このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

15cmあったら隙間収納できる!隙間を活かして収納量アップ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月16日

家具と壁や家具と家具の間の隙間は、ほこりがたまったり、インテリアの見栄えが悪くなったりする無駄な空間だ。しかし、15cmの隙間があれば隙間収納が設置でき、収納スペースとして利用できる。隙間は壁と家具の間以外にもいろいろな場所で発生する。ここでは、隙間収納の選び方やさまざまな隙間の有効な活用方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 隙間収納はキャスター付きを選ぶ

隙間収納には、ボックス、チェスト、ワゴン、ラックなどさまざまな種類があるが、基本的にはどれを選ぶ場合でもキャスター式を選ぼう。隙間収納は、狭い隙間にフィットするように設置される。前面の幅は15~40cmくらいと狭いので、そのままではものが取り出しにくい。キャスターが付いた隙間収納なら取っ手を持って引っ張り出し、必要なものだけ取り出すことができる。

隙間収納は幅が狭いので、どの方向にでも動くキャスターより、一定方向にしか動かないキャスターが付いたものの方が安定感が増し、使いやすいのでおすすめだ。ただし、高さがあって動かすと不安定な場合や、奥行が浅い場所に設置する場合は、引き出し式のものがよい。隙間の高さや奥行によって使い分けるとよいだろう。

2. キッチンの隙間収納、小さな隙間を見逃すな!

キッチンは冷蔵庫や食器棚、コンロ、流しなど、ものが多く置かれているので隙間が発生しやすい。その中でも、とくに隙間が発生しやすいのが冷蔵庫だ。冷蔵庫と壁や、食器棚との隙間は隙間収納に最適だ。隙間収納を設置して、調味料や米びつ、酒、ペットボトルなどを収納すると大変便利である。

また、冷蔵庫の上にも隙間収納が置ける。冷蔵庫の上は高さがあって取り出しにくいので、キッチンの中でも大きなデットスペースとなりがちだ。冷蔵庫の上には、大きめのカゴやケースを置いて、買い置きのカップラーメンなど軽いものを収納するとよい。ゴミに出すだけとなっている洗ったペットボトルを一時的に保管してもよいだろう。キッチンで次に隙間が発生しやすいのがコンロ回りだ。

コンロと壁の間には横にも後ろにも10~15cmの隙間がある場合が多い。市販の隙間ボード(隙間カバー)を使えば簡単に隙間をふさぐことができる。自分で防熱板を取り付けてもよいだろう。コンロと壁の横の隙間には、ラックを設置して使用中の調味料を置くと、料理がしやすくなる。

3. ランドリーの隙間収納、隙間フル活用で収納量アップ

ランドリーにある大きな隙間といえば、洗濯機回りだ。洗濯機回りは横にも上にもデットスペースができるので、多いに活用したい。洗濯機と洗面台の間に隙間がある家庭は多い。隙間収納ラックや隙間収納ボックスを設置して、タオルやシャンプー、リンスなどの予備を収納するとよい。

洗濯機の上の隙間には、ランドリー専用ラック(洗濯機専用ラック)を設置するのが一番簡単だ。ランドリー専用ラックを使うと、洗濯機の上に棚ができるので、タオルなどの収納に大変便利だ。また、洗濯機の両サイドに壁や家具がある場合は、突っ張り棒を利用するのもおすすめだ。突っ張り棒を2本、適度な間隔をあけて設置すると簡単に棚ができる。S字フックを取り付けると洗濯機と突っ張り棒の間のデットスペースに、ハンガーやゴム手袋などをぶら下げて収納することができ、小さな隙間も有効活用できる。

結論

15cm以上の隙間があれば、隙間収納を設置して収納スペースに変えることができる。とくに、キッチンの冷蔵庫回りと、ランドリーの洗濯機回りは隙間が多い。冷蔵庫や洗濯機の横や上にラックなどを使用して収納スペースをつくると住まいの収納量がグンと増える。隙間収納を上手く活用し、収納量を増やしてスッキリした住まいを目指してはどうだろうか?

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ