このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

浴衣の正しい着方とは?男女の浴衣やホテルの浴衣の違いも紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月19日

浴衣は洋服と異なり衿の合わせ方に男女の区別はないが、どちらの衿を前にするのが正しいのかを正確に知っている人は少ない。また、浴衣は男女で着こなしに違いがあり、ホテルや温泉の浴衣は普通の浴衣と着こなしが違う。ここでは、浴衣の正しい着方や男女の浴衣の違い、ホテルの浴衣の違いを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 浴衣の衿の合わせはどっちが前?

浴衣を着る場合、どっちが前なのか迷う人は多いだろう。どっちが前なのかは次の2つの方法で確かめよう。

自分から見て左が正解

洋服の身ごろは女性は右が上で男性は左が上だが、浴衣は男女の区別はなく、どちらも自分から見て左を上にするのが正解だ。自分から見て左が前、ということは人から見ると右が前になる。人の着付けを見て自分もまねると逆になるので注意しよう。

右手がすっと入ると正解

着付けでは「浴衣や着物は右前」と説明されるので、右が上だと勘違いしやすい。着付けでいう「右前」とは、右を先に身体につけ、左を上から重ねる、という意味なのだ。

浴衣に限らず、着物は着た時に右手がすっと入る方が正解である。どっちが前?と迷ったら右手が入る方が正解、と覚えた方が間違えにくいのでおすすめだ。右を上にするのは死者に対する着付けで、左前になっていると早死にするので縁起が悪い、などといわれているので注意しよう。

2. 浴衣に男女の違いはある?

浴衣は基本の形に男女の違いはないが、寸法や縫い方に違いがある。浴衣の男女の違いは次の4つだ。

1.くりこしの有無

浴衣の男女の違いのひとつには、「くりこし」の有無がある。くりこしとは、洋服にたとえると襟ぐりの深さの部分で、女性の浴衣にはくりこしがあり、男性にはない。女性は着付けの際に衣紋を抜いて着る(襟のうしろを空けて着る)ために、くりこしがある。男性は衿を開けずに首にぴったりとつけて着るため、くりこしがないのだ。

2.丈が違う

男性の浴衣は、女性の浴衣より丈が短い。男性の方が背が高い場合が多いのになぜだろう?と思う人も多いだろう。女性の浴衣は丈が長く、着付けをする際に腰の当たりでたくし上げ、長さを調節して紐で締める。これを「おはしょり」というが、男性の場合はおはしょりがないので丈が短いのだ。

3.袖付けの縫い方

女性の浴衣は縫い合わせが短く、袖の内側がひらいている。これに対して、男性の浴衣は身ごろと袖の縫い合わせの部分が長く下まで縫われているので、内側がひらいていない。

4.帯の幅や位置が違う

着付けの際の違いになるが、浴衣を着付ける際に、女性は帯を胸の位置に締め、男性は腰の下の方、骨盤のあたりで締める。また、女性の帯は幅が広いが男性の帯は狭いという違いもある。

3. ホテルの浴衣と普通の浴衣の違い

普通の浴衣は着物と同じ本仕立てでつくられている。それに対してホテルの浴衣は、寝間着仕立て、リネン仕立てと呼ばれる仕立て方でつくられており、温泉浴衣といわれている。ホテルの浴衣と普通の浴衣の違いは次の5つが挙げられる。

1.サイズが異なる

浴衣は着る人によってサイズが異なるが、ホテルの浴衣は3~4つのサイズ程しかない。

2.衿が異なる

ホテルの浴衣の衿は幅が狭く、芯が入ってないので普通の浴衣に比べると薄く柔らかい。幅が狭いと生地の無駄がなく多くつくることができる。また、ホテルの浴衣はリラックス時に着るので、着心地がいいように芯がないのだ。

3.袖の仕立てが異なる

ホテルの浴衣は、袖が短く袂(袖の下の袋のように垂れた部分)がない筒袖である。筒袖は、ゴミが溜まることがなく乾きやすいので、毎日洗濯するホテルの浴衣に向いているのだ。

4.帯が違う

ホテルの浴衣は、帯も普通の浴衣と異なっている。ホテルの浴衣の帯は細く柔らかいので、締めやすく着崩れしにくい。

5.着付けが簡単

ホテルの浴衣は普通の浴衣と異なり、着付けが簡単だ。羽織って左右を合わせ帯で締めるだけでできる。衿の合わせ方が逆だと縁起が悪いのは同じなので気を付けよう。

結論

浴衣の着方で一番目立つ間違いは、衿の合わせ方が逆になっていることだ。浴衣は自分から見て左を上にするのが正解だ。浴衣はデザインに男女の違いはないが寸法や縫い方に違いがある。また、ホテルの浴衣はリラックス時に着て毎日洗濯するので、着心地がよく、洗いやすい仕立てになっている。浴衣の違いを理解してすっきり着こなしてみよう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ