このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

使いやすいキッチン収納アイデア!食器棚の収納のコツとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月26日

毎日食事のたびに使うお皿やカップ。食器棚やカップボードなどに収納するのが一般的だが、取り出しやすいように工夫しているだろうか?今回は、食器棚のキッチン収納のコツについて解説する。食器の収納方法のほか、ゴミ袋の収納アイデアなども紹介するので合わせて参考にしてほしい。

1. 食器棚のキッチン収納アイデア

食器棚は大きく分けると「オープンタイプ」と「扉付き」の2種類がある。さらに、天井までの高さがあるキッチン収納棚や、天板をカウンターとして使えるロータイプのキッチン収納棚、吊戸棚式の収納棚など形はさまざまだ。

どのタイプのキッチン収納棚にも共通している収納のコツは、モノの使用頻度によって収納場所を決めるということだ。だいたい目線から腰くらいまでの高さは物が取り出しやすいので、毎日使うごはん茶碗や汁椀は、目線から腰までの高さの棚に収納するアイデアがよいだろう。

脚立に乗らならなければ物が取れないような上段や、しゃがまないと手が届かない下段には、使用頻度が少ないものを収納するアイデアがおすすめだ。吊戸棚は目線よりも高い位置にあるので取り出しにくい場所ではあるが、取手付きの収納ケースなどを利用すると、奥のものまで取り出しやすくなるだろう。

食器棚の下段が引き出し式のキッチン収納になっている場合も多いのではないだろうか。浅い引き出しにはキッチンツールやカトラリー、深さのある引き出しにはキッチンで使う消耗品や掃除アイテムなどを収納するアイデアがおすすめだ。引き出しの中は、キッチン収納用の仕切りケースを使って種類ごとに分類すると使いやすくなる。引き出しのサイズに合わせて中を細かく区切れるケースをセレクトしよう。

2. キッチン収納に食器をしまうときのコツ

食器を食器棚に収納するときには、同じ種類、同じ大きさのものを重ねて置くようにすると、まとまりが出ておしゃれなキッチン収納になる。オープンタイプの食器棚の場合、特に見た目は重要になるので、食器全体の色味を絞って統一感を出したり、テイストに合わないものはケースに入れて目隠ししたりするのがいいだろう。

高さのある食器棚の場合、コの字型のディッシュラックを活用すると、ラックの上下にお皿を置けるので収納力がぐんとアップする。また、お皿を立てて収納できるディッシュスタンドなどもおすすめだ。

奥行きのある食器棚の場合、奥に重ねたお皿はどうしても取り出しにくくなるので、よく使う食器は手前に収納するとよい。コップは奥行きのあるキッチン収納ケースに入れて縦に収納すると、ケースを引き出すだけで奥のものを楽に取ることができる。

一緒に使うものをひとまとめにしておく方法もおすすめだ。たとえば毎日使う家族の茶碗や汁椀のセット、来客用の急須と湯呑みのセットなど、それぞれひとつのケースにまとめて入れておけば、ケースごと取り出して使えるので準備がスムーズになる。

また、使いやすいキッチン収納のためには、物を詰め込み過ぎないことも大切だ。適正量を見極め、キッチン収納に入りきらなくなったら物を減らすことも考えよう。

3. ゴミ袋はファイルボックスを使ってキッチン収納に

キッチン収納の中でも頭を悩ませることが多いのが、ゴミ袋の収納法だ。食器棚の下段の扉や引き出しの中にしまっている人も多いが、買った袋のままだと取り出しにくく、ストレスを感じることもある。ゴミ袋を取り出しやすく収納するための専用ケースなども販売されているが、実はオフィスで使う文房具を活用して、ゴミ袋を収納できることをご存じだろうか。

ファイルボックス×ハンギングホルダー

書類収納用のファイルボックスにハンギングホルダーをセットし、折りたたんだゴミ袋をハンギングホルダーの上に引っかけよう。ゴミ袋の種類ごとにホルダーを分けて引っかけておけば、使いたいゴミ袋を指でつまんで上に引っ張るだけで楽に取ることができる。

ハンギングホルダーはインデックスが付いているものも多いので、ゴミ袋の種類や容量をインデックスに書いておくと、よりわかりやすいキッチン収納になるだろう。ゴミの分別の種類が多い地域の人には、特におすすめしたい方法だ。ポリ袋やジッパーバッグなど、ほかの袋類を一緒に収納するのもいいだろう。

書類用ケース・クリアファイル

100均でも手に入る書類用のジッパーバッグやクリアケースなども、キッチン収納に最適なアイテムだ。ゴミ袋の種類ごとに分けて書類用のケースに入れ、引き出しや棚に立てて収納すればわかりやすく、取り出すときもスムーズだ。

結論

今回は、キッチン収納の食器棚の使い方について解説した。よく使う食器は、食器棚の中央手前の手の届きやすい場所に収納しよう。使うタイミングが同じものをまとめて収納する方法もおすすめだ。ディッシュスタンドなどもうまく利用し、毎日の食事の準備がスムーズに行えるように工夫しよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ