このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングの収納は見せる収納、隠す収納どっちを選ぶ?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月17日

リビングは家族がそろう憩いのスペースなので、スッキリ収納して居心地よいものにしたい。リビングの収納には、見せる収納と隠す収納の2つの方法がある。ここでは、リビングの2つの収納方法のメリットやデメリット、リビングをお洒落に見せる収納方法について紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 見せる収納でリビングを片付けるメリットとデメリット

見せる収納でリビングを片付ける一番のメリットは、何がどこにあるのかがすぐにわかることだ。また、取り出す時に扉などを開けたり閉めたりする必要がないので、必要な動作が少なく片付けも簡単だ。また、収納に圧迫感が少ないためリビングが広く見える、などのメリットがある。リビングのインテリアに合わないものを購入すると収納時に困るので、無駄な買い物が減る、というメリットもある。

見せる収納のデメリットのひとつは、収納にセンスが必要なことだ。センスよく収納しないと、片付けていても部屋がごちゃついて見えてしまうのだ。もうひとつのデメリットは、扉や引き出しなどがないため、ほこりがたまりやすいのでマメに掃除をする必要がある、ということだ。とくに使用頻度が低いものはほこりをかぶりやすいため、忙しいから、と掃除をおそろかにすると、あっという間に散らかって見えてしまう。見せる収納は片付けや掃除が苦にならない人におすすめの方法だ。

2. 隠す収納でリビングを片付けるメリットとデメリット

隠す収納でリビングを片付けるメリットは見た目がすっきりし、生活感を隠しやすいことだ。扉や引き出しをすべて閉じてしまえば簡単にリビングに統一感がでるので、見せる収納のようなセンスは必要ない。決まった場所に収納するだけだ。扉や引き出しなどを使用することが多いので、ほこりが積もりにくく、掃除も楽だ。

隠す収納のデメリットは、どこに何が収納されているのかがわかりにくいことだ。しまった場所がわからなくなって取り出す時に時間がかかってしまったり、扉や引き出しを開けるのが面倒でしまうのが苦になり、部屋が散らかったりすることがある。また、隠す収納は、見た目は片付いているが、扉や引き出しを開けると中は片付いていないこともある。扉や引き出しの中は収納ボックスや収納ケースを利用して整理したり、ラベルを貼って中身がすぐにわかるようにしたりする必要がある。

3. リビングをお洒落に見せる収納方法

リビングをお洒落に見せるためには、どちらの収納方法でも、色を揃えるとよい。リビングのテーマカラーとアクセントカラーを決め、ところどころで色にアクセントをつけるとお洒落に見える。使う色は3つまでにしよう。ベースの色にグラデーションをつけたり、反対色でポイントをつけたりするといいだろう。季節によって色を変えてもお洒落だ。

見せる収納の場合は、空いたスペースにみっちりと収納せず、空きスペースをつくって小物を置くとお洒落に見える。また、隠す収納と組み合わせて、インテリア性が低いものは隠して収納すると使いやすく、お洒落にも見えるのでおすすめだ。

隠す収納の場合はお揃いの扉や引き出しを設置したり、カラーボックスに同じ大きさのファイルボックスやケース、バスケットなどを設置したりすると使いやすく、お洒落に見える。ボックスやケースには何が入っているのかがわかるようにラベルを貼っておこう。その際はラベルの大きさや色、デザインを統一したり、お洒落なフォントを使用したりするとよい。

結論

リビングの収納には見せる収納と隠す収納がある。見せる収納は取り出しや片付けは簡単だがセンスが必要だ。ほこりをかぶりやすいのでマメに掃除をする必要もある。隠す収納は見た目がすっきりして生活感を隠しやすい。ただし、どこに何が入っているのかがわかりにくく、散らかる原因となる場合もある。どちらの収納でも色を統一すると、お洒落に見える。隠す収納の場合は、収納ボックスやケースの大きさを統一することもお洒落に見えるコツのひとつだ。自分に合った収納を選んでリビングをすっきりと居心地のよいスペースにしよう。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ