このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

100均の洗濯カゴはあなどれない!おすすめアイテムをご紹介

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年8月 4日

100均の洗濯カゴは、コスパのよさが人気。バリエーションが豊富で選ぶ楽しさもある。中でも、ストレージボックスがオシャレで人気がある。布製であったり、デザインも北欧風やロゴ入りなど、インテリア性の高いさまざまな商品が発売されており、1人暮らしやファミリー用まで幅広いサイズ展開も魅力だ。そこで、100均の洗濯カゴの中からおすすめのものを紹介するので参考にしてほしい。

1. 100均はコスパだけじゃない!オシャレな洗濯カゴが充実

100均やプチプラの洗濯カゴのイメージは「実用性」「低価格」重視で、オシャレな外観には期待しない人がほとんどであろう。ところが、100均にはオシャレなデザインの洗濯カゴが充実し注目されているのだ。サイズによっては、100円で購入するのはきびしいものもあるが、数百円だせば素材もサイズもバリエーション豊かに選べるのだ。

100均では、主に「ストレージボックス」や「ランドリーバスケット」とよばれる洗濯カゴがオシャレで人気を集めている。布製のもの、北欧デザインやロゴが入ったスタイリッシュな洗濯カゴなどデザイン性にすぐれるものが多数発売されているのだ。値段は、サイズによって異なり200円~500円が中心だ。100均ではあるが、近頃では中身を充実させこういった価格帯のものも販売しているようだ。100均は低価格はもちろん、機能面、デザイン満足度の高い商品も多くそろうので、ぜひ100均で好みのアイテムを探してみよう。

また、オシャレなランドリーバスケットは、洗濯カゴ以外の使い方もできる。たとえば、子どものおもちゃを入れたり、新聞や雑誌を入れたりと、インテリアに溶け込むデザインを活かして小物入れにしてもおすすめだ。オシャレなゴミ箱として使ってもいいだろう。アイデア次第でさまざまに使えるのでオリジナルの使い方を提案し楽しんでみてもいいだろう。

2. 折りたたみの洗濯カゴは便利でおすすめ

置き場所に悩むなら、折りたたみの洗濯カゴを使えば省スペース収納が可能だ。洗濯機周りに洗濯カゴの設置スペースがない場合や、使わないときにはコンパクトにたたんで収納できる。せまいスペースにはぴったりの洗濯カゴなのだ。

100均で折りたたみタイプのランドリーバスケットといえば、布製やナイロン製で紙袋のようにコンパクトにたためるものや、ワイヤーが入っており、一瞬でサンシェードのように広がるメッシュ素材のランドリーバスケットなどがある。布製でも、内側にラミネート加工がされているものほとんどで、ぬれた洗濯物を入れても安心だ。

メッシュタイプのランドリーバスケットは折りたたみタイプの中でも人気商品で、セリアのランドリーバスケットは、モノトーンでなじみやすくシンプル派におすすめだ。マチのあるゴミ袋のような形だが、通気性がよく、デザイン性にもすぐれ、コインランドリーに持ち運ぶときにもスマートに使えそうだ。

3. 100均の材料でキャスター付き洗濯カゴをDIY

キャスター付きのランドリーラックなら、掃除や移動がラクラクだ。ホームセンターやネットで購入できるが、コスパを優先したいなら、100均にある材料でキャスター付きの洗濯カゴを作ってみるのはどうだろう。

ワイヤーラックやバケツ型の洗濯カゴに100均のキャスターを結束バンドなどを利用して直接付けてもいい。DIY上級者なら、すのこや板で、本格的にキャスター付きワゴン風にアレンジしてもいいだろう。中にセットする洗濯カゴも、100均でそろえられ、オール100均で仕上げることができるのだ。手軽に低予算で作れるので試してみてはいかがだろうか。

結論

100均の洗濯カゴは、素材もサイズもバリエーションが豊富で、コスパ面でもすぐれている。100均とは思えないオシャレなデザインは、インテリア雑貨としても使用できるだろう。収納や、持ち運びなど機能面でもさまざまな配慮があり、折りたたみタイプのランドリーバッグなら、アウトドアのお供としても大活躍してくれそうだ。
\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ