このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

キッチン収納を増やしたいなら壁に注目!賃貸でも使える活用法あり

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月16日

キッチン収納が少なくて困っていたら、新しく作ることを考えたい。スペースが限られているキッチンでも、壁は意外と活用されていないことも多いので、キッチン収納にはうってつけの場所だ。そこで、賃貸物件でもダメージを気にせず壁にキッチン収納を作る方法や、大きな棚を設置して活用する方法などを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 100均のフックでキッチン収納を増やす

おたまやフライ返し、フライパンなどの調理器具は柄の先端に穴があいており、紐を通せるので、100均のフックを掛けることが可能だ。キッチン収納にも活用し、壁にフックを取り付けて引っ掛ければ、それだけで収納場所を増やすことができる。両面テープで接着するタイプのフックを選べば、壁のダメージを気にしなくてよく賃貸物件でも安心して使用できる。100均のアイテムゆえ、収納用の大きな棚やラックを購入するよりもコスパがよ
い。

フックは吊り棚など、引っ掛ける場所があれば、さらに収納場所を増やすことができ、置き場所がない場合は100均のアイアンバーを取り付けることで対処可能だ。

2. 壁のキッチン収納にも欠かせないつっぱり棒

100均ならアイアンバーの代わりに、つっぱり棒を使ってフックのかける場所を作ることもできる。つっぱらせる場所が必要だが、アイアンバーとは異なり、壁を傷つけずに使える。

つっぱり棒をキッチン収納に使うなら、ワイヤーネットとのコンビもおすすめだ。つっぱり棒とワイヤーネットの端を結束バンドなどで固定し、キッチンの壁の前に固定させれば、ワイヤーネットの部分にフックがかけられる。ワイヤーネットが広ければその分多くの器具を吊り下げられて便利だ。フックで1つ1つ調理器具を吊り下げる以外にも、ワイヤーのカゴをフックで固定して設置すれば、調味料の小瓶などを収納するのにも適している。

つっぱりタイプのアイテムは棒だけではない。ラックそのものがつっぱり棒に備わっている製品もあり、ワイヤーネットなどを組み合わせる手間が省ける。コストはかかるが、シンクに立てかけておくこともでき、賃貸物件にも採用しやすい。ワイヤーラックを1から作るのが面倒な場合は活用してもよいだろう。

3. DIY可能なら棚をキッチン収納に

持ち家で壁面の傷が気にならない場合は、壁一面を棚にし、キッチン収納を増やす方法もある。簡単なものなら棚板を壁に取り付けるだけで済むため、技術も不要であり、持っている器具に合わせて自由に高さを決められるのもよい。さらに棚板の幅も自由に調整できるため、シンクの隅など隙間を活かしたキッチン収納にもなる。もし棚に乗せる食器にほこりが積もらないか気になるようなら、布巾を被せてガードしよう。

棚は好きなところに作って構わないが、調理器具ならコンロやシンクのそば、食器ならダイニングにも近い場所に設置するとより便利だろう。人目につきやすい棚なら、観葉植物やおしゃれな食器を並べてインテリアの役割を兼ねてもよいだろう。

さらに、棚は上に物を置くだけでなく下側にキッチン収納を追加することもできる。例えば上で触れたフックを棚板の下に取り付ければ、吊り下げタイプのキッチン収納が増やせる。また瓶の蓋を棚板の下にネジなどで固定し、瓶本体を取り付けた蓋へはめれば瓶を吊り下げることも可能だ。瓶の中身を使うとき、片手で瓶をあけられて便利だ。

結論

キッチンには、吊り下げられる調理器具が多いことに着目し、壁にフックを取り付けたい。フックは100均のアイテムが便利だが、つっぱり棒も合わせて入手し、ワイヤーネットと組み合わせて、フックを掛ける場所を増やしてもよい。コストにこだわらないなら、既製品のワイヤーラックを壁に立てかけてキッチン収納としてもよいだろう。壁に直接取り付けてよいなら、設置場所やサイズを自由に決められる棚をDIYもおすすめだ。自分に合う方法で壁を有効活用しよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ