挟んで立てて固定するだけでパーテーションは完成する。フレームを付けて補強してもよい。パーテーション自体はキッチンカウンターに乗せるだけなので、賃貸物件でも使うことができる。

とにかくキッチンカウンターの目隠しを重視するなら、DIYで木板の囲いを作ってみよう。パーテーション同様キッチンカウンターの上に乗せておけばいいだけなので、家に傷が付く心配もない。また、板ではなくすのこを使って隙間を設ける方法もある。

単に板で囲むと味気ないと感じるなら、DIYで見た目を変えてみよう。ペンキで色を変えたり、木目などのシートで柄をつけたりしてもいいだろう。あるいは子どもの作品の展示スペースにする手もあり、絵なら画鋲で簡単に留められ、工作はフックなどで吊り下げるか、それ自体を目隠しとしてキッチンカウンター前に配置してもよい。

3. 100均でキッチンカウンターの目隠し素材を入手する

目隠し用のアイテムや手作りする際に必要な素材は、100均で安く購入できる。例えば収納用のケースを積み重ねるだけでもキッチンカウンターは隠せるので、試してみる価値はある。

先ほど説明した曇りガラスは100均で揃えるのは難しいが、モザイクの入ったシートやフレームでも代用可能だ。木板も100均で扱っているので、パーティションの足も作れる。100均では小さい木板が多いが、重ねれば厚みも出てパーティション本体を支えやすい。

植物も100均で購入できるお店もあるので、複数個買ってカウンターに並べてみるのもいいだろう。

結論

キッチンカウンターの目隠しは、以前からある収納アイテムを置くだけでもよい。ただ圧迫感を与えてしまうので、気になる場合はカーテンを引いたり、植物など目立つアイテムで視線を集めたりすることをおすすめしたい。新たに目隠しを用意する、もしくはDIYで作るなら、100均で素材を手に入れるとコスパが抑えられるので是非試してみてほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ