このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

長持ちさせる缶詰の保存方法とは?賞味期限の読み方まで解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年7月30日

保存食やおつまみ、料理のおかずに万能な缶詰は、安全で衛生的、栄養価も高い。さらに長期保存できることも利点だ。しかし、開封した缶詰はどのぐらいもつのだろうか。そこで今回は、缶詰の開封・未開封それぞれのケースに応じた保存方法をお伝えする。

1. 開封した缶詰の保存は2、3日程度

缶詰は内部を水・空気・細菌が一切入り込まない真空に近い状態にするため、長期保存が可能となる。保存に防腐剤や保存料は一切使われていないので、缶詰を開封した時点で内部に空気や微生物が入りこみ、食品が傷みやすくなるといえる。そのため蓋を開けた缶詰は2、3日を目安に食べきるようにするのが理想だ。

魚介類や野菜の缶詰を開けた場合

魚介類や野菜の缶詰は、缶の内部に塗装をしているケースがほとんどだ。そのため開封したらそのまま冷蔵庫で保存しても問題はない。しかし、開封した缶詰は食品が傷みやすいので、可能であればふたつきの密閉容器に移し替えて、冷蔵庫に入れたほうが安全だ。

果物の缶詰

果物の缶詰は内部に塗装がされていないため、開封したら空気にふれて缶のスズメッキが溶け出しやすくなる。もちろんスズは微量であり、体内に入っても排泄されるため害はないが、食品の風味や色が落ちることがあるので、ガラスや陶器、プラスチックなどの容器に移し替えて冷蔵庫で保存しよう。

2. 未開封の缶詰は温度・湿度に注意して保存すること

缶詰の賞味期限は基本的に製造から3年

缶詰の賞味期限は基本的に製造から3年とされ、長期間保存できるのが特徴だ。とはいえ、この賞味期限はあくまでも、未開封で正しく保管された場合において「おいしく食べられる」期限にすぎない。

賞味期限が過ぎると風味や色が落ち、おいしさも低減していくのは確かなので、できれば賞味期限内に缶詰を食べてしまいたいところだ。缶詰の収納箱などの目立つところに、分かりやすく賞味期限を書いておくことで、期限切れを避ける工夫をするといいだろう。

直射日光や高い温度を避ける

未開封の缶詰は、温度に注意して保存しよう。缶詰は常温で保存できるものの、直射日光が当たる場所や、コンロの近く、暖房器具の側に置くのは避けよう。温度が高いと、缶詰の風味や色など品質が落ちる可能性があるからだ。温度変化が少なく、風通しのよい場所で保存するのがポイントとなる。

湿度が高い場所を避ける

また、缶詰の保存には温度だけではなく、湿度にも注意しなければならない。湿度が高いと、缶詰の容器が錆びつく原因にもなるからだ。缶詰の表面が錆びただけでは内部に影響を及ぼさないが、もし錆が原因で穴が開けば、そこから空気が入ることで一気に品質が劣化するおそれがある。未開封のまま、中で腐敗が進んでしまうので用心しよう。

3. 缶詰の賞味期限の表示方法

缶詰の賞味期限は基本的に「西暦下2ケタ+月日」

缶詰の賞味期限を確認するとき、一瞬分からなくなることはないだろうか。たとえば、次の賞味期限が缶詰の底に表記されていたとしよう。

「200310」

あなたは正解を答えられるだろうか。2003年10月と解釈すればいいのか、はたまた平成・令和20年3月10日と読むのか...一瞬わからなくならないだろうか。

この場合、「2020年3月10日」が正解だ。日本の缶詰の多くは「西暦下2ケタ+月日」で賞味期限が表示されているので覚えておこう。

「西暦4桁+月日」で賞味期限を表示する場合も

そもそも、缶詰の賞味期限の表記で義務付けられているのは「年月」までとなっている。しかし、多くの缶詰は丁寧に年月日まで表示しているのがほとんどだ。さらに、最近の印刷技術の発達により、「2020.3.10」と日付がわかりやすいように表示している製品も増えてきた。賞味期限を正しく読んで購入・保存をしたいものだ。

結論

缶詰の保存方法について見てきた。開封した缶詰は食品の劣化が始まるため、2、3日以内に食べきることが理想的だ。さらに、未開封の缶詰は高温多湿をさけて保存するし、賞味期限の表示は「西暦下2ケタ+月日」であることを覚えておこう。これらのポイントを押さえつつ、缶詰を日常の暮らしに有効に取り入れ、おいしく食べたいものだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ