このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

冷蔵庫の整理に欠かせないアイテムとは?今すぐにできる収納術を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月22日

食材や飲み物をいれる冷蔵庫は毎日頻繁に使われる。しかし整理されていない冷蔵庫はどこになにが置かれているかわからず、残りの在庫数を把握するのが難しい。そこで今回は、3つのアイテムを使った冷蔵庫の収納術を紹介する。見た目がよくなるだけでなく、使いやすさも格段にアップするだろう。

1. 冷蔵庫の冷蔵室はトレーを使って種類別に収納

冷蔵室には肉や魚などの生鮮食品のほか、飲み物や調味料、ヨーグルト、納豆などいろいろなものが収納されている。種類別に収納することでどこに置いたのか、残りは何個なのかを簡単に把握できる。種類分けするにあたっておすすめなのが100均でも購入できる「トレー」だ。トレーはサイズや素材が豊富で、用途に合わせて使い分けることができる。トレーを使って種類別に収納すれば見た目がスッキリするだけでなく、在庫の確認や取り出しやすさにも繋がるだろう。

中身が見えるクリアトレーの活用術

クリアトレーのよいところは下からも中身が見えるので、子どものいる家庭におすすめだ。たとえば、プリンやゼリーなどのお菓子類を収納するトレーを準備しておけば、どこに置いてあるのか分かるので、子どもでも自分で用意できる。またクリアトレーは、冷蔵室に複数入れても圧迫感が少なく、スッキリとした印象になる。

取手付きトレーの活用術

取手がついていると、トレーを動かすだけで奥のものを簡単に取り出せる。これで手前のものを動かして、奥にしまったものを取りだす作業をしなくてすむ。また取手部分にラベルを貼れば種類分けもでき、一目見ただけで中身が判断できるので便利だ。

幅が広いワイドトレーの活用術

肉や魚のパック、豆腐、残り物をいれたタッパーなど場所を取るものは、ワイドトレーにまとめて収納するとよい。また、マーガリンやジャムなど朝食用トレーを作っておけば、そのまま食卓に出せるので、冷蔵庫の中を探す手間が省け、時短にも繋がる。

幅が狭いスリムトレーの活用術

パックジュースや鮭フレークのビン、ジャムなどサイズが小さい物を収納する時は、スリムトレーが重宝する。ワイドトレーに入れると、隙間ができてトレーの中で物がぶつかり合ったり、取り出すたびにガチャガチャ音がしたりして不快に感じてしまいがちだ。しかしスリムトレーなら隙間ができにくく、ぴったりサイズで収納できる。

深型トレーの活用術

深型トレーはドレッシングやビンジュースなど、背の高いものを収納する時におすすめだ。特にビン類は深型トレーに入れれば、落ちて割れる心配が少ないので、安心して収納できる。

2. 冷蔵庫の冷凍室は仕切りを作って縦に収納

冷凍食品や残ったご飯、肉、魚などを長期保存できる冷凍室は、食べ物以外にも保冷剤や氷も入っているので、冷蔵室や野菜室よりも種類分けに困りそうだ。在庫の数をすぐに確認しやすいよう、仕切り板を使って種類分けするとよい。100均でも購入できる仕切り板は、収納する物に合わせて仕切りを作って種類分けができる。

サイズも豊富だが、冷凍室には深いタイプの仕切り板がおすすめだ。また、引き出しタイプの冷凍室は重ねて収納すると下の物が分からないので、立てて収納するとよい。カゴを入れて種類分けするのもよいが、サイズを調整しながら仕切りを作りたい人には、仕切り板の方が適しているだろう。

3. 冷蔵庫の隙間には引き出しを使って有効活用

冷蔵室は棚で何段かに区切られているが、冷蔵庫によっては空間をうまく活用できず不便に感じることもあるだろう。たとえばビール缶を収納したけれど、上の空間が空いて勿体ない気がした、なんて経験はないだろうか。そんな時は引き出し式のスライドトレーがおすすめだ。スライドトレーは冷蔵室の棚下にできやすいデッドスペースを有効活用できる。にんにくやしょうがのチューブ類や、ドアポケットへの収納が不向きな卵を入れておくのにも便利だ。

引き出し式なので子どもも取り出しやすく、アメやチョコレートなど個装されたお菓子を収納しておけば、おやつタイムにトレーごと出せる。納豆のタレやカラシ、お刺身についているワサビやインスタントみそ汁など、冷蔵庫内で見失いやすい物は意外と多いものだが、引き出し式のスライドトレーに収納すれば取り出しやすいうえ、見た目もスッキリする。

結論

冷蔵庫は少しの工夫で格段に使いやすくなる。家族全員が取りやすく、位置を把握しやすい冷蔵庫収納にしよう。また冷蔵庫内が整理されていると在庫の確認もしやすくなり、買い忘れや二重買いを防ぐこともできる。今回紹介した収納術はどれもすぐに実践できるものばかりなので、ぜひ試してほしい。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ