このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

使いやすいリビング収納とは?整理整頓のポイントとおすすめアイテム

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月 4日

リビングは人の出入りが多く、ものが多くなりがちだ。リビング収納をきちんと整理整頓することで探しものの時間が減り、そのぶんの時間を有効活用できる。また、持っているものを把握できるので余計なものを買わなくてもよくなる。日々の暮らしを豊かにするために、リビング収納を整理整頓する方法を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. まずはリビング収納を整理整頓

リビング収納を整理整頓するためには3つのステップがある。
  • 収納の中のものを全部出す
  • 必要なもの、不必要なものに分類する
  • 必要なものを収納する

1.収納の中のものを全部出す

リビング収納を整理整頓するためには、まず収納の中に何が入っているのかを把握する必要がある。収納の中のものを全部出してリビングが散らかるのが嫌な場合は、ビニールシートや新聞紙などの上にものを広げるといい。

2.必要なもの、不必要なものに分類する

長い間整理整頓されていないリビング収納の中には、必要なものと不必要なものが混在していることが多い。一つ一つ必要なのか不必要なのかを確認しながら分類する。大変な作業だが、ここでしっかりと分類しておくことが重要だ。不必要なものの目安は「1年以上使っていないもの」だ。リビングに置いてあるようなものは大抵よく使うものだ。

その中で1年以上使っていないものがあれば、それは今後も使うことはないだろう。1年以上使っていないものは潔く処分することがリビング収納を整理整頓するポイントになる。

3.必要なものを収納する

必要なものと不必要なものを分類したら、必要なものを収納していこう。使用頻度の高いものは出し入れしやすい位置に、使用頻度の低いものはまとめてボックスなどに収納するといい。ボックスが複数ある場合はラベリングしておくと中身を把握しやすくなる。

2. 限られたスペースを有効活用!リビング収納のコツ

家族の多い家庭では、ものが多くて収納が足りないということもあるだろう。少しでもリビングを広く使えるように、収納を工夫しよう。

壁面収納でスペースを確保

壁は非常に有効活用しやすいスペースだ。本来は壁としての機能しか果たさないが、棚やフックをつけることで収納としての機能も持つようになる。賃貸などで壁に穴を開けたくない場合は突っ張り棒タイプの収納がおすすめだ。床と天井の間に突っ張り棒を固定して使用できる収納なので、穴をあけずに収納を増やすことができる。

を最大限利用する

引き出しにものを入れるとき、「なんとなく」で入れてしまうとリビング収納はすぐにごちゃごちゃしてしまう。引き出しを最大限利用するポイントは、「仕切り」や「小分け収納」だ。仕切りや小分け収納で引き出しの中を分割し、用途別に小物を収納していくと出すときもしまうときも迷わずに済む。仕切りや小分け収納を有効活用して、引き出しをカスタマイズするといい。

家具のサイズに注意

リビングという限られたスペースを有効活用するには、家具選びも重要だ。棚などを並べて置く場合は、奥行をそろえて配置するとリビングを広く使うことができる。家具の奥行がバラバラだと生活空間がデコボコになってしまい、狭い印象になってしまう。家具と壁との間に隙間ができてしまうとスペースを無駄にしてしまうことにもなる。家具を新調する際は、スペースを有効活用できるようにしっかりとサイズを調べておくことを勧める。

3. リビング収納におすすめのアイテム

リビングに収納が少なくても、工夫次第で上手に整理整頓することができる。限られたスペースで快適に過ごすために、リビング収納におすすめのアイテムを紹介する。

収納スツール

座れる収納としておすすめなのが「収納スツール」。見た目は大きなボックスのようだが、人が座ることもできるほど頑丈なのが特徴だ。座面の下が収納になっていて普段はふたをしている状態なので、衛生用品などホコリを避けたいものの収納に適している。一人用のサイズから複数人座れるサイズまでバリエーション豊富なので、リビングの広さや使用人数に合わせてサイズを選ぶといい。

ファイルボックス

家のあらゆる場所で活躍する「ファイルボックス」。通常のファイルボックスとしてだけでなく、仕切りやスリッパ入れとして使用することができる。100均でも購入することができる手軽さが魅力だ。

ワイヤーネット

壁面収納を作るときにおすすめなのが「ワイヤーネット」。突っ張り棒や結束バンドと併用すれば簡単に収納を増やすことができる。シンプルな白、クールな黒などワイヤーネットの色を変えるだけでもリビングの印象はガラリと変わる。フックをつけて鍵を引っ掛けたり、写真を飾ったりといろいろな使い方が試せる。

結論

リビングは生活の基盤となる部屋だ。リビング収納がきちんと整理整頓されていれば、毎日をスッキリとした気持ちで過ごせるだろう。必要なものと不必要なものを明確にし、不必要なものは勇気を持って処分することが重要だ。日々の暮らしを豊かにするために、リビング収納を整理整頓しよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ