このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

洗濯機の水抜きって何? 水抜きの方法をシーン別に解説!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月20日

いつも使っている洗濯機。普段することのない水抜きという作業は、一体どんなときに必要なのだろうか。そして、どのように水抜きをすればよいのだろうか。今回は洗濯機の水抜きについて、必要なシーンや作業方法について解説しよう。

1. 引っ越し時や凍結防止に必要となる洗濯機の水抜きとは?

洗濯機の水抜きとは、洗濯機の中や給水ホース、排水ホースに残っている水を抜く作業のことだ。普段使う分には必要がない作業だが、洗濯機の水抜きが必要になるのはどんなときだろうか。

引っ越しなどで洗濯機を移動するとき

引っ越しや洗濯機を処分する際など、洗濯機を移動する必要があるときには、水抜きをしなくてはならない。水抜きをしていないと、移動時に水がもれ、まわりを濡らしたり汚したりしてしまうおそれがあるからだ。引っ越しを自分で行なう場合はもちろん、引っ越し業者に依頼する場合も、水抜きは自分でやっておこう。

凍結を防止するため

寒い冬、外気温が氷点下になってくると、水道管の凍結に注意が必要だ。水道管が凍結すると、水が使えなくなるし、水道管が破裂してしまうこともあるのだ。解氷作業や修理を業者に依頼しても、依頼が多数発生している場合は長時間待つことになり、それなりに費用も発生してしまう。そうならないために、凍結が予想されるときは水抜きをしておこう。

2. 洗濯機の水抜き方法【引っ越し準備編】

洗濯機を移動する際の水抜き方法を紹介しよう。引っ越しの場合、引っ越し業者から「前日までに水抜きを」と依頼される場合もある。下記で紹介する方法は10分程度でできるので、引っ越し前の最後の洗濯が終わり次第この方法で水抜きを実施してしまおう。

1.洗濯槽を確認する

洗濯槽に衣類が残っていないか確認し、洗濯槽を空にする。

2.給水ホースの水抜きをする

給水ホースがつながっている水道の蛇口を閉める。洗濯機の給水ホースがつながっている蛇口は、普段は開きっぱなしになっているのだ。蛇口を閉めたら、洗濯機の電源を入れ、通常の洗濯コースでスタートボタンを押し、30秒ほどで止めて電源を切る。これで給水ホース内に残っていた水が洗濯機に流れ込む。

3.給水ホースを外す

洗濯機側と蛇口側、それぞれ外す。ホース内に多少水が残っていることがあるので、タオルを用意しておこう。

4.洗濯機と排水ホースの水抜きをする

洗濯機の電源を入れ、脱水コース(一番短い時間でOK)を選んでスタートする。ドラム式洗濯機の場合は、糸くずフィルターの中の水も取り除かなければならない。洗濯機のつまみをゆるめ、排出された水を洗面器などで受ける。

5.洗濯槽内の水分をふき取る

コンセントを抜いて、洗濯槽内についている水分をタオルでふき取る。

6.排水ホースを外す

排水口から排水ホースを抜く。排水ホースは蛇腹になっていて中に水分が残りやすいため、できるだけ中の水を流して、タオルでふき取ろう。その後、排水ホースの先端をビニール袋などで包んでおけば、水がもれることはないだろう。

水抜き後も洗濯機を持ち上げるとチャプチャプと音がすることがあるが、これは洗濯機のバランスを取るために入っている「液体バランサー」や「バランスリング」といわれる水だ。洗濯機の中に入っていなくてはならない水なので、気にする必要はない。

3. 洗濯機の水抜き方法【凍結防止編】

洗濯機の凍結防止の水抜き方法を紹介しよう。外気温がマイナス4度以下になったり、終日氷点下の真冬日が続いたりすると、水道管が凍結しやすくなる。また、長期間水道を使用しない場合も凍結に要注意だ。北海道や東北など、水道管の凍結のおそれがある地域では水抜き栓が設置されており、下記で紹介する方法で水抜きができるだろう。

1.蛇口を閉める

給水ホースがつながっている水道蛇口を閉める。

2.水抜き栓を操作する

水抜き栓にはさまざまなタイプがある。水抜き栓によって方法は変わるが、水抜きができるように「レバーを水抜き用の方向に倒す」「ハンドルを水抜き用方向に回す」などの対応をする。

3.給水ホースを外す

給水ホースの中に入っている水が出てくるおそれがあるので、洗面器やタオルなどを用意しておこう。

4.蛇口を開ける

水道管の中の水を排出し、洗面器などで受ける。蛇口の先端につまみ(逆止弁)が付いているタイプは、つまみを押し上げると水が出てくる。

5.蛇口を閉める

水道管の中の水を抜くならこれで充分だ。洗濯機内や排水ホースの水が気になるようなら、引っ越し時の水抜き方法を行なうといいだろう。

結論

寒い地域の冬は、洗濯機も含めて家中の水道管で水抜きが欠かせないだろう。それ以外の地域では、引っ越しや買い替え時の時くらいで、洗濯機の水抜きが必要になる機会はめったになさそうだ。しかし、いざというときに困らないように水抜き方法を覚えておこう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ