このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

リビングを片付けるコツとは?整理整頓できない人には共通点がある

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月27日

リビングは家のなかでも比較的居座る時間が長い空間であるがゆえ、快適に過ごすにはキレイに保つことが必須となる。よって、居心地をよくするには、リビングを片付けるコツを把握することが大切だ。そこで今回は、リビングを整理整頓できない人の特徴を含め、リビングを片付けるコツ、デッドスペースの活かし方について紹介しよう。

1. リビングを整理整頓できない人の特徴

リビングを片付けられない人には、共通してみられる特徴がある。過ごしやすい空間にするためには、整理整頓ができない人の特徴を把握し、そうならないように意識することが大切だ。整理整頓ができない人の特徴をみていこう。

物が捨てられない

物を捨てられないことは、片付けができない人の代表的な特徴だ。物を大切にすることはよいことだが、使わない物を溜め込んでは整理もできないだろう。また、さまざまな物があちこちに置かれているとリビングは雑然として見えてしまうのだ。

すぐに実行できない

後で片付けようと後回しにしてしまう人は、整理整頓ができない。どうせまた散らかるから、と片付けることが面倒に感じるため、先延ばしにしてしまう傾向がある。結果的に部屋は物であふれて掃除をする気も失せてしまうのだ。

忙しいと言い訳する

忙しさを理由に、散らかっている部屋の方が落ち着いていい、という人の多くは、整理整頓を苦手としている。確かに忙しいと掃除をする時間や余裕もなくなるが、生活をしていれば当然ゴミは出るし、次第に物は増えて散らかる。部屋が物だらけとなると、生活動線がふさがってしまい、忙しいうえに、部屋までも生活しにくい環境となる恐れがある。

2. リビングがスッキリ片付くコツ

上記にあるように、リビングを片付けられない人には共通する特徴がある。そこで大切なことは、リビングをスッキリと片付ける方法を把握することだ。ここからは、リビングがスッキリ片付くコツを紹介していこう。

断捨離をする

散らからないようにするためには、コツとして不要な物はそのままにせず捨てることが大切だ。いつか使えると取っておかず、自分のなかで期間を設け、経過しても使わなかった場合は捨てることも必要である。こうすることで本当に必要な物だけを選別でき部屋を整理整頓できる。まずは必要な物と不要な物を分けるところから始めてみよう。

元の場所に戻す癖を付ける

リビングが散らかる原因を断ち切る対策として、使った物はすぐ元の場所に戻す癖を付けることが大切なコツだ。習慣化するまでは多少時間を要するかもしれないが、身に付いてしまえば苦と感じなくなるだろう。

3. リビングはデッドスペースを有効活用

リビングをスッキリさせるためには、デッドスペースを有効活用して収納力をアップさせることも重要だ。ここからは、リビングのデッドスペース活用法を紹介していこう。

壁面を利用する

リビングに収納場所が少ない場合は、壁面を利用することでスペースを有効活用できる。壁面に高さのある薄型タイプの収納棚を設置することで、デッドスペースをうまく使える。天井に突っ張るタイプの棚であれば壁面いっぱいのスペースを収納として利用できるのでおすすめだ。またしっかりと固定されているので地震の時も安心である。

扉の裏側を活用する

扉の裏側はデッドスペースとなる代表的な場所だ。扉の裏にフックやファイルボックスを設置することで、本来収納場所ではないところを有効活用することが可能となる。ファイルボックスを貼り付ける際、マスキングテープの上に両面テープを貼ればシール跡も付かない。リビング以外の場所でも活かせる収納術なため、知識として身に付けよう。

結論

リビングが散らかってしまう人は、必要な物と不必要な物を区別できない、忙しいと言い訳をして行動しないといった特徴があげられる。整理整頓をするには収納術を知ることも大事だが、まずは自分自身の日々の行動を改めることも必要だ。断捨離をするなど片付けるコツを把握したうえで、デッドスペースを活かす収納術を身に付けることでスッキリしたリビングをキープできるだろう。ぜひ今日から実行してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ