このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

床下収納の取っ手が開かない!壊れたときの交換の仕方とは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月27日

普段あまり使うことのない床下収納を開けようとしたとき、取っ手が開かないと焦った経験はないだろうか。今回は床下収納の取っ手が開かない場合の対処法と、壊れたときの交換方法について解説する。床下収納の開閉に困ったら、修理業者に依頼する前にぜひ試してほしい。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 床下収納の取っ手が開かない場合の対処法

床下収納の取っ手が開かない場合には、次のような理由が考えられる。

取っ手の開け方を間違えている

まず、取っ手の開け方について再確認したい。床下収納は蓋部分がキッチンや洗面室の床になっているため、回転取っ手という特殊な取っ手がついている。回転取っ手は、鍵部分を押すとハンドルが出てきて握れるようになる。ハンドルをしっかり握り、上に引き上げて蓋を持ち上げよう。蓋は重さがあるので力を入れて引っ張ることがコツだ。

外枠にほこりや汚れが詰まって開きにくくなっている

取っ手部分に汚れやほこりが溜まっていたり、金属がさびていたりする場合は、ハンドルが開きにくくなる。汚れやほこりは先のとがった工具でかき出し、さびている場合は取っ手の交換を検討しよう。

取っ手を正しく操作しても蓋が開かない場合は、外枠に問題があるのかもしれない。木の板であて木をして、上からハンマーでコンコンと軽く叩いてみよう。すると不思議なことに蓋が外れやすくなる。床下収納の蓋や取っ手を直接叩いてしまうのは、変形の恐れがあるため避けたい。この方法でも開かない場合は、大工やリフォーム会社に相談するのがおすすめだ。

2. 床下収納の取っ手が壊れた場合の対処法

取っ手がさびついて動かない、金具が外れたり割れたりしている場合は、取っ手が壊れたと判断していいだろう。取っ手が壊れたとしても、蓋の開閉はできる可能性がある。ハンドル部分など握れる部位があれば、ゆっくり持ち上げて蓋を開けよう。ハンドルがもげてしまった場合は、外枠の隙間にマイナスドライバーを差し込んでこじ開けてみよう。外枠が曲がってしまわないよう注意して開閉し、どうしても開かない場合は業者に依頼することをおすすめする。

取っ手が壊れた場合は、床下収納の扉ごと交換する必要はなく、取っ手だけ付け替えればいい。取っ手はホームセンターやネット通販で購入できるので、同じ大きさの取っ手を購入しよう。ホームセンターに行くとさまざまな形の取っ手が売っているが、床下収納の蓋はキッチンや洗面室の床なので、取っ手部分が収納できる回転取っ手を選びたい。回転取っ手の端はネジで固定するものが多く、DIY初心者でも簡単に付け外しできる。

3. 床下収納の取っ手の交換方法

床下収納の取っ手が壊れていたら、古い取っ手を外して新しいものと交換しよう。

【用意するもの】
  • ドライバー
  • メジャー
  • 交換用回転取っ手
【手順】
  • 床下収納取っ手の多くは、蓋の裏側にネジで止められている。ドライバーを使って壊れた取っ手を外そう。
  • 取っ手の穴のサイズを測り、交換用回転取っ手を購入する。
  • 新しい回転取っ手をつけてネジで固定したら終了。
床下収納の取っ手は簡単な作りになっており、基本は古いものと新しいものを交換するだけだ。サイズを間違えるとうまく取り付けられないため、購入する前にサイズを確認しておきたい。なるべく以前使っていたものと同じ開け方・色・材質の取っ手を選ぶと、見た目も使い勝手も問題なく交換できる。さらに回転取っ手の下に受け皿がついているタイプだと、床下収納内にほこりやゴミが落ちないため衛生的だ。

結論

床下収納を長い間使っていない家庭では、取っ手がさびついたり壊れたりして開かなくなるケースがある。壊れている場合は新しいものと交換して、スムーズに開閉できるようにしよう。どうしてもひとりでは開けられない、修理できない場合は、業者への依頼を検討してほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ