このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

薪用ラックを活用!DIYすることもできる

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 3日

薪はそのままにしておくと乱雑になってしまうため、きちんと収納することが大切だ。薪の収納に活用できるアイテムがラックで、普段の収納以外にも役立てることができる。そこで今回は、ラックの使い方やキャンプでの活用方法、さらにラックをDIYする方法などについて紹介していく。

1. 屋根付きラックを使い薪を収納

薪を収納するうえで活用できるアイテムが薪専用のラックだ。薪はただ積み上げているだけだと崩れてしまう可能性も高いため、しっかりと収納することが大切とされ、薪を収納するためのラックは数多く販売されており、保存する量によって大きさを変えることが可能だ。薪は意外にも重いことから、収納する量に見合ったラックを準備する必要があるため、事前にどれだけの薪をしまうか把握しておくことが大事になる。

また、薪は湿ってしまうと使えなくなる可能性も考えられるため、屋外に薪を置く場合は屋根付きのラックを選ぶことが大切。屋根代わりにカバーをかける方法もあるが、ラックを購入する際に屋根の有無はきちんと確認しておこう。屋根は傾斜がついているものを選び、雨の水が溜まらないような商品を購入することも薪を守るためには重要となる。

2. キャンプで活用できる薪ラックとは

薪を使用するシーンといえば、ご飯を作ったり暖をとったりと、火を起こす必要があることからキャンプで薪を活用する人も少なくないだろう。キャンプで薪を使う場合も、ラックが大活躍してくれる。キャンプ用品を販売するブランドからも薪を収納するためのラックは販売されていることから、その需要の高さを伺うことができる。

薪は重さもあるため、楽に持ち運びができるように作られているアイテムを選ぶ方が使い勝手がよいだろう。また、キャンプをするときにラックを活用した方がよい理由として、薪を湿気から守ってくれるという理由もある。薪がしっかりと燃えるためには湿気は大敵となるため、地面に置いていると水分を吸収してしまい燃えにくくなることも考えられる。そのためラックを使い、地面に直接薪を触れさせないこともキャンプでは重要となる。


薪をラックに収納し、焚き火をしている近くに置いておくと薪が温められ燃えやすくなるというメリットもあることから、キャンプをする時に薪を使うのであればラックは欠かすことができないアイテムといえるだろう。

3. 薪ラックをDIY

薪を収納しておけるラックは、湿気させないためにすることができたりきちんとまとめて収納することができたりと、メリットを感じることができるアイテムだ。しかし購入するとなればそれなりにお金がかかってしまう。そこで実践したいのが、木材や単管パイプを使いDIYで薪用のラックを自分で作るということだ。ここでは、薪用ラックをDIYするときのポイントを紹介しよう。

湿気を防ぐ

薪を収納するラックをDIYするうえで湿気を防ぐことは非常に大切であり、地面に触れさせないためにも基礎となる土台部分は地面からある程度離すように作っていこう。DIYで活用できるものはレンガや床石だ。ラック自体を安定させることもできるため、準備しておくと役に立つ。土台部分は安定するように、水平器を使って測るようにしよう。

安定性を高める

薪は重量があるため、ラックの安定性を高める必要がある。四隅に柱を立てるだけでなく、真ん中にも柱を使い安定するように作る方が崩れにくくなるためおすすめだ。

屋根を付ける

薪を雨から守るためには屋根を付けることが重要な作業である。屋根は波板など水が溜まりにくいものを使い、傾斜を付けることが大切だ。完全に濡れないようにすることは難しいが、あるとないでは大きな違いとなる。

結論

薪用のラックは綺麗に収納できるだけでなく、薪を湿気から守り燃えやすくするためにも必要なアイテムとなる。自宅での保存やキャンプにも大活躍するラックは、購入することもできるがDIYも可能だ。薪を使う時に燃えにくくなることなどを避けるためにも、ラックの使用をぜひ取り入れてみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ