このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

快適に使えるキッチンマットとは?選ぶ基準を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月30日

あなたの自宅キッチンの床はどうなっているだろうか。キッチンマットを敷いている家庭も多いだろう。また、何も敷かずに床が見えている家庭や、キッチンマットの代わりに新聞紙を床に敷いている人もいるだろう。キッチンマットとは部屋のアクセントとなり雰囲気を演出するだけでなく、キッチンを清潔に保つ機能も期待できる。今回は、快適に使えるキッチンマットの選び方を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キッチンマットは必要?その機能とは

キッチンマットにはさまざまな機能や役割がある。主なものは、調理するときの汚れから床を守り、日頃の掃除の手間を省くというものだ。キッチンが汚れる主な原因には以下のものがある。
  • 油汚れ
  • 水はね
  • 調味料の汚れ
これらはキッチンでは不可避とも言える汚れである。床が汚れたらその都度拭けばキッチンマットを敷く必要はないと考える人もいるが、調理した後にこまめに拭き掃除をすることは、面倒で時間がもったいないという声も多い。

とくに、洗い物をしていると周囲に水が跳ねやすく、気が付かずに細かい飛沫となって飛びちって、床にも水が跳ねて落ちるものだ。たとえば、床が汚れた状態でキッチン作業を続けると、その上を足で踏み汚れがキッチンの床いっぱいに広がってしまうかもしれない。

床に広がった汚れは、時間がたってから拭こうとしてもシミになってしまい、頑固な汚れとしてこびりつく。こうなると本格的に掃除する必要がでてくるのだ。つまり、キッチンの床はたいへん汚れやすい場所のため、普段からキッチンマットを敷いておくと作業が快適になり掃除も楽になるのだ。

キッチンマットを使用する目的は、汚れから床を守るためだけではない。たとえば、食器を落としてしまったときはキッチンマットがクッション代わりになり、食器が割れて飛び散ることを防ぐ。また、キッチンの床が滑りやすい場合、キッチンでの調理や作業が安全にできる。さらに冬の寒い季節は足元の冷えを防ぐことにもつながる。

キッチンマットを敷くことのメリットはさまざまあり、使用の必要性が高いアイテムといえるだろう。キッチンマットが汚れたときは、洗濯をして清潔に気持ちよい状態にしてから使いたい。

2. 洗濯できるキッチンマットを選ぼう!撥水加工などの機能もチェック

ここではおすすめのキッチンマットの選び方について紹介する。キッチンマットを選ぶときは、まず簡単に洗濯ができるものかをチェックしよう。裏面や包装部分に洗濯するときの注意事項が書いてある。始めに洗濯可能なマットということを確認したい。次にマットの加工について確認し、マットの生地に合った方法で洗濯してみよう。

撥水加工

水が跳ねやすいキッチンでは、キッチンマットに水が付着しやすい。撥水加工のマットであれば、汚れに気付いたときにサッと拭き取れ、洗濯でも汚れが落ちやすく楽である。洗濯はできないが、販売している撥水加工の薄いクッションマットをキッチンマットとして使う方法もある。

また手軽さを求める人は、100均やホームセンターなどで入手できる薄いクッションマットを代用してもよいだろう。

滑り止め加工

キッチンマットは裏面に滑り止め加工がしてあると、キッチン作業中に足元が安定し滑る心配が少ない。安全に調理を行うためにも滑り止め加工があるキッチンマットを選びたい。

防菌防臭加工

キッチンでは調理の際に水、油、食品などを扱うため、さまざまな汚れが発生する。そして汚れがそのままだと雑菌の繁殖につながるのだ。防菌防臭加工のキッチンマットを使用すれば、菌の繁殖やイヤなにおい発生をかなり抑制できる。

防炎加工

ガスコンロを使用している場合、防炎加工があると安心だ。部屋のカーテンには防炎加工タイプが多いが、防炎加工のキッチンマットは少ないのが現状だ。

このように、さまざまな加工を施したキッチンマットがある。購入する際は洗濯可能な素材であることが大前提で、それに加え自分好みの機能が付いたキッチンマットを選ぶとよい。

3. 240㎝のキッチンマットは長すぎる?

キッチンマットを選ぶ際のポイントは、洗濯可能か、必要な加工が付いているかだけでなく、マットの長さも重要だ。キッチンマット売り場では、さまざまな長さのタイプを販売している。予め自宅で測った長さと異なるサイズばかりで戸惑うこともあるだろう。

長さ240㎝というサイズを発見し、「誰がこんなに長いマットを選ぶのだろう」と驚く人もいるかもしれない。長さで選ぶ際は、日頃キッチンで作業するスペース分の長さで十分を覚えておきたい。しかし、洗い物をすると離れた場所にまで水が跳ねることや、油を使った料理では周りに油が跳ねるなどを考えると、少し長めのキッチンマットを選ぶことが望ましい。

システムキッチンの特徴のひとつは、洗い場と調理スペースの全長がかなり長いことだ。長さが240㎝のタイプのマットを選ぶと、とても快適にキッチンで作業できるだろう。

240㎝のキッチンマットは滑り止め必須

キッチンマットは、長さが長いほど滑りやすくなる。キッチンで忙しく作業しているときにマット上でつまずくと、マットがめくれて足に引っかかり転倒する恐れがある。長さ240㎝タのマットのような長いキッチンマットを購入するときは、滑り止め加工は必須といえる。

もし、自分が欲しいとキッチンマットに滑り止め加工がない場合は、自分で滑り止めを用意するという方法をおすすめしたい。100均では自分好みのサイズにカットできる滑り止めグッズが購入できるので、必要な長さにカットしマットの下に敷いて使ってみよう。

4. 床のベタベタは落としにくい。賃貸ではキッチンマットを使おう

キッチンマットは便利なアイテムだが、洗濯機で洗うことが面倒という人も多いだろう。一方で、掃除すればベタベタの油汚れを落とせるのでキッチンマットは必要ないと思う人もいるかもしれない。マイホームの場合、多少の汚れも許容範囲かもしれないが、賃貸物件に住む人は退去の際には注意が必要だ。

契約を終了して住宅から退室するときは、きれい掃除をして入居したときと同じ程度の状態にして受け渡さなければならない。普段、過ごすことが多いリビングや寝室などは、移動式調理器具を使うことがなければ、比較的きれいな状態に保ち退室できる。しかし、キッチン部分落ちにくい汚れが残ってしまうものだ。

もしキッチン以外の部屋の床や壁が汚れていても、油汚れほど頑固ではなく簡単に落とすこともができる。しかし、キッチン床の油まじりのベタベタした汚れは、雑巾でこすっただけではなかなか落ちないもの。汚したときにすぐに拭き取ればきれいになるが、長い期間の汚れが付いた床の汚れは意外にしぶとい。

賃貸物件に住む人は、普段からキッチンの床をチェックするようにしよう。ベタベタした油汚れがあれば、できるだけ早い段階できれいにしておきたい。まめな掃除に加え、キッチンマットの使用もおすすめだ。賃貸物件のキッチンカウンターの長さは、間取りにもよるが、比較的短いケースが多い。

シンクの端からコンロの端までカバーできるマットを選ぶことがポイントだ。キッチンマットを敷くことで、床の汚れ防止になり掃除の手間も省くことができる。常にキッチンを清潔に保ち、気持ちよく過ごすようにしよう。

結論

今回はキッチンマットの必要性と選ぶときのポイントについて解説した。キッチンマットを床に敷くと、作業の快適さが随分と変わってくるもの。キッチンマットを購入する際は、機能や材質、全長などを考慮し、自宅のキッチンに合うタイプを吟味して選んでほしい。お気に入りのキッチンマットが見つかれば、キッチンでの家事が楽しくなるはずだ。マットを洗濯するときのスペアとして、色違いやデザインが違うマットを揃えておくと、インテリアの変化も楽しむことができるだろう。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ