このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

使い勝手のよさとキレイさを実現!賢い冷蔵庫の収納方法

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月28日

冷蔵庫はさまざまな食品やドリンクなどを多く収納するだけに、使い勝手がよくなるように意識しながら物を入れることが大切だ。冷蔵庫内が散らかっていると、どこに何があるかわかりづらく、料理をする際も作業がはかどりづらいだろう。そこで今回は、冷蔵庫内で散乱しがちなチューブ類の収納方法や野菜室の収納術、さらには冷蔵庫わきの隙間を活用する方法を紹介しよう。

1. 冷蔵庫に散乱しがちなチューブもクリップで解決

冷蔵庫の収納で悩んでしまう物に、わさびやからしなどのチューブ系が挙げられる。散乱しがちな物であるため、上手に収納できる方法を知っておくことが大切だ。ここからは、チューブの収納に活用できる、クリップやチューブホルダーを使った方法を紹介しよう。

内ポケットにクリップ

冷蔵庫内にあるわさびやからしなどチューブ系のアイテムは、クリップを活用しよう。冷蔵庫の内ポケットにチューブをクリップで吊り下げて収納すれば、使い勝手もよく、すぐに見つけられるのでおすすめだ。

100均のチューブホルダー

クリップで吊り下げる方法が目障りだと感じる人は、100均のチューブホルダーを使う方法がおすすめである。コストを抑えられるうえ、中身も見えやすいので使い勝手もよい。チューブの収納に困っている人は、ぜひ取り入れてみよう。

2. 冷蔵庫の野菜室には新聞紙でボックスを

冷蔵庫のなかでも、散らかりやすいのが野菜室だ。さらに野菜クズや葉っぱクズなどで汚くなってしまう場所でもある。そこで活用できる方法が、新聞紙でボックスを作る方法だ。新聞紙で作ったボックスの中に野菜を収納することで、野菜クズなどが散らかりにくく、冷蔵庫の掃除も楽になるのでおすすめだ。では、新聞紙ボックスの作り方を紹介しよう。

新聞紙ボックスの作り方

新聞紙ボックスの作り方は、まず見開きの新聞紙を2つに折りたたむ。その新聞紙を横向きにしたあと、両端を3センチほどの感覚で、しっかりと3~4回内側へと折りたたんでいく。これで完成だ。新聞紙の大きさを変えることでサイズ違いのボックスも作れるため、収納する野菜の大きさにあわせた新聞紙ボックスを作って活用しよう。

3. 冷蔵庫わきの隙間もフル活用

冷蔵庫の収納スペースが足りない場合は、冷蔵庫わきの隙間もフル活用することが大切である。冷蔵庫のわきに若干のスペースがあれば、その空間を生かして隙間収納を実践してみよう。ここからは、冷蔵庫のわきの隙間をうまく使うには、どのようなアイテムを使えばよいかを紹介する。

ニトリのスマートワゴン

ニトリで販売されているスマートワゴンは、幅10.5cmとわずかな隙間にも対応できる便利な収納アイテムだ。キッチン周りで使用頻度の高い物を収納すれば、使い勝手もよくなるのでおすすめだ。キャスター付きで移動しやすく、スペースを有効活用しつつ収納力もアップできる便利なアイテムである。冷蔵庫のわきにスペースがある場合、ニトリのスマートワゴンを使って、無駄なく隙間収納を実現しよう。

結論

冷蔵庫の中は、物が散らかってしまうと使い勝手が悪くなるため、いかに効率よく利用できるかをイメージしながら収納することが大切だ。冷蔵庫内で散乱しがちなチューブは、クリップやチューブホルダーを活用することで、わかりやすく収納することができる。また、チューブホルダーは100均で購入できるため、コストを抑えることも可能だ。野菜クズが出やすい野菜室は、新聞紙を活用してボックスを作ることで、掃除もしやすくなるのでおすすめだ。そして、冷蔵庫のわきに生まれるわずかなデッドスペースを活かして収納場所を増やすことで、隙間収納も実現できる。今回ご紹介した方法はすべて手軽にできる方法なので、ぜひ実行してみよう。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ