このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

セリアのカゴのなかでもこれは買い!「Pull Out Box」トールタイプ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月10日

セリアには収納に便利な箱状のアイテムがいろいろ売られている。なかでも日用品を入れておくカゴとして使い勝手がよいのが「Pull Out Box」シリーズだ。フタを開けることなく中のものを取り出すことができるのが特徴で、調理や後片付けなどの際、片手でサッと中身を取り出せて便利だ。今回はそんな「Pull Out Box」シリーズのトールタイプを取り上げ、商品の特徴や使い方、便利な点などについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「Pull Out Box」トールタイプとは?

セリアにはいろんな種類のカゴがラインナップされている。それぞれに趣向が凝らされていて、100円で購入できる品物とは思えないクオリティのものも少なくない。

2017年から販売されている「Pull Out Box」シリーズもそんなセリアで人気のカゴの一つだ。最大の特徴は、フタにほどよいやわらかさのある素材が採用されており、指を差し込めば開けずに中身を無理なく取り出せるという点にある。

「Pull Out Box」シリーズの本体は真っ白でポリプロピレン製、耐熱温度も120度と、熱湯を入れても問題がないようでなかなか頼もしいが(フタはポリエチレン素材で、耐熱温度は70度となっている)、もちろ
ん火のそばや高温になる場所で使うのは避けたいところだ。

「Pull Out Box」シリーズのカラーはホワイトのみで、トール、ロング、ミニ(2個セット)の3タイプが展開されている。そのうち今回入手したのは、トールタイプで、サイズは縦11cm×横13cm×高さ8.7cmとなっている。ラインナップのなかで、もっとも高さがあるのが特徴だ。価格は100円(税抜)となっている。

2. 「Pull Out Box」トールタイプの使い方

「Pull Out Box」トールタイプの使い方はいたって簡単だ。フタをあけて、ストッキングタイプの水切りネットやポリ袋などを入れて、キッチンのコンロ下や洗面所のシンク下などに収納しておいて、必要なときに必要なだけ取り出して使えばよい。

水切りネットやポリ袋などの日用品をパッケージに中に入れたままにして収納している方も多いことだろう。ところが、いざ使おうとしたときに使い勝手が悪く、作業の流れが止まってしまったという経験がある方も少なくないはずだ。

また、水切りネットやポリ袋などの商品パッケージには、カラフルな色使いが採用されていることも多い。そのため、収納場所がごちゃごちゃした印象になりがちで見栄えも悪くなりがちだ。「Pull Out Box」があれば、使い勝手が格段によくなり、見た目もすっきりするというわけだ。

3. 「Pull Out Box」トールタイプの便利なところ・よいところ

「Pull Out Box」トールタイプのよいところは、何といっても、片手でサッと中身を取り出せるという点だ。調理や後片付けをしていて片方の手がふさがっていたとしても、もう片方の手でサッと取り出すことができる。

フタには十字の穴があいていて、空きスペースに合わせて縦置きでも横置きでも使えるようになっているのも便利だ。また、フタはやわらかく角にゆるやかなカーブがついていて、指を強くこすってケガをしてしまう心配もない。

ルックスもなかなかスタイリッシュだ。パッケージをはがせば真っ白で、フォルムもとてもシンプルなので、見えるところに置いてもキッチンの景観を邪魔しないのもうれしい。

4. 便利なカゴとあわせて使いたいセリアの「メラミンスポンジ」

セリアの「Pull Out Box」トールタイプとぜひ一緒に使ってほしいのが、同じくセリアの「メラミンスポンジ」だ。使いやすいミニキューブ型なので、いちいちカットする必要がない。3cm四方の立方体というのもちょうど使い勝手がいい大きさだ。
また一般的にメラミンスポンジというと白いものが多いが、セリアの「メラミンスポンジ」は白とグレーのツートン仕様になっている。「Pull Out Box」トールタイプに収納したときのコントラストが美しく、見るたびにテンションを上げてくれることだろう。それぞれ10個ずつ、合計20個入りで100円(税抜)と、価格もリーズナブルだ。

結論

セリアの「Pull Out Box」トールタイプは、キッチンや洗面所などで使用する日用品を入れておくのに最適なカゴだ。家事の効率をアップして収納の見栄えもよくしてくれるので、ぜひ家のあちこちにおいて便利に使ってみてほしい。

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ